養老公園の紅葉は12月上旬までが見頃!混雑具合、持ち物、駐車場は無料?

紅葉狩りの季節になってきました。

岐阜県の西濃地方で紅葉狩りといったらやっぱりここ、養老公園です!広い公園内を彩る美しい紅葉を観に、遠路はるばる行く方もいます。

養老公園の紅葉は比較的遅い時期まで観られますので、他で紅葉を見逃した~っていう方は是非足を伸ばしてみるとよいと思います。

今回は、養老公園の紅葉の見頃時期、混雑具合をはじめ、紅葉狩りに持っていた方がよい物、交通アクセス、駐車場情報などについてご紹介していきます。

公園内には紅葉狩り以外にも楽しい場所がありますので、最後に併せてご紹介します。

スポンサーリンク

1.養老公園の紅葉の見頃時期は?

11月中旬~12月上旬

養老公園 紅葉

10月1日から11月30日まで「もみじまつり」が開催されていますが、10月はほとんど紅葉を観ることができなかったと思います。

ちょっと肌寒くなってきたな~っていうことにようやく見頃を迎えます。

ここ最近の異常気象が秋まで続いているのか、昼間は暖かい日が続いていますよね。(夜は寒いですが・・・)

11月下旬にもなれば、紅葉が一番きれいな状態で観ることができます。

2.混雑具合は?

週末は要注意!

週末は非常に混雑します。特に11月下旬の3連休、天気が良い場合は混雑が予想されます。

車で行かれる方が多いと思いますが、駐車場に停めるのに渋滞ができます。

ただ、臨時駐車場も設けられ、駐車可能台数は多いため、何時間も待ちぼうけということはないと思います。

公園は朝9時から開園しますので、少し早めに行くか、混雑が緩和される15時くらいに行くと比較的スムーズに入れるかと思います

3.紅葉狩りで持っていくべき物

  • カメラ(スマホ)、必要なら三脚  
  • コート
  • 運動靴が望ましい

カメラ(スマホ)

養老公園での紅葉狩りは、養老名物の「養老の滝」を目指して上り坂を30分ほど歩きながら行うのが定番です。

川を挟んで両岸に紅葉の木が立ち並び、見事な景観を演出しています。

インスタ映えするスポットはあちらこちらにありますので、カメラ(スマホのカメラ)は必須です!家族、カップル、友人同士で素敵な思い出を残しましょう。

三脚があれば、気兼ねなく皆が映った写真が撮れますのでおすすめです。

コート

10月はまだ暖かい日が続きましたが、11月にもなると日中でも肌寒く感じます。特に夕方頃になると結構冷えてきます。養老公園は山の麓にありますので、まちなかより寒く感じるはずです。

天気がよければ薄手のコート出かけるときにちょっと寒いなと感じたら厚手のコートがおすすめです。

ただ、養老の滝まで歩いていくと人によっては暑く感じたりしますので、その場合はコートを脱ぐなり対応してください。暑ければ脱げば対応できますが、寒い場合着る物がないと対応できませんのでご注意を!

運動靴が望ましい

また、養老公園に行くなら「養老の滝」は見ておきたいです。「養老の滝」は、日本の滝百選にも選ばれた落差32m、幅4mの滝です。滝の水がお酒に変わったという親孝行の伝説があります。

そこまでたどり着くのには、上り坂や急な階段を登ったりしますので、できれば運動靴がおすすめです!

養老の滝から戻るときは逆に下り坂と下り階段になりますので、やっぱり運動靴の方が安全ですね。

なお、途中まではベビーカーでも行けます。ベビーカー担いで階段登り、養老の滝まで行っている人もいることはいます。参考までに。

4.養老公園までのアクセスと駐車場情報

住所

岐阜県養老郡養老町高林1298-2

アクセス

[電車]

養老鉄道養老駅から徒歩10分

  • 名古屋からだと、JR名古屋駅→大垣駅(養老鉄道桑名行きに乗り換え)→養老駅
  • 岐阜からだと、JR岐阜駅→大垣駅(養老鉄道桑名行きに乗り換え)→養老駅
  • 四日市からだと、JR四日市駅→桑名駅(養老鉄道大垣行きに乗り換え)→養老駅

[車]

東海環状自動車道 養老ICから約10分
名神高速 養老サービスエリアスマートICから約15分

ナビで検索する場合は、上記の住所を入力するか、施設名「養老公園」と入力してください。

駐車場情報

駐車場が約1,000台に加え、週末など混雑が予想される日には臨時駐車場も設けられます。

料金は300円~1,000円

場所によって料金設定が異なります。紅葉スポットに近いほど高めに設定されています。

5.近隣のおすすめスポット

・養老天命反転地(大人も子供も楽しめる)

養老天命反転地は、養老公園内にある体験型の芸術空間です。巨大な芸術空間の中に身を置き、不思議な体験を味わうことができます

家族、カップル、友人同士などあらゆる人におすすめスポットです

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

岐阜県養老町にある養老天命反転地は、体験型の大型アート作品が設置されているテーマパークです。その不思議な世界に驚かされる反面、危険な場所もありますので注意が必要です。また写真映え(インスタ映え)するスポットも随所にありますので、写真撮影も楽しみの一つです。養老天命反転地の魅力や注意点などを紹介していきます。

・養老公園こどもの国(子供向け)

「こどもの家」では室内で遊べ、「ぼうけんひろば」では18ものアスレチックで遊ぶことができます。また、「わんぱくひろば」では小さい子供も遊べる遊具、砂場等もあります。「なかよしひろば」では自由に乗れる三輪車を漕いで遊べます。

幼児~小学生くらいまでの子供がいる家族におすすめのスポットです。

・養老ランド(親子、カップル向け)

養老ランドは、昔ながらのこじんまりとした遊園地です。よく潰れないなぁと思いつつ、少人数のスタッフで頑張っています。小さい子供向けの遊園地ですが、犬がうさぎと触れ合えるコーナーもあり、カップルで来ている人もちらほら見えます。

特に小さい子供向けにおすすめのスポットです。

まとめ

養老公園は、岐阜県内でも屈指の紅葉狩りスポットです。

家族、カップル、友人、団体など様々な人が訪れて、紅葉を楽しんでいます。養老の滝も合わせて観ることをおすすめします。

また、子供連れなら他にも遊ぶところがありますので、朝からお弁当を持参して行くといいと思います。