W杯ポーランドに敗戦も決勝トーナメント進出でベスト16 次はベルギー戦

サッカー

 

ロシアワールドカップ、Hグループ最終戦となったポーランド戦は惜しくも0-1で敗れました。

他会場で同時にキックオフされた「コロンビア×セネガル」でコロンビアが1-0でセネガルに勝利したため、コロンビアが1位突破、日本とセネガルは勝ち点、得失点差、総得点とも同じ、両チーム同士の対戦は引き分けですが、警告数などのフェアープレーポイントというものでわずかに日本が上回り、2位でグループリーグを突破することができました。

 

ポーランドはこれまで2敗でグループリーグ敗退が決定していましたが、FIFAランキングでは8位、リーグ突破の本命とみられていただけに、タダでは帰れない意地がありました。

ただ、日本の方が多くのチャンスがあったので、勝って決勝トーナメントに進みたかったところですね。

 

スポンサーリンク

1.先発6人入れ替えの効果は?

日本は引き分け以上で決勝トーナメントへ進出できるという状況の中、先発を6人入れ替えてきました。

DFでは、昌子に代えて槙野智章

MFでは、原口に代えて酒井高徳、長谷部に代えて山口蛍、乾に代えて宇佐美貴史

FWでは、大迫に代えて武藤嘉紀、トップ下の香川に代えて岡崎慎司の2トップ

 

条件的には有利とはいえ、結構大胆な采配をしましたね。個人的には武藤のプレーを観たかったのでよかったですけどね。

ワールドカップは短期決戦の総力戦です。グループリーグ突破を見据えての控え組の起用でしょう。レギュラー組の休息に加え、控えの選手のモチベーションアップによって一層の一体感が生まれたと思います。

 

負けたら何にもなりませんでしたが、何はともあれ決勝トーナメントに進出することができたので、この大胆な采配は次の試合につながると思います。

 

2.セットプレーからの失点が多い

この試合もセットプレーからの失点でした。初戦のコロンビア戦もフリーキックからの失点でした。

セットプレーからの失点を防ぐことは日本の最大の課題と言っていいでしょう。海外の選手は高さがあります。ペナルティエリア内はもちろん、ゴールエリア付近でのファウルは失点につながる可能性が高いことを肝に銘じておく必要があります。

 

そしてこのグループリーグでの失点を教訓にして、次の試合までにはしっかりと修正してほしいですね。

 

3.GK川島が乗ってきた!

グループリーグの2戦までは安定感のなかった川島ですが、ポーランド戦はゲームキャプテンとしてこれまでの不振を振り払うような活躍を見せてくれました。

 

ポーランド戦での失点はどうしようもないところですが、最大のピンチを右手一本でセーブするなど、日本のピンチを救ってくれました。このスーパーセーブが川島本人を勢いづくきっかけになったと思います。

 

個人的には中村航輔を見てみたいですが、決勝トーナメントも川島だと思いますので、次戦もスーパーセーブでゴールを死守してほしいですね。

 

4.終盤のボール回しはあり?

日本が負けて、コロンビアとセネガルが引き分けていたら、日本のグループリーグ突破はありませんでした。途中までこの状況が続いていました。

後半30分頃、コロンビアが1点入れてから、日本の戦い方に変化が現れました。このまま行けば日本がセネガルをわずかに上回りグループリーグ突破が見えてきたのです。

日本が同点にすればグループリーグ突破は確実ですが、2失点してしまっては突破できません。また、日本がこのまま0-1でも、セネガルが同点に追いついてしまうと日本は突破できません。

 

この状況の中で、西野監督はコロンビアの勝利に賭け、リスクを負わない選択、つまり最後尾でのボール回しで時間かせぎを選択しました。

 

幸いポーランドも1勝を挙げたいという思いから、日本のボール回しを受け入れました。日本に攻撃されて同点にされたらたまりませんからね。

 

会場からはブーイングがひどかったですが、気にすることはありません。これも立派な戦術のひとつです。勝負の世界ではこうした判断も、勝つのに必要な要素となります。

 

まとめ

ワールドカップ前は散々酷評された西野ジャパンでしたが、いい意味で皆の予想を覆す結果となりました。まだまだ日本代表の試合を楽しめます。

次の試合はFIFAランキング3位の強豪ベルギーです。現在4得点の9番ルカク、司令塔の10番アザール、イングランド戦でスーパーゴールを決めた18番ヤヌザイなどスーパースターが目白押しです。

 

これまでで一番の強敵ですが、日本も勢いに乗り初のベスト8目指して次の試合も是非勝ち上がってほしいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました