大垣市民プール 飲食物の持ち込みはOK?名物の砂糖パンが大人気!

プール画像 プールで遊ぶ

 

大垣市民プールは岐阜県大垣市にある大型屋外プールです。真横を東海道新幹線が通りますので、プールで遊んでいると時々新幹線を近くで眺めることができます。

 

大垣市民プールは、例年7月~8月オープンですが、夏休みの土日は大混雑ですね。ほとんどの方が車で来ますので、時間帯によっては駐車場がいっぱいになり、待ちの列ができることもあります。

 

大垣市民プールの人気の秘密は、次の点にあると思います。

  • 飲食物持ち込みOK
  • 屋根付き休憩スペースがあり、カップラーメンやお菓子の自動販売機に加え、なんといっても大垣市民プール名物の砂糖パン
  • 大型スライダーをはじめ、流れるプール滑り台付幼児プール・子供プールといった楽しいプールがたくさん!
  • 料金が安い

 

参考 レジャープールランキング4選【長島プール・モンプル・大垣市・各務原市】

 

もう少し詳しくみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大垣市民プールは飲食物の持ち込みOK!レジャーシートも持っていこう!

大垣市民プールは、食べ物や飲み物の持ち込みが認められています。

長い時間プールにいるとお腹も空きますし、のども乾きます。

小腹が空いたときにちょっとお腹を満たせるようにお菓子を持っていってもいいですし、水筒にお茶を入れて持っていってもいいと思います。

 

お昼をまたいでプールにいる方は、おにぎりなどお昼ご飯となるものを持っていくといいかもしれません。

ただし、夏場の暑いときに食べ物を放置すると悪くなってしまいますので、ご注意ください。

できるだけすぐに食べるか、簡易のクーラーボックスなどに入れて持っていくとよいと思います。

 

プールサイドにはレジャーシートを置いて場所取りできますので、その上で休憩しながら飲食できます。

レジャーシートは持っていくべきアイテムのひとつです!

 

屋根付き休憩所で名物砂糖パンとカップ麺販売!

大垣市民プールの屋根付きの休憩所には、テーブルとイスが備え付けられており、飲食することができます。

 

そして大垣市民プールの名物といえば、やっぱり「砂糖パン」!

4個で100円と激安なこのパンは、長年このプールで親しまれ、小さい子供から大人まで幅広いファンがいます。

 

また嬉しいことに、カップラーメンカップうどんの自動販売機もあり、お湯もついています。

ここはとても人気で、お昼の時間帯には行列ができます。

なぜか外で食べるカップ麺っておいしいんですよね!これを食べに大垣市民プールに来ている子供もいるとか!?

 

さらに、ジュースはもちろん、お菓子の自動販売機もあります。小腹が空いたときにはありがたいですね!

 

テーブルやイスの数も限られていますので、お昼時は大変混雑します。イスに座ってゆっくり休憩したい方は、時間をずらしてみてください。

 

混み合うのが嫌な方は、飲食物持ち込みOKですので、おにぎりなどを持参して、プールサイドでささっと食事をすましてしまうのもよいかと思います。

 

大垣市民プールはスライダーが人気!浮き輪の持ち込みもOK!

2基の大型スライダー(全長約124m)

小学生から大人まで大人気のウォータースライダーです。 全長約124m高さ約14mを誇る地域最大級のこのスライダーは、スリル満点なこと間違いなしです! 

 

ただし、スライダーの最後に勢いよく水深90cmのプールに入りますので、それが怖い子供はやめておいた方がいいと思います。

小学生未満、身長120cm以下の子供は利用できません

 

流れるプール

水深は90cm、幅5m、一周約145mあります。

直径120cmまでの浮き輪持ち込み可能ですので、浮き輪に乗って水の流れに身をまかせてプカプカするのも気持ちがいいですね。

 

小中学生くらいの元気な子供がバシャバシャ泳いだりしますので、小さい子供と一緒の場合は少し気をつけてください。

 

滑り台付幼児プールと子供プール

幼児用プールは水深40cmで浅いですので、小さい子供でも安心です。

なお、オムツをしている幼児は、水遊び用のオムツの上にさらに水着を着ることとなっています。

幼児用のプールには2基の象さん滑り台があり、身長120cm以下の子供が滑ることができます。小さい子供が何度も繰り返し滑っている姿はとても微笑ましいですね。

 

幼児プールとつながっている子供プールは、水深60cmです。まだ水に慣れていない子はここで遊ばせるとよいでしょう。顔付けが苦手な子は顔付けの練習でもいいですね。

その他(25mプール、50mプール)

水深0.9m~1.1m25mプールには、泳ぎの練習をしている子供がいますので、ビーチボールや浮き輪などで遊ぶ場合は邪魔にならないようにしましょう。

この25mプールまでがレジャー用のプールになっています。

 

50mプールは競技用のため、行き来できないようなっています。

 

大垣市民プールは料金が安い!

大垣市民かそれ以外かによって料金が異なります

入口のところにある券売機でチケットを買うんですが、特に大垣市民であることの証明を求められることはないですね。自己申告制となります。

未就学児は無料となっています。

 市内に住んでいる人市外に住んでいる人
一般300円600円
高校生200円400円
小中学生・65歳以上100円200円

料金が安いので、地元の小中学生などが気軽に来られるのも人気の秘密ですね!

 

(参考)

住 所大垣市新田町1丁目1番地
電 話0584-89-3211(利用期間中のみ)
営業期間7月~8月(無休)
営業時間10:00~18:00
駐車場無料(372台)

※小学校3年生以下の方は、保護者同伴でないと入場できません

 

まとめ

大垣市民プールは、新幹線好きにはたまらないローケーション。また交通アクセスも悪くないといったおすすめポイントもあります。

 

なにより、ここ大垣市民プールに行った暁には、是非名物砂糖パンを食べてみてください。なんとなく懐かしい味がすると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました