紫外線に気を付ける季節は?春・秋・冬でもUV対策は必要なの?

健康

 

紫外線は太陽の光が届く限り、季節に関わらず降り注いでいます。ただ、紫外線の量は季節によって異なります。冬より夏の方が紫外線の量が多いっていうのはなんとなく分かりますよね。

 

具体的には、紫外線の種類(UV-A、UV-B)によって気を付ける季節が異なりますので、その違いを知っておくとよいと思います。

 

対策すべき時期を知って、適切なUV対策をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

1.紫外線の種類

紫外線については、「紫外線は曇りの日こそ気を付けよ!その理由と日焼け止めの選び方」で説明していますので、ここでは紫外線の種類について簡単に書いていきますね。

 

紫外線はUltra Violet(紫を超えた)の略で、よくUVと言われます。「紫」といっても目に見えるものではありません。(不可視光線)

 

UVにはA、B、Cの3種類があり、UV-Cは大気層(オゾンなど)によって遮断されるため、地表に届くことはありません

 

UV-Bは大部分が大気層で遮断されますが、一部が有害な紫外線として地表まで届き、肌に大きな影響を及ぼします。UV-Bを多く浴びると、日焼け、シミ、しわ、ソバカス、肌の乾燥など肌に悪影響があるだけでなく、皮膚がん白内障などの健康被害を引き起こす可能性が高くなります。

 

一方UV-AはUV-Bほど有害ではありませんが、天候に左右されず年間を通して地表に届きますので、長い時間をかけ肌の真皮まで浸透していき、肌のハリ・弾力を失わせていきます。

 

これらの種類を知った上で、いつぐらいからUV対策をしたらいいのかを見てみましょう。

 

2.対策すべき時期

種類別の紫外線量

UV-A5月頃が最も多いとされていますが、天候に左右されないためUV-Bほど変動はありません。

これに対してUV-B3月から9月にかけて降り注ぎ、特に7月・8月がピークとなります。冬は真夏の5分の1程度まで減少します。

 

UVAとUVBの月別紫外線量

 

春のUV対策

春のイメージ

だんだん暖かくなる3~4月くらいから紫外線の量も増え始めてきます。まだ夏前だと安心しないでしっかり対策をしておきたい時期です。

 

日焼け止めを使う場合、UV-Aから肌を守る効果を示すPAと、UV-Bに対する効果を示すSPFが表記されていますので、この時期はPAの「+」が多いものを選ぶとよいと思います。

日焼け止めの選び方については、「紫外線は曇りの日こそ気を付けよ!その理由と日焼け止めの選び方」をご覧ください。

 

夏のUV対策

夏のイメージ

この時期のUV対策は欠かせません。特に肌を多く露出する季節ですので、日焼け止めはしっかりと塗っておきたいですね。外出する際には、SPFの値が高いものやPAの「+」が多いものを選ぶとよいと思います。

 

また、夏は汗をかいたり、プールや海などにも行きますので、日焼け止めが流れ落ちないよう、ウォータープルーフタイプのものをおすすめします。

 

特に海に行く場合は注意が必要です。砂浜では紫外線が25%反射しますし、水の中であっても95%も透過しますので、海の中に入っていても安心できませんね。

 

紫外線の反射率

出典:環境省「紫外線環境保健マニュアル」

 

秋のUV対策

秋のイメージ

夏に比べて紫外線の量は減るとはいえ、行楽シーズンとなり外出の機会が増えるため注意が必要です。

9月・10月は、真夏の時期の40~70%くらいの紫外線量ですが、その分外にいる時間が長くなれば一緒ですからね。

 

冬のUV対策

冬のイメージ

UV-Bは夏に比べ5分の1くらいに減りますが、UV-Aは夏の2分の1程度ですので、冬でもUV対策が必要といえます。もっとも、冬は厚着をしていますので、露出している顔への対策が中心になるかと思います。

 

冬の紫外線で最も注意してほしいのは、ウィンタースポーツですね。特に雪山でのスキーなどは雪による紫外線の反射がありますから(新雪の場合80%の反射率)、しっかりとUV対策をしていきましょう。

 

※日焼け止め商品をご覧になりたい方

 

 

まとめ

UV対策は夏のイメージが強いですが、春・秋・冬でも必要だということが分かりましたね。

季節ごとに紫外線の量は違いますが、外出時間なども考慮して状況に応じたUV対策を行っていきましょう。

 

紫外線は曇りの日こそ気を付けよ!その理由と日焼け止めの選び方
紫外線と言えば、ガンガン晴れた日を思い浮かべる人が多いかと思いますが、曇りの日でも我々のもとに降り注いでいるんですね。紫外線の仕組みや種類について簡単に説明し、曇りの日こそ気をつけるべき理由や、状況に応じた日焼け止めの選び方などをご紹介していきますので、曇りの日のUV対策にお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました