2018年ロシアワールドカップ 出場国32か国決定!気になるあの国は。

サッカー

 

4年に一度のサッカーのお祭り。

プロサッカー選手なら誰でも夢見る大舞台。

予選ではハラハラドキドキ、一喜一憂、波瀾万丈、そして歓喜!!一方で悲劇・・・

毎度毎度様々なドラマを生み出すワールドカップ予選が終わり、全出場国32か国が決定しました。

 

あれ!?あの常連国は?まさかの予選敗退?!

新顔参上!!悲願のワールドカップ出場国などなど。

いよいよ、6月14日に開幕を迎えるロシアワールドカップ、その全出場国を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

1.地元アジアから!【5か国】

※1枠はアジア5位と北中米4位の大陸間プレーオフで決定

 

アジアでは46か国によって、4枠の争奪戦が行われました。

 

最終予選では、12か国が生き残り、6チームずつ2グループに分かれてホーム&アウェーで戦い、上位2か国(日本、サウジアラビア、イラン、韓国)がワールドカップ出場権を獲得しました。

 

そして、各グループ3位同士によるプレーオフを勝ち上がったオーストラリアが、ホンジュラスとの大陸間プレーオフの末、なんとか出場権を獲得しています。

 

オーストラリアが意外にも苦戦したとはいえ、アジアでは特に波乱はなく、予想通りの国が順当に勝ち上がっていますね。

アジアの出場国

イランA組1位2大会連続5回目
韓国A組2位9大会連続10回目
日本B組1位6大会連続6回目
サウジアラビアB組2位3大会ぶり5回目
オーストラリア

B組3位
(大陸間プレーオフ)

4大会連続5回目

 

アジア最終予選の結果

グループA

試合

得点

失点

勝点

イラン

10

6

4

0

10

2

22

韓国

10

4

3

3

11

10

15

シリア

10

3

4

3

9

8

13

ウズベキスタン

10

4

1

5

6

7

13

中国

10

3

3

4

8

10

12

カタール

10

2

1

7

8

15

7

 

グループB

試合

得点

失点

勝点

日本

10

6

2

2

17

7

20

◎サウジアラビア

10

6

1

3

17

10

19

オーストラリア

10

5

4

1

16

11

19

UAE

10

4

1

5

10

13

13

イラク

10

3

2

5

11

12

11

タイ

10

0

2

8

6

24

2

 

2.ヨーロッパは?・・・【14か国】

※13か国+開催国(ロシア)

 

ヨーロッパでは54か国によって、13枠の争奪戦が行われました。開催国のロシアは予選が免除となっています。

 

予選では、54か国が6カ国ずつ9つのグループに分かれ、各グループの首位9か国(フランス、ポルトガル、ドイツ、セルビア、ポーランド、イングランド、スペイン、ベルギー、アイスランド)がワールドカップ出場権を獲得しました。

 

各グループ2位のうち、成績上位8か国が欧州プレーオフを行い、勝ち上がった4か国(スイス、クロアチア、スウェーデン、デンマーク)が見事ワールドカップ出場権を獲得しました。

 

あれ?なんかおかしいですよね。あの国がないですよね。
そうなんです。過去4度の優勝を誇るワールドカップ常連国のイタリアがなんと予選敗退なんです。60年ぶりの予選敗退だそうです。

 

そしてもうひとつ。前々回の2010南アフリカワールドカップで準優勝、前回の2014ブラジルワールドカップで3位という輝かしい結果を残したオランダまでもが予選敗退したのです。

 

この2か国の予選敗退は衝撃でしたね。

 

一方で、ヨーロッパから初出場する国は、アイスランドです。注目ですね。

ヨーロッパの出場国

フランスA組1位6大会連続15回目
ポルトガルB組1位5大会連続7回目
ドイツC組1位17大会連続19回目
セルビアD組1位2大会ぶり12回目
ポーランドE組1位3大会ぶり8回目
イングランドF組1位6大会連続15回目
スペインG組1位11大会連続15回目
ベルギーH組1位2大会連続13回目
アイスランドI組1位初出場
スウェーデンA組2位(プレーオフ)3大会ぶり12回目
スイスB組2位(プレーオフ)4大会連続11回目
デンマークE組2位(プレーオフ)2大会ぶり5回目
クロアチアI組2位(プレーオフ)2大会連続5回目
ロシア開催国2大会連続11回目

 

ヨーロッパ予選の結果

グループA

試合

得点

失点

勝点

フランス

10

7

2

1

18

6

23

スウェーデン

10

6

1

3

26

9

19

オランダ

10

6

1

3

21

12

19

ブルガリア

10

4

1

5

14

19

13

ルクセンブルク

10

1

3

6

8

26

6

ベラルーシ

10

1

2

7

6

21

5

 

グループB

試合

得点

失点

勝点

ポルトガル

10

9

0

1

32

4

27

スイス

10

9

0

1

23

7

27

ハンガリー

10

4

1

5

14

14

13

フェロー諸島

10

2

3

5

4

16

9

ラトビア

10

2

1

7

7

18

7

アンドラ

10

1

1

8

2

23

4

 

グループC

試合

得点

失点

勝点

ドイツ

10

10

0

0

43

4

30

北アイルランド

10

6

1

3

17

6

19

チェコ

10

4

3

3

17

10

15

ノルウェー

10

4

1

5

17

16

13

アゼルバイジャン

10

3

1

6

10

19

10

サンマリノ

10

0

0

10

2

51

0

 

グループD

試合

得点

失点

勝点

セルビア

10

6

3

1

20

10

21

アイルランド

10

5

4

1

12

6

19

ウェールズ

10

4

5

1

13

6

17

オーストリア

10

4

3

3

14

12

15

ジョージア

10

0

5

5

8

14

5

モルドバ

10

0

2

8

4

23

2

 

グループE

試合

得点

失点

勝点

ポーランド

10

8

1

1

28

14

25

デンマーク

10

6

2

2

20

8

20

モンテネグロ

10

5

1

4

20

12

16

ルーマニア

10

3

4

3

12

10

13

アルメニア

10

2

1

7

10

26

7

カザフスタン

10

0

3

7

6

26

3

 

グループF

試合

得点

失点

勝点

イングランド

10

8

2

0

18

3

26

スロバキア

10

6

0

4

17

7

18

スコットランド

10

5

3

2

17

12

18

スロベニア

10

4

3

3

12

7

15

リトアニア

10

1

3

6

7

20

6

マルタ

10

0

1

9

3

25

1

 

グループG

試合

得点

失点

勝点

スペイン

10

9

1

0

36

3

28

イタリア

10

7

2

1

21

8

23

アルバニア

10

4

1

5

10

13

13

イスラエル

10

4

0

6

10

15

12

マケドニア

10

3

2

5

15

15

11

リヒテンシュタイン

10

0

0

10

1

39

0

 

グループH

試合

得点

失点

勝点

ベルギー

10

9

1

0

43

6

28

ギリシャ

10

5

4

1

17

6

19

ボスニア・
ヘルツェゴビナ

10

5

2

3

24

13

17

エストニア

10

3

2

5

13

19

11

キプロス

10

3

1

6

9

18

10

ジブラルタル

10

0

0

10

3

47

0

 

グループI

試合

得点

失点

勝点

アイスランド

10

7

1

2

16

7

22

クロアチア

10

6

2

2

15

4

20

ウクライナ

10

5

2

3

13

9

17

トルコ

10

4

3

3

14

13

15

フィンランド

10

2

3

5

9

13

9

コソボ

10

0

1

9

3

24

1

 

3.南米は?・・・【5か国】

※1枠は南米5位とオセアニア1位の大陸間プレーオフで決定。

 

南米では10か国によって、4枠の争奪戦が行われました。

 

10か国総当たりによるホーム&アウェー方式で戦い、上位4か国(ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、コロンビア)がワールドカップ出場権を獲得しました。

 

そして、5位のペルーが、オセアニア1位のニュージランドとのプレーオフを制し、なんとか出場権を獲得しています。

 

南米予選でも波乱が起きています。南米王者のチリが予選6位で敗退しています。アルゼンチンは最終節まで6位で危ぶまれていましたが、最後の最後でメッシのハットトリックによって3位に急上昇。明暗がくっきりと分かれましたね。

南米の出場国

ブラジル予選1位21大会連続21回目
ウルグアイ予選2位3大会連続13回目
アルゼンチン予選3位12大会連続17回目
コロンビア予選4位2大会連続6回目
ペルー予選5位(プレーオフ)9大会ぶり5回目

 

南米予選の結果

 

試合

得点

失点

勝点

ブラジル

18

12

5

1

41

11

41

◎ウルグアイ

18

9

4

5

32

20

31

◎アルゼンチン

18

7

7

4

19

16

28

◎コロンビア

18

7

6

5

21

19

27

ペルー

18

7

5

6

27

26

26

チリ

18

8

2

8

26

27

26

パラグアイ

18

7

3

8

19

25

24

エクアドル

18

6

2

10

26

29

20

ボリビア

18

4

2

12

16

38

14

ベネズエラ

18

2

6

10

19

35

12

 

4.アフリカは?・・・【5か国】

アフリカでは53か国によって、5枠の争奪戦が行われました。

 

最終予選では、20か国が生き残り、4か国ずつ5グループに分かれてホーム&アウェーで戦い、グループ首位の5か国(チュニジア、ナイジェリア、モロッコ、セネガル、エジプト)がワールドカップ出場権を獲得しました。

 

アフリカでも波乱が起きています。強豪国のコートジボワール、ガーナ、そしてアフリカ王者のカメルーンまでもが予選敗退しています。

 

前回大会(2014ブラジルW杯)とは4か国も顔ぶれが変わっています。(前回大会も出場したのはナイジェリアのみ!)

アフリカの出場国

チュニジアA組1位3大会ぶり5回目
ナイジェリアB組1位3大会連続6回目
モロッコC組1位5大会ぶり5回目
セネガルD組1位4大会ぶり2回目
エジプトE組1位7大会ぶり3回目

 

アフリカ予選の結果

グループA

試合

得点

失点

勝点

チュニジア

6

4

2

0

11

4

14

コンゴ

6

4

1

1

14

7

13

リビア

6

1

1

4

4

10

4

ギニア

6

1

0

5

6

14

3

 

グループB

試合

得点

失点

勝点

ナイジェリア

6

4

2

0

12

4

14

ザンビア

6

2

2

2

8

7

8

カメルーン

6

1

4

1

7

9

7

アルジェリア

6

0

2

4

4

11

2

 

グループC

試合

得点

失点

勝点

モロッコ

6

3

3

0

11

0

12

コートジボワール

6

2

2

2

7

5

8

ガボン

6

1

3

2

2

7

6

マリ

6

0

4

2

1

9

4

 

グループD

試合

得点

失点

勝点

◎セネガル

6

4

2

0

10

3

14

ブルキナファソ

6

2

3

1

10

6

9

カーボベルデ

6

2

0

4

4

12

6

南アフリカ

6

1

1

4

7

10

4

 

グループE

試合

得点

失点

勝点

エジプト

6

4

1

1

8

4

13

ウガンダ

6

2

3

1

3

2

9

ガーナ

6

1

4

1

7

5

7

コンゴ

6

0

2

4

5

12

2

 

 

5.北中米カリブ海は?・・・【3か国】

北中米カリブ海では35か国によって、3枠の争奪戦が行われました。

 

最終予選では、生き残った6か国がホーム&アウェーで戦い、上位3か国(メキシコ、コスタリカ、パナマ)がワールドカップ出場権を獲得しました。

 

4位のホンジュラスが、アジア5位のオーストラリアとの大陸間プレーオフに敗れ、出場権を獲得することはできませんでした。

 

北中米カリブ海でも波乱がありましたね。ワールドカップの常連国のアメリカが予選敗退しています。一方で、パナマが初出場ですので、注目したいですね。

北中米カリブ海の出場国

メキシコ最終予選1位7大会連続16回目
コスタリカ最終予選2位2大会連続5回目
パナマ最終予選3位初出場

 

北中米カリブ海の予選結果

最終予選

試合

得点

失点

勝点

メキシコ

10

6

3

1

16

7

21

◎コスタリカ

10

4

4

2

14

8

16

◎パナマ

10

3

4

3

9

10

13

ホンジュラス

10

3

4

3

13

19

13

アメリカ

10

3

3

4

17

13

12

トリニダードトバゴ

10

2

0

8

7

19

6

 

5.オセアニア【出場国なし】

オセアニアの予選は少し特殊です。エントリーチームが少ないため、オセアニアで1位になっても自動的に出場権を獲得できるわけではありません。1位になった上で、南米5位との大陸間プレーオフを制さないといけません。

 

オセアニアでは11カ国によって、オセアニア1位を争いました。

 

最終予選では、生き残った6か国が、3か国ずつ2グループに分かれてホーム&アウェーで戦い、それぞれのグループ首位がプレーオフを行いました。

 

ソロモン諸島とのプレーオフを制したニュージーランドでしたが、南米5位のペルーに敗れましたので、オセアニアからは出場国はありません。

オセアニアの予選結果

グループA

試合

得点

失点

勝点

ニュージーランド

4

3

1

0

6

0

10

ニューカレドニア

4

1

2

1

4

5

5

フィジー

4

0

1

3

3

8

1

 

グループB

試合

得点

失点

勝点

ソロモン諸島

4

3

0

1

6

6

9

タヒチ

4

2

0

2

7

4

6

パプアニューギニア

4

1

0

3

6

9

3

 

まとめ

イタリア、オランダ、アメリカなど常連かつ強豪国が出場できないのは非常に残念ですが、今大会は2大スターのリオネル・メッシクリスチャーノ・ロナウド最後になるかもしれない大会。また初出場国も2か国(アイスランド、パナマ)あります。見どころはたくさんありそうです。

 

そして、我らがハリル 西野ジャパンもどこまで行けるか注目ですね!

 

⇒ 2018ロシアW杯1次リーグの組み合わせ 死のグループはあるのか?

⇒ 2018ロシアW杯 日本戦の3会場ってどんなところ?場所、時差、気候等をまとめました。

 

タイトルとURLをコピーしました