W杯の衝撃!世界ランク1位のドイツがGL敗退。前回王者のジンクスとは。

サッカー

 

ロシアワールドカップが盛り上がっていますね!日本もコロンビアに2-1、セネガルに2-2とこれまで1勝1分けと大健闘しています。

 

一方、前回のブラジルワールドカップで優勝し、現在FIFAランキング1位のドイツは最後まで調子が上がらず、まさかのグループリーグ敗退という衝撃的な結果に終わりました。しかも、グループリーグ最終戦は韓国に0-2で敗戦し、グループ最下位というプライドズタズタな結果です。

 

スポンサーリンク

1.前回W杯優勝国はGL敗退するというジンクス?

ドイツが初戦でメキシコに敗戦したとき、前回大会で優勝した国はグループリーグで敗退するというジンクスがあると聞いて、過去5大会をさかのぼって調べてみました。

大会優勝国大会前回優勝国の結果
’98フランス大会フランス’02日韓大会GL敗退
’02日韓大会ブラジル’06ドイツ大会ベスト8
’06ドイツ大会イタリア’10南アフリカ大会GL敗退
’10南アフリカ大会スペイン’14ブラジル大会GL敗退
’14ブラジル大会ドイツ’18ロシア大会GL敗退

 

過去5大会で調べてみると、なんと4大会で前回優勝国がグループリーグ敗退という結果となっています。これは衝撃的ですね。

ワールドカップで優勝するというのは並大抵なことではありません。チームが円熟期にある証拠です。次の大会までに普通に戦力ダウンしたか、世代交代に失敗した結果なんだと思います。

 

今回のドイツはどうだったでしょうか。ワールドカップのヨーロッパ予選では10戦10勝と圧倒的な力の差を見せつけています。総得点も43得点と得点力も申し分ありません。戦力ダウンどころか戦力アップしているといっても過言ではないと思います。

ただ、本大会は明らかに精彩を欠いていました。メキシコ戦では、メキシコの素早いカウンターについていけず、スウェーデン戦では辛くも勝ったものの、続く韓国戦では打てども打てども入らない。連携も全くよくありませんでした。

 

2.ドイツの最近の成績

ドイツはワールドカップの常連国で、1次リーグ制になって以降、1次リーグ(グループリーグ)で敗退したことはありません。史上初のGL敗退ということです。

 

ワールドカップで4回優勝、ここ5大会を見てみても、その輝かしい成績はドイツというサッカー大国の安定感を物語っています。それゆえに、今回のグループリーグ敗退は信じられない出来事だと受け止められています。

’98フランス大会ベスト8
’02日韓大会準優勝
’06ドイツ大会ベスト4
’10南アフリカ大会ベスト4
’14ブラジル大会優勝

 

最後に

なんとかGLさえ突破すれば、徐々に調子を上げてくるのではないかと思っていただけに、もうドイツの試合を観られないのは非常に残念です。

個人的には決勝トーナメントで、ブラジルによる4年前のリベンジマッチをして欲しかったんですけどね。

ただ、こういう波乱もワールドカップの醍醐味と思えば、決勝トーナメントも楽しめると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました