岐阜公園と周辺一覧

岐阜城、鵜飼、岐阜公園周辺の観光スポットに関する全21記事まとめ

岐阜市の観光は岐阜公園周辺に集中しています。金華山山頂にある「岐阜城」や全国でも名高い「ぎふ長良川鵜飼」をはじめ、江戸時代からの町並みを散策できる川原町、日本三大仏のひとつと言われる岐阜大仏など、これらに関する記事をまとめて、ミニサイトマップを作りました。このサイトから気になる記事へアクセスできます。

鵜飼ミュージアム|4つの割引方法や展示などの見どころを写真で紹介

長良川うかいミュージアムの料金(観覧料)は大人500円、小人250円ですが、少しでもお得に行きたい方のために、鵜飼ミュージアムの割引方法について4つご紹介します。また、展示内容をはじめ、最高のロケーションなど、鵜飼ミュージアムの見どころについてもたくさんの写真を使って紹介していきます。

鵜飼ミュージアムへのアクセス|無料で駐車場を利用する3つの方法

長良川うかいミュージアムへ車でアクセスする場合、気になるのが駐車場情報です。無料で停める3つの方法について詳しくご紹介します。目の前の駐車場でも無料で停める方法をはじめ、私が個人的におすすめする無料の駐車場情報をお届けします。ちょっと離れますが、長良川河畔をまったりと歩いて行きませんか?

岐阜・川原町の人気スポット15選|鵜飼、川原町屋、泉屋、文化屋など

岐阜市の長良川河畔に広がる昔ながらの町家が建ち並ぶ川原町。川原町の成り立ちからその特徴、御菓子処や、町家を改装したおしゃれなカフェ、ちょっと贅沢なレストランなどなど、川原町の魅力をたっぷりとお伝えします。のんびりと散策するには最適な場所で、ノスタルジックな気分に浸れること間違いなしです。

金華山登山「めい想の小径」と「馬の背」登るならどっち?注意点とおすすめポイント

金華山の10ある登山コースのうち、中級レベルの「めい想の小径」と上級レベルの「馬の背コース」の注意点とおすすめポイントを写真付きで紹介します。どちらも登るのに危険な箇所がありますが、登り応えのある登山コースとなっています。個人的なおすすめは途中で絶景が見渡せる「めい想の小径」です。

岐阜城は329mの金華山山頂にある観光名所。料金、歴史・展望台など見どころは?

岐阜市が誇る観光名所のひとつ「岐阜城」は岐阜公園内の金華山山頂(標高329m)にあります。岐阜城の入館料金や開館時間などの基本情報をはじめ、岐阜城の成り立ちやおすすめポイントなどの見どころなどを紹介します。全国的にも有数の高さに立つ山城なので、岐阜に来た際は是非行っておきたいスポットです。

岐阜城へのアクセスはロープウェイ派?登山派?どっちも詳しく解説。

岐阜公園から岐阜城までのアクセス方法は大きく2つあります。ひとつは金華山ロープウェイを利用する方法、もうひとつは登山で行く方法です。ロープウェイの営業時間、料金、割引などについて詳しく説明し、金華山の登山コースについて、初級者から上級者までおすすめのコースを4つご紹介します。

岐阜城・岐阜公園へバスでアクセス。バス停の場所、時刻、本数等を詳しく解説

JR・名鉄岐阜駅から岐阜城、岐阜公園までバスでアクセスする方法をご紹介します。バス停の位置から、時刻・本数、バスの乗車方法、所要時間、運賃、注意事項など写真などを織り交ぜながら、どこよりも詳しく解説します。バスの本数は非常に多いので、待ち時間が長くて困るということはないと思います。

岐阜城・岐阜公園の駐車場は1日300円!無料Pもあり。アクセスを詳しく解説。

岐阜市が誇る観光名所「岐阜城」とその麓に広がる「岐阜公園」には、市内外から多くの人が訪れます。車で行く場合、駐車料金と無料の駐車場はあるのかが気になるところですね。結論からいうと、有料の場合1日300円で、無料Pもあります。場所が分かりにくいため、アクセス方法を地図と写真を使って詳しく解説します。

岐阜市出身の天才画家|加藤栄三・東一美術館の料金、アクセス、展示物等

岐阜市出身の日本を代表する画家、加藤栄三・東一兄弟の作品を展示した「加藤栄三・東一記念美術館」をご紹介します。作品を観る前に、両画伯の経歴などを知っておいた方が楽しめると思いますので、加藤栄三・東一画伯それぞれについて簡単に紹介したあと、美術館の概要(料金、アクセス、展示物等)について説明します。