W杯初戦 大迫半端ないって!コロンビアに2-1の大金星!香川もPK弾

サッカー

 

日本のロシアワールドカップ初戦は、南米の強豪コロンビアに2-1の大金星!!日本の10番香川真司PKによるゴール、半端ない選手大迫勇也による完璧なヘディングゴールが勝利を導きました。

 

2018年6月19日(火)、日本時間21時にキックオフした日本の初戦は、4年前のブラジルワールドカップのグループリーグで1-4で完敗した因縁の相手コロンビアでした。4年ごしにリベンジを果たしてくれました!

 

スポンサーリンク

1.両チームのスタメンによるわずかな希望

下馬評では、FIFAランキング61位の日本に対して16位のコロンビアが圧倒的有利でしたが、両チームのスタメンが発表された瞬間、わずかに希望の光が見えました。

FIFAランキングの決め方|事例で分かりやすく解説【2006年方式】
FIFAランキングの決め方について、「2006年方式」の算出方法を事例を使いながら、具体的に解説しています。2018年8月発表分から「2018年方式」に変更となりましたが、念のためこの記事は残しておきます。

 

コロンビアの英雄、前回のブラジルワールドカップで得点王のハメス・ロドリゲスが怪我の影響でスタメンから外れています。

一方、日本は直前の調整試合のパラグアイ戦で調子のよかった香川と乾を先発で起用しました。私はかねがね、セレッソ大阪でもともとコンビを組んでいた香川と乾の同時起用を望んでいましたが、それがW杯本番で実現して本当に嬉しく思いました。

 

このスタメン発表を受け、”もしかしたら”という希望が見えたのです。

 

2.相手のハンドによるPKで香川ゴール!

前半わずか6分のことでした。香川が全線に大きく蹴りこんだボールは、大迫と相手DFとの競り合いの末大迫が抜け出しシュート。GKに阻まれるも、後ろから走りこんできた香川がこぼれ球をシュート。そのシュートは完全にゴールの枠内に飛んでいましたが、DFがまさかの手でブロック。PK獲得とともに、そのDFはレッドカードで退場と日本にとっては最高のシナリオでした。

 

自分で獲得したPKを香川は落ち着いて決めました。自ら決めるんだという意気込みと、経験で培った自信で、見ている方としてもドキドキしながらも外すという予感は全くなかったですね。

 

3.やっぱり半端なかった!大迫のヘディング

この試合、大迫の前線での踏ん張りは非常によかったと思います。世界に通用する体の強さ、キープ力など、さすがブンデスリーガで鍛えられてきただけあります。背中で相手を抑えながら、くるりと反転してからのシュートなど、相手に競り勝つ場面がよく見られました。

 

同点で迎えた後半開始から、なんとなく大迫のゴールの予感がしていました。そして、後半28分、香川に代わって途中出場した本田のコーナーキックから、大迫が頭一つ抜けてのヘディングシュート!サイドポストに当たってゴールに吸い込まれていきました。GKも触ることもできない完ぺきなゴールでした。

 

伝説の「大迫半端ないって!」 ついにこの大舞台で出ましたね。観客席からは「大迫半端ないって!」と書いたフラッグも見えました(笑)

「大迫半端ない」の由来

大迫選手が高校生の時まで遡ります。大迫が鹿児島城西高3年時の全国高校サッカー選手権大会で、準々決勝で敗戦した滝川第二高の主将が試合後のロッカのールームで発した言葉です。「大迫半端ないって!アイツ半端ないって!後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん。そんなん出来ひんやん、普通。」といって号泣するシーンがTVで放送されたものです。ちなみに、この時大迫は10得点10アシストと前人未踏の記録を残し、チームは準優勝しています。

4.もっと攻撃してもよかった!

前半6分に相手が1人退場して10人となりました。1-0で乗り切ろうと思ったのか、守りの意識の方が強くなったように思いました。もちろんしっかり守ることは大切ですが、もっともっとチャレンジしてもよかったのではないかと思います。攻撃こそ最大の防御なのです。弱気になると逆にやられてしまうのが勝負の世界です。

案の定、後半39分にフリーキックにより同点にされてしまいます。最近セットプレーからの失点が多いですよね。

 

また、後半28分に勝ち越してからも、ほとんどチャレンジをしなくなりました。相手陣内のサイドでボールを受けても、自陣までボールを戻す。こういうシーンが非常に多くて、いつパスミスやボールカットされてしまうかとヒヤヒヤしてみていました。本田圭佑が相手陣内から自陣にボールを戻したときに、ちょうど相手にパスした形になったシーンなんかは一番やってはいけないことです。

せめて相手陣内でキープするか、追加点を取る気持ちで攻め続けてほしいですね。

守りに入ったときが一番危険です。

 

5.西野監督の采配ズバリ!

トップ下に香川を選択した点、途中からボールに絡めなくなった香川を下げて投入した本田がアシストした点はズバリ的中ですね!

 

また、ボランチに起用した柴崎岳が、相手が1人少なかったとはいえ、しっかりとボールを落ち着かせ、ゲームをコントロールできていましたね。山口蛍、大島僚太という選択肢がある中、柴崎の起用はよかったと思います。

 

DFでいえば、槙野智章ではなく、昌子源を起用した点も結果としてよかったと思います。相手は南米。ファールのシミュレーションも巧妙にやってきます。ガツガツいく槙野では相手の思うつぼだったかもしれません。実際、失点につながった長谷部誠のファールは、スローでよく見るとむしろ相手の方からぶつかってきています。

 

GKの川島永嗣はちょっと不安が残りますね。失点したシーンも全盛期の川島なら止められたかもしれません。前への飛び出しもためらう場面もありました。

次戦からは思い切って若い中村航輔を起用してほしいものです。

 

6.本田のインタビューは士気が下がりかねない!

試合後のインタビューで、各選手が素直に喜びつつ、次の試合へ向けたコメントをする中、本田のインタビューだけ異質なものでした。

 

ふてくされたような表情で、お通夜のようなインタビュー。自分のアシストには満足しながら、チームの状況には満足していないような発言。勝利もそれほど大きいとは思ってはいないとの発言。あんな発言をしていたら、チームの士気が下がりかねません。

 

勝利したあとこそ気を引き締めなければなりませんが、もっと前向きな発言をしてほしいものです。

 

まとめ

とにかく初戦で勝利できたことは、精神面においても非常に大きいと思います。この勝利で波に乗って、次のセネガル戦も勝って決勝トーナメント進出を決めてほしいですね!

 

セネガル(FIFAランク27位)はポーランド(同8位)に2-1で勝利していますので、気を抜けないタフな試合になることは間違いないと思います。

 

サッカー観戦を10倍楽しむために知っておくとよいルール・用語などはこちらをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました