大野町の温水プール「ゆ~みんぐ」はウォータースライダーがおすすめ!

岐阜県揖斐郡大野町にある「ゆ~みんぐ」は、室内温水プールのほか、トレーニングルームなどがある健康増進施設となっています。

よくあるゴミの焼却熱を利用した温水プールですね。

ゴミ焼却施設に隣接しているため、街中からは離れた場所にありますが、週末や夏休みなどは多くの子供連れの家族などで大変賑わっています。

ここ「ゆ~みんぐ」の特徴は、2階にメインの25mプール、1.5階に幼児プールと分かれていることです。幼児プールは結構広めにとってあり、子供も安心して遊ぶことができます。

見取り図
ゆ~みんぐHPより(以下の写真も同じ)

また、かなり幅の広くて高さもあるウォータースライダー(滑り台)が小さい子供にとってはスリル満点で、大人気となっています。

もう少し、「ゆ~みんぐ」のおすすめポイントや、注意点などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.おすすめポイント

幼児プールがゆったり!

幼児プール

25mプールが2階ならば、この幼児プールは1.5階にあります。そのため、結構広めになっており、子供もゆったりと遊べます。もちろん、浅いですので安心ですね。顔つけの練習に最適です。

スリル満点ウォータースライダー(幅広滑り台)

スライダー

あまり他の温水プール等で見かけない形の巨大ウォータースライダー(滑り台)ですね。

滑り降りた下のところが少し深さがあり、水が顔全体にかかりますので、顔つけができないと一人で滑ることは難しいです。

子供が一人で滑れない場合は、親がひざの上に乗せて抱っこしながら滑ることができます。

2歳くらいの子供でもガンガン一人で行く子もいます。うちの娘(当時5歳)は顔つけが苦手でしたので、一人で滑る場合は下で親が待ち構えて、娘が滑り降りて着水すると同時くらいに抱え上げなければいけませんでした。

ジャグジーは広め

ジャグジー

人が少なければかなりゆったりとできます。1時間に1回ある休憩タイムでは、大人子供問わず所狭しと人が集まってきます。

ポイントは、休憩の少し前から入っていると場所がちゃんと確保できます。

冬でも安心!床暖房付

室内温水プールなので、年中利用できます。冬場は、いくら温水プールといえど水着でいれば寒くなります。

でも、ここ「ゆ~みんぐ」は床暖房が付いているので、プール内は温度は一定に保たれて暖かいです。

これは子供の健康にもいいですし、何より大人の親が嬉しいですよね。

2.注意点

25mプールの児童コースが狭い

児童プール

25mプールの柵より手前が、児童コースになります。土日祝日ともなると、すごく混雑してあまりゆとりがありません。

混雑時はもう1レーンくらい広くしてもいいのにと思うほど狭いですね。

1.5階、2階分かれているため、目が届かない

例えば、親2人、子供2人で来て、父親と子供①が児童用コース、母親と子供②が幼児プールで遊んでても、お互いの様子が分かりません。

あるいは、親が1人で、小学生2年生の子と幼児1人を連れてきた場合、小学生の子が児童用コースで一人で遊んでくると言っても目が届きませんので、安心できません。

まとめ

「ゆ~みんぐ」は他の温水プールでは見かけない巨大ウォータースライダーが目玉となります。

週末や夏休みは混み合いますが、「ゆ~みんぐ」は総合的にみて子供が楽しめる温水プールだと思いますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ゆ~みんぐ

 岐阜県揖斐郡大野町大字下座倉1451-3

 0585-32-4682

 平日   13:00~21:00

 土日祝日 10:00~18:00

 月曜定休(夏休み期間は営業)

 大人(高校生以上) 500円

 小人(中学生以下) 300円