【図解】なぜ4月1日生まれが早生まれで、1つ上の学年になるのか?

入学(桜) 子供

入学(桜)

同級生って、4月1日生まれから3月31日生まれの人じゃないの?と思っている方は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

でも本当は、「4月2日生まれから4月1日生まれの人が同級生」となります。

年度に合わせて4月1日生まれから3月31日生まれを1くくりにした方が分かりやすいのに、なぜこのような紛らわしいルールになっているのでしょうか。

実はこれ、法律で決まっているんですね。

具体例と図も交えながら、分かりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

1.生まれ月と学年の関係

1年は1月1日からはじまり、12月31日で終わります。

学校は年度ごとに学年が構成されており、4月1日からはじまり3月31日で終わります。

そして、冒頭でも述べたとおり、1月1日~4月1日生まれの子を「早生まれ」4月2日~12月31日生まれの子を「遅生まれ」と呼びます。

学年は4月1日から始まりますので、同じ学年では誕生日が来るのが遅い1月1日~4月1日の子が「早生まれ」と呼ばれることにはなんだか違和感を覚えますよね。

もっともこれは、1年(1月~12月)で見たときに1月1日~4月1日生まれの子は1つ上の学年(早い)、4月2日~12月31日生まれの子は下の学年(遅い)となることを考えれば、なんとなく理解できるかと思います。ここはそこまで深く議論するところではありませんので、なんとなく理解できればOKです。

 

図解すると以下のようになります。

図解1

A君:2013年4月2日生まれの子 
B君:2014年4月1日生まれの子
➡2018年4月から小学校1年生で同級生

 

Cちゃん:2014年4月2日生まれの子
Dちゃん:2015年4月1日生まれの子
➡2019年4月から小学校1年生で同級生    

B君とCちゃんは誕生日が1日しか違いませんが、Cちゃんは1年遅れで小学校に入学することになります。

 

2.法律上の根拠

4月1日生まれの子が早生まれとされ、1つ上の学年となる理由は、3つの法律が関わっています。

①学校教育法第17条、同法規則44条

②年齢計算に関する法律第1項、第2項

③民法第143条

小学校1年生になるタイミングについて、順に法律を見てみましょう。最後に分かりやすくまとめていますので、法律は読み飛ばしても結構です。

義務教育について

学校教育法第17条

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校(中略)に就学させる義務を負う。(後略)

学年の定義について

学校教育法規則第59条

小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

満6歳とは

年齢計算に関する法律第1項、第2項

(1) 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算
(2) 民法第百四十三条 ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス

民法第143条

1 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
2 2週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年に おいてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

 

これらの法律を分かりやすく解説すると、以下のようになります。

 icon-check 子供が満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初め(4月1日)から小学校1年生になる。

 icon-check 年を取るタイミングは、誕生日当日ではなくて、誕生日前日の午後(深夜)12時である。つまり、4月1日が誕生日の子は、3月31日の深夜12時に年を取る。

 icon-check したがって、4月1日が誕生日の子は、前日の3月31日に満6歳となり、その翌日4月1日から小学校1年生になる。

 icon-check 一方、4月2日が誕生日の子は、前日の4月1日に満6歳となり、その翌日(4/2)以降、最初に迎える4月1日(つまり翌年の4月1日)から小学校1年生になる。

図解すると、

4月1日が誕生日の子】

図解2

4月2日が誕生日の子】

図解3

 

一般的には誕生日当日にお祝いをするので、変な感覚はありますが、法律上は誕生日前日に年を取るということを覚えておいてください。

ここで、前日の午後(深夜)12時と、当日の午前(深夜)0時は同じじゃないかという疑問が出てくるかと思いますが、法律上はあくまでも前日の午後12時となっていますので、当日の午前0時という解釈はしません。

 

こぼれ話~なぜ前日とするのか

これは2月29日生まれの人のためと言われています。誕生日当日に年を取るとすると、うるう年の2月29日に生まれた人は4年に一度しか年を取らなくなるからです。前日に年を取るとしておけば、2月28日は毎年来るわけですから、2月29日生まれの人も毎年年を取っていくということになります。

まとめ

4月1日生まれの子が早生まれで、1つ上の学年になる理由を簡単にまとめると、

・「年齢計算に関する法律」と「民法」によって、誕生日前日に年を取るとされていること、つまり4月1日生まれの子は3月31日に年を取ること

・「学校教育法」によって、満6歳に達した翌日以降の4月1日に小学校1年生になると規定されていること

から、4月2日~12月31日生まれの子よりも早く小学校へ行くことになるため、早生まれとされているのです。

 

すべて法律で決まっているということですね。

 

子供が早生まれで悩んでいる親御さんは、こちらの記事もご覧ください。

子が早生まれで悩む親へ。不利と思うな、個性を伸ばせ!メリットもある!
子供が早生まれで周りと比較して大丈夫かと悩んでいる親は、もう悩む必要はありません。まず早生まれの子は不利だという考え方を変えることが大切です。そのうえで、子供の優れた個性をどんどん伸ばしていきましょう。小さいうちは他の子と比較する必要はありません。比較して心配している雰囲気は子供にも伝わります。

 

タイトルとURLをコピーしました