サザンオールスターズの東京VICTORYを東京オリンピックのテーマ曲に!

役立つ情報

 

サザンオールスターズの「東京VICTORY」という曲をご存知でしょうか?

2018年7月19日発売のSUBARUの新型フォレスターのCMソングとして6月20日よりオンエア中です。

「時を~駆けるよ Time goes round」から始まるこの曲はとても心地よい気分にさせてくれ、CMが流れるとなんだか嬉しい気分になります。

 

最初聞いたときはこの歌のことは知りませんでした。サザンということは分かりますので、ネットで検索して、「東京VICTORY」だと知りました。それから、ユーチューブでミュージックビデオ、ライブ映像などを何度も何度も聴きました。

聴けば聴くほどいい曲で、毎回聴き惚れています。

歌詞の内容もアップテンポなリズムも、東京オリンピックのテーマソングとして採用されたら最高だな、いや採用されるべき曲だと思います。

 

スポンサーリンク

1.2014年にリリースした曲

2014年9月10日にリリースされたサザンオールスターズの55枚目のシングル曲となっています。

作詞作曲は桑田佳祐、この時58歳でつくられています。いやーすごいですね、年代問わず愛されるサザンの曲。

2015年3月31日発売の「葡萄」というアルバムの9曲目に収録されています。

 

また、リリース前の2014年7月19日からは桑田佳祐自身が出演した三井住友銀行のCMソングとしても使用されています。

さらに、2014年と2018年の「アジア大会&世界バレー」のテーマソングとしても採用されています。

 

2.東京オリンピックのテーマソングに最適な理由

この「東京VICTORY」はもともと東京オリンピックを意識してつくられたそうです。

”東京”をモチーフとしているものの、聴き手がそれぞれの故郷を重ね合わせて聴いてみるといいと思います。

 

最初のイントロは静かな立ち上がりで、徐々に盛り上がっていく構成も素晴らしいですね。アップテンポの心地よいリズムがスポーツの祭典には合っていると思います。競技する方も応援する方も気分がノッてきますよね。

 

また、歌詞もオリンピックに合った内容となっています。一例をあげると、

みんな頑張って

それ行け Get the chance!!

応援歌にもなっていますね。

希望の灯火(ともしび)

それは金色(きん)に光る一番星

これは金メダルのことを指していますね。

ビルの街にも Rising sun

Rising sunは日章旗を表しているそうです。

TOKYO, The world is one!!

世界は一つ!まさにオリンピックの理念ですね。

 

このように、サザンオールスターズの「東京VICTORY」は東京オリンピックのテーマソングとして最も合っていると思います。

こんなに素晴らしい曲があるのだから、わざわざ東京オリンピックのために別のアーティストに依頼する必要もありません。

 

NHKの2018年ロシアワールドカップのテーマソングには盛り上がりに欠けるといった否定的な意見もありました。

しかし、この「東京VICTORY」は個人的には非の打ちどころがありません。

 

是非、東京オリンピックのテーマソングとして採用してほしいところです。

 

まとめ

何回聴いても飽きませんし、この曲を聴くと元気が湧いてきます。

最後に、ライブのフルバージョンを載せておきますので、是非フルで聴いてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました