プリキュアショーでプリキュアと一緒に写真を撮るにはグッズの購入が必要!?

女の子に大人気のプリキュア。

今年2018年2月から、「HUGっと!プリキュア」が始まりましたね!

2018年は初代のプリキュアが始まってから15周年なんだそうですね。(子供に教えてもらいました)

僕も子供が女の子じゃなかったら、絶対プリキュアと接点を持つことはなかったでしょうね。なんだか感慨深いです。

さて、HUGっと!プリキュアも歴代のプリキュアに漏れず、全国各地でプリキュアショーを展開しはじめました。

はじめは毎年、1世代前のプリキュアとのコラボダンスパーティーからはじまりますことが多いです。ですから、プリキュアアラモードのプリキュアたちと、HUGっと!プリキュアのプリキュアたちとが新旧入れ替わりという意味を込めて、一緒にダンスして歌います。会場の子供たちも一体となってダンスしますので、会場の子供たちも楽しくダンスしていますよ。

コラボダンスパーティー

子供が楽しむのは大いに結構なんですが、毎回子供の買え替え攻撃に頭を悩まされます。

今回は、プリキュアショーで一緒に写真を撮ったり握手したりする際に、グッズは必ず購入しなければいけないのかを、過去の経験に基づいて検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.プリキュアショーが観られる場所

主に以下の2つが多いかと思います。

①ハウジングセンター(住宅展示場)

②遊園地(よみうりランド、モンキーパーク、浜名湖パルパル、ひらかた方パークなど)

①ハウジングセンター

全国各地のハウジングセンター(住宅展示場)では、小さい子供を持つ働き盛りの世代をターゲットにいろんなイベントを実施していますよね。プリキュアショーなどのキャラクターショーもそのうちの一つです。

新聞広告や、無料の地域情報誌、あるいは展示場前のイベント掲示板などに、プリキュアショーの実施案内が載りますので、要チェックですね!

②遊園地

例えば、関東ではよみうりランド、中部では日本モンキーパークや浜名湖パルパル、関西ではひらかたパークなどでプリキュアショーをやっています。他にもやっている遊園地はたくさんあると思いますので、お住まいの近くの遊園地を調べてみてください。

2.プリキュアと一緒に写真を撮って握手するにはグッズの購入が必要か?

プリキュアショーが終わると、皆さんお待ちかねのプリキュアとの写真撮影、握手会の時間となります。

早い人だと終わる少し前から並び始め、すぐにものすごい行列になります。

子供としては絶対一緒に写真も撮りたいし、握手もしたいですよね。

写真撮影と握手会

でも、親としてはプリキュアグッズを買わされるんじゃないかと不安ですよね。2,000円くらいするグッズもありますから(笑)

概ね400円~2,000円くらいの限定グッズとなります。

写真撮影や握手会がグッズ購入者限定かどうかは会場によって異なるかと思います。

僕の経験則では、

ハウジングセンターでのプリキュアショーは、グッズ販売はしていますが、写真撮影や握手会が終わった後に、買いたい人だけ買うというシステムがほとんどですね。

結局は子供に買わされるパターンが多いですけどね・・・

反対に、遊園地でのプリキュアショーは、グッズ購入者のみ写真撮影や握手会に参加できるシステムが多いと思います。

ちなみに今回は遊園地でプリキュアショーを観ましたので、グッズ購入者限定でしたが、1家族につき400円のサイン色紙1枚でOKでしたので、購入して写真撮影と握手会に参加しました。

サイン色紙

完全な僕の私見ですけど、ちょっと理由を考察してみます。

ハウジングセンターはいかに子供を持つ親に会場まで足を運んでもらうかがポイントなるので、まずは来てもらうハードルを低くする必要があります。写真撮影や握手会にグッズの購入が条件となっていれば、そもそも親が連れて行かなくなるかもしれません。だから、最初のハードルを下げて、買いたい人だけ買っていってくださいねというふうにしているのかもしれません。ハウジングセンター側がプリキュアショーを行う側に多く出演料を払っているのだろうと推測します。

一方、遊園地に関しては、集客イベントの一つとしてプリキュアショーを行いますが、ショーがなくても土日の遊園地はそれなりに人は集まります。また、遊園地に行くような家族はすでにお財布の紐が緩んでいるので、そこを狙ってグッズ購入を条件としているのかなと思います。

勝手な私見なので違っていたらすみません・・・

まとめますと、僕の経験則では、以下のようになりますのでご参考までに。

 icon-check  ハウジングセンターではグッズ購入を条件としないことが多い。

 icon-check  遊園地ではグッズ購入を条件とする傾向がある。

 

まとめ

ケチらず買ってあげるよ、って方にはどうでもいい記事ですね。

僕は過去に1回2,000円のグッズを買ったことがあるんですが、申し訳ないですけど内容的にはそれほどっていうことがあったので、ちょっと抵抗感があるんですよね。

また、教育上買わないって決めている親は、遊園地のプリキュアショーよりもハウジングセンターでのプリキュアショーの方がおすすめです。

子育てをテーマにしたHUGっと!プリキュアですが、そのショーが全国各地で開催されています。悪の組織「クライアス社」の社員パップルに注目してみてください。これまでにないお笑い要素が詰まっていて、今までのプリキュアショーの中で一番面白いです。3人のプリキュアはもちろんのこと、新たなイケメンキャラにもご注目を!
HUGっとプリキュアの「おしゃべりはぐたん」。いっぱいお世話をするとどんどんしゃべる言葉が増えていく成長型のぬいぐるみです。育てていくという楽しみがありますよね。うちの娘もはまっています。そのいろいろな遊び方や、はぐたんの抱っこひもに代わるアイテムなど写真付でご紹介します。