鵜飼ミュージアムへのアクセス|無料で駐車場を利用する3つの方法

うかいミュージアム 岐阜公園と周辺

うかいミュージアム

岐阜市の観光といえば、長良川鵜飼。その鵜飼について、詳しく学ぶなら長良川うかいミュージアムがおすすめです。鵜飼の歴史や、道具、鵜などに関する展示や映像シアターなどで、鵜飼の理解を深めることができ、実際に鵜飼を観るときにより楽しめると思います。

 

鵜飼ミュージアムへ車で行かれる方は、駐車場情報について知りたいところですよね。

鵜飼ミュージアムの駐車場は、道路を挟んだ目の前にあります。ちょっと離れますが、無料で停められる駐車場もあります。

無料で停める3つの方法について、詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

1.鵜飼ミュージアムの場所・アクセス

まず、長良川うかいミュージアムの場所と車で行く場合のアクセス方法を説明します。

 

【名古屋(一宮東IC)・各務原IC方面から】
国道156号を北上し、岩戸トンネルを出てすぐ左折、鵜飼い大橋を渡った最初の信号(鵜飼い大橋北)を左折。堤防沿いを西へ進み、岐阜グランドホテルを過ぎた「長良宮口町3」交差点を左折。

【羽島IC・岐阜駅方面から】
国道256号線(長良橋通り)を北上し、長良橋を渡った2つ目の信号(長良丘1)を右折、そこから2つ目の信号(長良宮口町3)を右折。

【関ICから】
国道248号線を西へ進み、「山田」交差点を左折、国道156号線に入り「芥見大船」交差点を右折し藍川橋を渡ったところの「藍川橋西」交差点を左折。堤防沿いを進み、「長良宮口町3」交差点を左折。

 

2.【方法①】有料駐車場に無料で停める

うかいミュージアム駐車場

一般車の駐車場(67台)は、鵜飼ミュージアムの前の道路を挟んだところにあります。

料金

30分ごと100円(展示室観覧の場合、入庫から90分無料)

 

展示室観覧の場合、入庫から90分無料」というところに注目してください。

鵜飼ミュージアムの展示室・映像シアターを見て回るだけなら、ゆっくり見ても60分もあれば十分です。だとすれば、有料駐車場に停めても90分以内なら無料で停めれちゃいますね。

 

ただ、鵜飼ミュージアムのイベントに参加される場合や、カフェでのんびりされる場合は90分を超える可能性があります。90分を超えた場合超えた分の料金がかかりますのでご注意ください。

この駐車場を利用した場合は、観覧チケットを買う際に必ず駐車券を受付に出してください

 

3.【方法②】無料の駐車場は長良橋下!

長良川公園駐車場

長良川うかいミュージアムの駐車場ではありませんが、長良橋の下に「長良川公園」(長良公園ではありません!)というインラインスケートができる広場や高橋尚子ロードがあります。

そこの駐車場が無料で停められます。この駐車場も鵜飼ミュージアムと同じく、市の施設となります。

行き方

・岐阜駅や岐阜公園方面から行く場合、長良橋を渡った最初の信号「長良橋北」を右折します。

行き方①

・道なりに長良川の方へ進みます。通行規制の方には入らないように気をつけましょう。

行き方②

・長良橋の下をくぐってすぐの左手側に、駐車場の入口があります。

行き方③

注意点

駐車場の解放時間が決まっています。時間を過ぎると施錠されますので注意してください。

季節によって時間が異なりますので、入るときに確認しておきましょう。

解放時間

駐車場からうかいミュージアムまで

この長良川公園駐車場から鵜飼ミュージアムまでは徒歩で約8分です。

長良川プロムナードというきれいに整備された地道風の道路を、清流長良川、金華山・岐阜城を眺めながら、のんびり歩くのも最高のロケーションだと思います。

長良川プロムナード

途中、ホテル「石金」さんに「足湯」がありますので、行きか帰りに寄っていくのもよいでしょう。無料で誰でも利用できます。ただし、タオルはありませんので、ご自身で用意してください。

足湯

 

足湯

鵜飼ミュージアムへは、裏側から入ります。階段を登ると、鵜飼ミュージアムのイベント等を行う広場に出ますので、建物内へは裏口から入るか、ぐるっと回って正面から入ります。

うかいミュージアム入口

 

4.【方法③】岐阜公園の鑑岩緑地も無料駐車場

鏡岩緑地

鵜飼ミュージアムだけでなく、岐阜公園や岐阜城などへも行きたい場合は、先に岐阜公園や岐阜城などへ行くことをおすすめしたいです。

岐阜公園には、「鏡岩緑地」といって279台分の無料駐車場があります。

そこから岐阜公園や岐阜城を楽しんだ後、徒歩で長良橋を渡って鵜飼ミュージアムまで行ってもいいですし、岐阜公園総合案内所レンタサイクルを100円で借りて、自転車で行くのもアリだと思います。

レンタサイクル

電動自転車「のぶなが号」も100円で借りられます。スイスイ進みますよ。

電動自転車「のぶなが号」

岐阜公園案内所から鵜飼ミュージアムまで徒歩で約17分自転車で約8分です。

 

5.長良川うかいミュージアムの概要

長良川うかいミュージアムは通称で、正式名称を「岐阜市長良川鵜飼伝承館」といいます。めっちゃ堅苦しいですね。さすが市の施設です(笑)

鵜飼開催期間中(毎年5/11~10/15)は無休で営業しています。なお、4歳未満は無料です。

開館

鵜飼開催期間
5/11~10/15
無休(一部指定日除く)
9:00~19:00
鵜飼オフシーズン
10/16~5/10
火曜定休(祝日の場合は翌日)
9:00~17:00

観覧料

大人(15歳以上)500円
小人(4~15歳未満)250円
乳幼児(4歳未満)無料

※次の方は入場料が無料となります。

・市内の中学生以下の方
家庭の日(毎月第3日曜日)に入場する中学生以下の方同伴する家族の方
・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の受給者及びその介護者

住所岐阜県岐阜市長良51番地2
TEL058-210-1555

 

➡鵜飼ミュージアムの割引方法と、展示内容などの見どころについてはこちら

鵜飼ミュージアム|4つの割引方法や展示などの見どころを写真で紹介
長良川うかいミュージアムの料金(観覧料)は大人500円、小人250円ですが、少しでもお得に行きたい方のために、鵜飼ミュージアムの割引方法について4つご紹介します。また、展示内容をはじめ、最高のロケーションなど、鵜飼ミュージアムの見どころについてもたくさんの写真を使って紹介していきます。

まとめ

鵜飼ミュージアムの目の前の駐車場は90分以内なら無料です。

ただ、私のおすすめは、方法②の長良橋下の無料の駐車場に停めて、プロムナードをゆったりと散策しながら鵜飼ミュージアムまで歩くという行き方です。帰りには「足湯」に寄ると、足も気分もリラックスできますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました