アルミホイルを丸めてハンマーで叩いてピカピカのボール玉にするコツを伝授!

完成

だいたいどこの家庭でもアルミホイルってありますよね。

取り出す前はきれいですが、一旦取り出すとしわまるけになって元通りになりません。

そんなアルミホイルをクシャクシャに丸めたあと、ハンマーで叩き続けると、鏡のようにぴっかぴかのボール玉が出来上がるって知っていましたか。

とにかく地味な作業です。でも地味な作業の割に、(自分としては)成果が大きいことに関しては労を惜しまない僕は、早速試してみました。

子供も興味津々で見たり、一緒にやってみたりしました。

作るための材料、作り方、所要時間、完成品を写真を交えてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.材料

たった2つだけです。ない場合はどちらも100均で買うことができます。

icon-checkアルミホイル(10m)

icon-checkハンマー(金槌)

アルミホイルに関しては、最終的に出来上がる玉の大きさにもよりますが、10mのアルミホイルでだいたい野球ボールくらいの大きさをイメージしてください。

材料

2.作り方

1.10mのアルミホイルを切らずに全部クシャクシャに丸めて玉の形にします。だいたいで結構です。

アルミホイル丸める 手で丸く

最初の大きさ

2.ハンマーで全体を軽くたたきながら、形を整えましょう。この時点で圧縮されますので、最初に丸めたときよりぐっと小さくなります。

叩いているところ

途中経過

つなぎ目がヒラヒラしてしまう場合はなかなかくっつきませんので、ちょっと切ってもOKです。そして切ったところをひたすら叩きまくりましょう。

つなぎ目

3.徐々に叩く力を強くして、しわを細かくしていきます。これをひたすら繰り返します。

叩くのに飽きたら、机の上などで力強くこすりつけてみても効果があります。ただし、机が汚れますのでその点はご注意ください。

机でこする

4.完成

完成

応用編として、このアルミホイルの玉をハート型に変形してぴかぴかにしてみたので、よければご覧ください。

3.所要時間

一気にやってしまうか、隙間時間にやるかは人それぞれだと思います。

何も考えずひたすら叩き続けてもいいでしょうし、時間がないけど作ってみたいという方はゆっくりやればいいと思います。

おおよその目安は次のとおりです。

icon-checkひたすらやり続ければ約1時間
icon-check休み休みやれば約2時間

4.注意点

机や床などに置いて玉をハンマーで叩くと音が結構響きます。マンション・アパートの方はご注意ください。

手に持って叩くと音が軽減されますよ。

汚れ

アルミホイルの玉を触っていると、アルミの粉が手について手が汚れます。石鹸で洗えば取れますが、汚れたくない方は手袋をするとよいでしょう。

子供

子供と一緒にやる方は、子供がハンマーで自分の手を叩いてしまわないよう気を付けてあげてください。また、大人が玉を押さえてあげる場合は、叩かれないよう注意してくださいね(笑)

まとめ

こういう何も考えずひたすら打ち込める作業ってなかなかいいものですね。

ストレス発散するのにいいかもしれません!

出来上がった玉はなんだかかわいく思えてしまいます。大事にしてください。

【応用編】

アルミホイルを丸めてハンマーで叩きまくると、ぴかぴかの玉ができます。今回はその応用編として、ハートの形にしてみました。ベースはぴかぴかの玉になりますので、その玉をつかってぴかぴかのアルミホイルハートを作る方法を写真付でご紹介します。時間はかかりますのでお時間ある方は是非参考にしてみてください。

一緒にお読みいただきたい記事↓

段ボールや牛乳パックなどを利用して、これまで子供のためにおもちゃを手作りしてきました。作ってあげると子供は非常に喜びますが、作る方としてもなかなか大変な作業になります。そこで、これまで作ってきた作品について、作る側としての難易度をランキング化し、一覧にしてみました。コメント付きで紹介しています。番外編もあります。