子供と一緒に「うまれて!ウーモ」のお家を段ボールで作って遊ぼう!

ウーモのお家 おもちゃ

 

2017年12月のクリスマス商戦で大人気だったうまれて!ウーモ。近くのおもちゃ屋さん何軒かに問い合わせても在庫なしのヒット商品でした。

ネットショッピングで手に入れることができましたが、あの時期は一大ブームが来ていましたね。あれから5カ月経った今ではCMなど見なくなりましたが、人気はどうなんでしょうか。

少なくとも、この記事を開いていただいている皆様のところには、うまれて!ウーモがあるんだろうと思います。

 

今回は、当時5歳だった子供(女の子)が自分でウーモの段ボールハウスを作り出したので、僕も一緒に作りました。

ウーモのお家

子供が家の間取りを考えて作ったものですので、作り方はとても簡単です。

 

スポンサーリンク

1.ウーモの家(段ボールハウス)の作り方

【材料】

 icon-check 段ボール(箱のまま)
 icon-check 色紙
 icon-check はさみ、カッター
 icon-check のり
 icon-check うまれて!ウーモの卵の殻   
 icon-check うまれて!ウーモの箱

 

箱の段ボールを家と見立て、その中にベッドソファお風呂を作っていきます。たったこれだけの単純な家なので、幼児でも作れますし、時間も全然かかりません。

家具等

①ベッドをつくる

ベッドのマットの部分は、ちょうどいい大きさの白のクッションがありましたので、それを使っています。そのクッションの大きさに合わせてベッドの枠を作り、色紙を貼り付けたら完成です。

②ソファをつくる

ベッドの横には、ソファを作りました。段ボールをソファの形にカットして、色紙を張りつけただけの簡単ソファです。

ウーモが座ってもいいですし、ウーモが寝ているときは他のフィギアなどを持って来て座らせていました。

③お風呂をつくる

ご存じだとは思いますが、ウーモは自ら卵の殻を叩き割って生まれてきます。生まれた直後の卵は殻がくっついたままで危ないので、殻をすべてきれいに取り除きます。

捨てるのももったいないなぁと思っていたところに、子供が家を作りだしたので、「あ、ここにお風呂として入れよ!」と思い付いたわけです。

ですから、お風呂をつくるといっても、卵の殻をきれいにして置いただけの手抜き(笑)お風呂なんです。

 

④家の周りをウーモの家らしくする

うまれて!ウーモが入っていた箱のデザインを活用して、段ボールハウスの周りに貼り付けます。これでウーモの家ということが分かりますね。子供のアイデアです。

ウーモの家らしく

 

⑤制作時間の目安は、1時間程度です。

 

2.遊び方

うまれて!ウーモは、卵から殻を破って生まれるまでが最大のイベントです。卵が割れるまでの時間はまちまちだと思いますが、うちでは、箱から出して温め始めてから1時間くらいで割れました。割れるときは、中から結構強い力で突き上げがありますのでご注意ください。

 

生まれてからは、お世話するごとに成長していきます。HUGっと!プリキュアのハグたんみたいですね。(僕の個人的感想ですが、ハグたんの方が性能がよいと思います)

 

ウーモは下にローラーがついていて歩きますので、歩かせて遊ぶ時は段ボールハウスの外のスペースのあるところで遊びます。

 

歩かせない時は、段ボールハウスの中で寝かせたり、お風呂に入れたり(卵の中に入れる)しながら、ひとつのぬいぐるみとして遊びます。

 

他のぬいぐるみを入れて一緒に遊んでもいいですね。

 

まとめ

これまでフィギアやぬいぐるみなどのお家を作ってきました。

 

段ボールで作ったフィギアやぬいぐるみのお家

【女の子向け】段ボールでフィギアやぬいぐるみ達のお家を作ろう!
子供が持っているフィギアやぬいぐるみ達のお家を作ってあげたら子供は喜ぶだろうと思い、フィギア等を入れて遊べる空間を段ボールで作ってみました。リビング、ベッド、キッチン、メイク、トイレと5つのゾーンに分け、それぞれ単独でも遊べるし、全部をクリップで繋げてひとつのお家として遊ぶことができるようにしました。

段ボールで作ったプリキュアハウス

【プリキュアハウス】段ボールでプリキュアのフィギアのお家を作ろう!
女の子ならプリキュアにはまる時期がやってくるのではないでしょうか。おすすめのフィギアは、スーパーなどで400円前後ガム付きのおもちゃとして売っています。そのフィギアたちのお家(プリキュアハウス)を段ボールと紙ねんどを使って作ってみました。プリキュアハウスの作り方や遊び方の一例などをご紹介します。

 

これらに比べて、とても簡単なつくりのウーモのお家ですので、小さな子供だけでも作れると思います。あるいは子供と一緒に作ってあげると喜ぶと思います。時間もそんなにかかりません。

 

➡一緒にお読みいただきたい記事

段ボールや牛乳パックを使った手作りおもちゃ 難易度ランキング15(番外編付)
段ボールや牛乳パックなどを利用して、これまで子供のためにおもちゃを手作りしてきました。作ってあげると子供は非常に喜びますが、作る方としてもなかなか大変な作業になります。そこで、これまで作ってきた作品について、作る側としての難易度をランキング化し、一覧にしてみました。コメント付きで紹介しています。番外編もあります。

 

➡子供自身がつくった他の作品はこちらをご覧ください。

お菓子の空箱を使ったビー玉迷路の作り方~子供がメインで作りました!
工作するのに使い勝手がよいお菓子の空箱を使って、5歳の娘が簡単なビー玉迷路を作りました。子供自ら材料を集め作りだしたので、子供の好きなようにやらせて、親としては最低限のサポートに徹しました。5歳児でもできるビー玉迷路の作り方と、親が少し手伝った部分についてご紹介しますので、親子で一緒に作ってみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました