金魚すくいのポイ|ドンキの100円ポイはティッシュで何度でも使える!

ポイ完成 おもちゃ

 

お祭りの定番といえば、金魚すくいですね。

うちも今年の4月にお祭りの金魚すくいでとった金魚が、8月現在ものすごく巨大化しています。

金魚

 

金魚すくいって高いですし、何匹もとっても困ってしまいますよね。

子供は本物の金魚でなくても、おもちゃの金魚やスーパーボールなどでも十分楽しみます。

 

なので、金魚すくいで使う「ポイ」と、小さいおもちゃがあれば、いつでも安上がりで楽しく遊ぶことができます。

 

そこで、どこかに金魚のポイが売っていないか調べたところ、ドンキホーテ100均のダイソーに安いポイがありました。

このポイを使った金魚すくい遊びを写真付でご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.100円のポイの内容

激安の殿堂ドンキホーテには、お祭りなどで使われているポイは売っていませんでしたが、おもちゃの金魚とポイが入った金魚すくいセット100円で売っていました。

ドンキのポイ

紙の部分もセットなのかと思いきや、テッシュペーパーを自分で円形に切り取ってはめ込むタイプのものでした。面倒くさそうだけど、何回も使えそうだからいいやと思って、買いました。

 

100円ショップのダイソーにも金魚すくいのポイのセットが売っていました。

3種類のうち2つは網のポイ(破れない)なので幼児向け。残る1種類はポイ2本と紙20枚がセットになったものでした。

ダイソーのポイ

 

2.ティッシュをポイにセット

ティッシュを広げて、その上にポイを置いて水性ペンなどで型を取ります。

1枚のティッシュでぎりぎり4つの型が取れます。

型取り

1枚1枚作っていくのはとても面倒くさいので、ティッシュを10枚重ねにします。一番上のティッシュに型取りをして、10枚まとめて切り取ります。これで40枚の円形の紙が出来上がりです。10枚以上になると分厚くなりすぎて切りにくいかもしれません。これをあらかじめ大量に作って置くと便利です。

 

ポイントはポイの枠より少し大きめに切り取ることです。枠より小さいとうまくはめ込むことができません。

2つの枠でティッシュを挟み込むだけですので、セットするのはとても簡単にできます。

ただし、2つの枠がくっついている部分は取れやすいので、勢いよく扱うと簡単に壊れてしまいます。壊れても使えないことはないですが、使いづらいです。

紙を挟む

ポイ完成

 

ティッシュ1枚分からポイにセットできますが、1枚だとすぐに破れてしまいます。

 

3枚重ねにすると強度は増しますが、破れにくいため、面白くありません

子供が一番楽しめたのは、ティッシュ2枚重ねです。2~3個くらいは取れる喜びと、破れた時の悔しさが両方体験できて、何度もやっていました。ほどよく破れるくらいがちょうどいいですね。

ただ、破れるたびに親が張り替えなければいけませんので、ちょっと大変です(笑)

3本ポイがありますので、予備のポイにあらかじめセットしておくとよいでしょう。

 

3.ポイで遊ぶ

桶に水を張って、おもちゃの金魚やスーパーボールなどを入れます。家の中でやると床がベチャベチャになりますので、下に大きめのタオルを敷いておくとよいでしょう。敷いていてもある程度は濡れますので、濡れるのがいやなら外でやりましょう。

遊んでいる様子

うまく取るコツは、ポイを斜め45度にして水に入れることです。子供には「斜め45度や!」と呪文のように教え込みましょう。

兄弟がいればどちらが多く取れるか勝負するのも面白いですね。ただし、喧嘩になることもありますのでご注意を。

斜め45度

 

まとめ

100円のポイでも十分に楽しく遊べることが分かりました。紙を貼り替えるのはちょっと面倒くさいですが。。。

紙を貼り替えるのが面倒臭いと思う方は、既に紙が張られているポイを買うとよいと思います。100本入りで1,000円くらいで買えます。

金魚すくいのポイ|種類、号数、表裏、破れにくいのは?使い方のコツも!
金魚すくいのポイには紙とモナカのポイがあります。紙のポイでは、号数で紙の強度が分かったり、紙の表裏で破れ具合の差が分かります。また、破れにくい使い方(コツ)もご紹介します。これらを頭に入れた上で金魚すくいやスーパーボールすくいをするとより一層楽しめると思います。ネットで安く買って遊びながら練習しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました