岐阜城へのアクセスはロープウェイ派?登山派?どっちも詳しく解説。

岐阜城

岐阜城は金華山山頂にそびえたつ岐阜市の一大観光スポットです。山の上にありますが、麓の岐阜公園から岐阜城までのアクセス方法は大きく2つあります。

ひとつは金華山ロープウェイに乗って行く方法、もう一つは金華山を歩いて登っていく方法です。そして歩いて登るのにも、金華山にはいくつもの初級者~上級者向けの登山コースがあります。

そこで、岐阜城へのアクセス方法について、金華山ロープウェイを利用する場合の営業時間や料金などの説明に加え、登山で行く場合のおすすめコースをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.岐阜城の麓「岐阜公園」へのアクセス

JR岐阜駅、名鉄岐阜駅からバスで行く場合は、こちらの記事でどこよりも詳しく説明していますのでご覧ください。

JR・名鉄岐阜駅から岐阜城、岐阜公園までバスでアクセスする方法をご紹介します。バス停の位置から、時刻・本数、バスの乗車方法、所要時間、運賃、注意事項など写真などを織り交ぜながら、どこよりも詳しく解説します。バスの本数は非常に多いので、待ち時間が長くて困るということはないと思います。

車で行く場合、有料・無料の駐車場情報を、こちらの記事でどこよりも詳しく説明していますのでご覧ください。

岐阜市が誇る観光名所「岐阜城」とその麓に広がる「岐阜公園」には、市内外から多くの人が訪れます。車で行く場合、駐車料金と無料の駐車場はあるのかが気になるところですね。結論からいうと、有料の場合1日300円で、無料Pもあります。場所が分かりにくいため、アクセス方法を地図と写真を使って詳しく解説します。

2.岐阜公園から「岐阜城」までのアクセス

①金華山ロープウェイを利用する方法

ロープウェイ

金華山山頂へはロープウェイを利用して行くことができます。山頂駅から岐阜城までは徒歩で行く必要がありますが、岐阜城まで行く方法としては一番楽チンです。

ロープウェイの営業時間

期間
(ナイター期間)
ロープウェイ営業時間岐阜城開館時間
(パノラマ夜景)
3/16~5/11
(4/27~5/6)
9:00~18:00
(22:00まで)
9:30~17:30
(21:30まで)
5/12~10/16
(7/14~8/31)
(9/1~10/16の土日祝)
8:00~18:00
(22:30まで)
(22:00まで)
8:30~17:30
(22:00まで)
(21:30まで)
10/17~3/15
(12/22~12/24)
※<1/1元旦>
9:00~17:00
(21:00まで)
<5:00~>
9:30~16:30
(20:30まで)
<6:30~>

運行時間

平日毎時15分間隔
(毎時00分、15分、30分、45分)
土日祝日毎時10分間隔
(毎時00分、10分、20分、30分、40分、50分)

※状況次第で臨時運行もあります。

料金

 往復片道
大人(12歳以上)1,080円620円
小人(4歳~11歳)540円280円

※4歳未満は大人一人につき1名無料(2人目からは小人料金がかかります)

割引情報 

 icon-check-square-o 往復チケットを購入する場合、JAFカードを提示すると大人980円(100円お得)、小人490円(50円お得)安くなります。

 icon-check-square-o デイリーPLUS駅探バリューDaysのクーポンをお持ちの方は、大人980円(100円お得)、小人490円(50円お得)安くなります。

 icon-check-square-o 身体障害者手帳等をお持ちの方は、手帳を提示すると半額なります。

 icon-check-square-o ナイター営業日に18:00以降に乗車する場合、往復料金が大人900円(180円お得)、小人450円(90円お得)となります。

所要時間

約5分で金華山ロープウェイ山麓駅から山頂駅に到着します。その間、添乗員の解説を聞きながら、ロープウェイからの景色を楽しんでください。

ロープウェイ内部

山頂駅から岐阜城までの道のり・所要時間

ロープウェイを降りてから岐阜城までは徒歩になります。階段や上り坂もあり、徒歩で7~8分ほどかかります。

コースとして2通りあります。(途中で合流します)

コース

コース①は、案内に沿って門をくぐって行くコース。こちらが定番のコースとなります。合流地点手前にちょっと長めの階段があります。

コース②は、展望レストランの方から行くコース。レストランに寄ってから行かれる場合はこちらからでも行けます。最初の階段が結構急こう配ですが、登ってしまえば合流地点までは楽ちんです。

コース①の様子。

コース①の様子

コース②の様子

コース②の様子

コース①とコース②の合流地点は、「閻魔堂(えんまどう)」です。

閻魔堂

閻魔堂から岐阜城まではさらに階段を登ります。

閻魔堂から岐阜城まで

階段を登り切ると、岐阜城がきれいに撮影できるスポット(冒頭の写真)、絶景ポイント(下の写真)ありますので、そういったものも楽しみながら歩いていくとよいかもしれません。

ここまで来たらもう岐阜城はすぐ近くです。

岐阜城撮影スポット

絶景ポイント

岐阜城に到着です。

岐阜城

②金華山「登山」で行く方法

金華山の登山コースは全部で10コースもありますが、岐阜公園側から登ることができる人気が高い4つのコースをご紹介します。

登山コース
ええとこたんと岐阜市より

七曲り登山道(初級者向け)

距離約1,900m
所要時間約50分~60分

七曲り登山道

登山コースの入口が、岐阜公園の駐車場から一番遠いのが難点ですが、登山コースの中で一番やさしいコースです。うちの子供も3歳のときに登っています。ゴールはロープウェイ山頂駅付近なので、七曲り登山道を登り切ったあと、岐阜城までの道のりは上で説明したとおりです。

3歳児が登った様子はこちらの記事をご覧ください。

岐阜が誇る金華山には、初心者から上級者まで楽しめる10もの登山コースがあります。その中でも老若男女と問わず人気が高い初級者向けコース「七曲り登山道」。小さい子供でも頑張れば自力で頂上まで登れます。その七曲り登山道の概要と、3歳児でも一人で登れるための4つのポイントについてご紹介します。

登り切ったすぐ左側には、リス村がありますので、岐阜城に行く前に寄ってみてはいかがでしょうか。

岐阜の金華山山頂にある日本初のリス村。土日は家族連れやカップルなどで大変賑わっています。そんなリス村へのアクセス方法、リス村の概要・特徴、リス村に行くのにおすすめの時間などについてご紹介します。金華山ロープウェー山頂駅の目の前、登山だと七曲り登山道、百曲り登山道で行くとゴールのすぐ近くにあります。

百曲り登山道(中級車向け)

距離約1,100m
所要時間約40分

その名の通り、曲がりくねって所々に岩場を登るような箇所もありますが、そこまで難所があるわけではありません。

七曲りでは物足りないという方はこちらの登山コースがおすすめです。七曲りより短時間で山頂につきます。

ゴール正面にはロープウェイ山頂駅が、右側にはリス村があります。登り切ったあと、岐阜城までの道のりはロープウェイを利用した場合や七曲り登山道を登った場合と同じです。

めい想の小径(中級車向け)

距離約2,300m
所要時間約50分~60分

めい想のこみち

名称が「めい想の小径(こみち)」なので、なんだかほのぼのした簡単なコースのように思えますが、終盤にかけてかなり険しい箇所がありますので注意が必要です。距離も一番長く、時間もかかりますが、登山道の途中に絶景ビューポイントが何箇所かあって、疲れが一気に吹き飛ぶくらい目を奪われます。

ゴール付近に岐阜城がありますので、分かりやすいですね。

馬の背コース(上級者向け)

距離約1,100m
所要時間約40分

馬の背

馬の背コースは岩場が非常に多い登山道になります。もはや道と言えるのかというようなところです。案内板にも「老人・幼児には無理です」とはっきり書いてあります。大人でも両手を使わないと登れないようなところもありますので、初めて登る方は気合いを入れていきましょう。
ゴールから岐阜城までは徒歩1分程度です。

まとめ

岐阜城へのアクセス方法を、大きく2つ、ロープウェイで行く方法、登山で行く方法をご紹介しました。

観光で岐阜城に行く方は、楽に行けるロープウェイを利用された方がよいかなと思います。ただし、ロープウェイを降りてから岐阜城まで階段や坂道を7~8分ほど歩くということを頭に入れておきましょう。

どうしても歩けない人は、山頂に展望レストランや休憩所などもありますので、そちらを利用されるとよいでしょう。

岐阜公園とその周辺の見どころを紹介した記事も合わせてお読みください。さらに詳しい内容の記事へのリンクもあります。

岐阜公園とその周辺は岐阜市の一大観光スポットとなっており、見どころ、遊ぶところがたくさんあります。岐阜市へ初めて来る方はもちろん、市内在住の方でも気軽に遊び場所が見つかるよう、おすすめスポットを簡潔にまとめました。是非参考にして岐阜の魅力を満喫してみてください。