岐阜市の温水プール「プラザ掛洞」はスライダー、大浴場がおすすめ!

岐阜県岐阜市の奥地にある「プラザ掛洞」は、ゴミの焼却熱を利用した温水プールや大浴場がある施設です。岐阜市の中心部(岐阜駅)から行くと、40分ほどかかります。

ここ「プラザ掛洞」の特徴は、温水プール大浴場が併設しているところです。プールで泳いだ後に、大浴場できれいさっぱりと洗い流せるのは嬉しいですよね。

また、温水プールとしては県内最長のウォータースライダーが屋内に備え付けられており、子供は楽しいと思います。ただ、利用制限がありますので、後ほどみていきます。

プラザ掛洞のおすすめポイントや注意点などをまとめましたので、ご覧ください。

スポンサーリンク

1.おすすめポイント

温水プールでは県内最長 らせん状のウォータースライダー

スパイラルスライダー
写真:プラザ掛洞HPより(以下の写真も同じ)

温水プールの屋内にらせん状のウォータースライダーがあります。

温水プールとしては、岐阜県内で一番長い40m、高低差も5mあります。スライダーの中にも水が流れていて、水の流れに乗って結構スピードもでます。

らせん状でカーブが多いため、スリルも満点だと思います。

ただ、利用制限があって、身長120cm以下の子と、高校生以上は利用できませんのでご注意ください。(身長120cm超、中学生以下が利用可)

泳いだあとにさっぱり!大浴場が併設

大浴場

大人(高校生以上)610円中学生以下300円3歳未満無料で、温水プールと大浴場の両方を楽しむことができます。

ちなみにプールだけだと、大人(高校生以上)400円、中学生以下200円、3歳未満無料となっています。

プールで遊んで疲れた後は、一応体を拭いてから水着のままで大浴場まで行くことができます。(もちろん大浴場では水着を脱ぎますが)

大浴場では、体に着いたプールの塩素を洗い流して綺麗さっぱりとし、湯船にゆっくりと浸かって体を癒しましょう。子供も大浴場があると喜んで入ります。

ただ、大浴場にはシャンプーや石けんがありませんので、各自持参するか、受付で借りることもできます。

小さい子には子供プールのゾウさん滑り台がおすすめ!

子供プール

小さい子供に大人気のゾウさん滑り台です。身長120cm以下の子供は、子供プールの真上にあるウォータースライダーを利用できませんので、ゾウさん滑り台で遊びましょう。

はじめは怖がっていた子でも、慣れてしまえば楽しくて何回も繰り返しやっていました。

また、子供プールには浮き輪を持ち込むことが可能ですので、小さい幼児でも安心ですね。

2.注意事項

場所が辺ぴ(中心街から遠い!)

ここ「プラザ掛洞」は下の地図のように、かなり辺ぴな場所にあります。

そのため、車がないと行くことが困難です。JR岐阜駅から車で約40分かかります。

反面、子供だけで気軽に行けないため、混雑することは少ないと思います。

子供プールも、25mプールのフリースペースも他の温水プールに比べて、比較的ゆったりと使えるかと思います。

25mプール

一宮市の温水プール「エコハウス138」はプールの種類が豊富!

大野町の温水プール「ゆ~みんぐ」は独特のウォータースライダーが人気!

床暖房はない

年中利用できますが、冬場は床暖房がある施設に比べて、やや寒い感じがします。むしろプールに入って遊んでいる方が暖かいかもしれません。

ちなみに、上で紹介した一宮市の「エコハウス138」、大野町の「ゆ~みんぐ」は床暖房がついています。

まとめ

プラザ掛洞は、場所は辺ぴなところにあるため、そこまで混まないのがいいところだと思います。身長が120cm超えの中学生以下の子供は、スリル満点のスパイラルスライダーを楽しめますし、何といっても大浴場が併設しているのがおすすめです。

また、プラザ掛洞の近くには、「リサイクルまんが館」があり、市民から寄贈された約2万冊のマンガを楽しめる施設もあります。

プラザ掛洞

岐阜市奥1丁目104番地

058-239-9390

月曜定休日 ※7/21~8/31(夏休み)は無休

■温水プール

 平日   13:00~21:00

 土曜日  10:00~21:00

 日・祝日 10:00~18:00

 夏休み  10:00~21:00

■大浴場

 10:00~21:00

料金

 当日券 大人(高校生以上)410円、中学生以下200円

 共通券 大人(高校生以上)610円、中学生以下300円

 ※共通券はプールと大浴場の両方が利用できます。

 ※毎月第3日曜日(家庭の日)は中学生以下が無料になります。