長島スパーランド プールの5つの割引方法と前売り券で混雑回避!

プールで遊ぶ

 

長島スパーランドのジャンボ海水プールは、7月上旬~9月下旬までの夏季限定でオープンする、子供から大人まで大人気の大型プールです。

 

長島スパーランド内にあるため、長島スパーランドへの入園料も必要となり、ジャンボ海水プールで遊ぼうと思うと結構料金がかさみます。

 

長島スパーランドへの入園料とプール利用料を別々で買うこともできますが、お得になったセット料金がありますので、通常はそちらを購入することになります。

 

ジャンボ海水プールを利用する場合の割引について調べてみましたので、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

長島スパーランドジャンボ海水プールの料金

ジャンボ海水プールを利用するには、いくつかのパターンがあり、料金も異なってきます。

長島スパーランドはジャンボ海水プールだけでなく、迫力満点のジェットコースターなど遊園地のアトラクションも楽しめます。

そのため、下の②③のようなパターンもあり得ますね。

① ジャンボ海水プールのみを利用するパターン

② ジャンボ海水プール+のりもの乗り放題パターン

③ 遊園地入場後にプールを利用するパターン

 

 大人(中学生以上)小学生幼児(2才から)
①ジャンボ海水プール
一般入場券(入園+プール)
3,700円2,700円1,500円
②ワイドパスポート
(入園+プール+乗り放題)
6,400円4,800円2,800円
③プールチケットのみ(※)
(遊園地入園済)
3,000円2,100円1,200円

 

※③については、年間パスポートを持っているか、入園料がタダになる割引券などがある場合が想定されます。別々に購入すると①より高くなるからです。

(参考)入場券のみ

 大人(中学生以上)小学生幼児(2才から)
入場券(通常)1,600円1,000円500円
15時以降割引1,200円800円400円

 

①のジャンボ海水プール一般入場券は、ナガシマスパーランド入園+プール利用で大人3,700円です。別々で買うと大人4,600円にもなりますので、900円もお得ですね!

 

年間パスポートを持っている方や、入園料がタダになる割引券を持っている方がプールを利用する場合は、③のプールチケットのみを購入するのがお得ということになります。(年間パスポートだけではプールの利用はできません)

 

長島スパーランド プールの料金割引の5つの方法

①金券ショップ

①のジャンボ海水プール一般入場券が、200円~700円ほどの幅で割引されて販売されています。夏休み期間など人気の時期は割引率が低い傾向があります。

すぐに売り切れてしまうこともありますので、見つけたら即ゲットしておくとよいと思います。

お近くの金券ショップで探してみてください。

 

②ヤフオク、メルカリ

ネットで探すなら、ヤフオクやメルカリで安く出品されています。

郵送に時間がかかるため、すぐに欲しいという方には向いていません。ある程度時間の余裕を見て買うことが必要ですね。

 

③デイリーPlus

デイリーPLUS」はYahoo!JAPANが運営する会員制のお得な割引優待サービスのことです。会員制ですので、会費が月額540円必要となります。が、それを差し引いてもお得なチケットがたくさんありますので、すぐに元は取れてしまいますよ。また、2か月間無料でお試しできます。

 

①のジャンボ海水プール一般入場券が会員限定価格で販売されています。

★枚数限定かつ先着順で販売

大人(中学生以上)

3,700円 ➡ 2,000円(1,700円お得!)

小学生

2,700円 ➡ 1,400円(1,300円お得!)

幼児(2才以上)

1,500円 ➡  800円( 700円お得!)

これは相当お得ですね。これを買えなかったとしても、通常の割引もあります。

大人(中学生以上)

3,700円 ➡ 2,960円(740円お得!)

小学生

2,700円 ➡ 2,160円(540円お得!)

幼児(2才以上)

1,500円 ➡ 1,200円(300円お得!)

これでも相当お得ですよね。

注意点は、チケットを購入してから手元に届くまでに時間がかかりますので、余裕をもって購入手続きをしておきましょう。

 

④駅探バリューDays

駅探バリューDays」は、乗り換え案内サービスなどを提供する駅探が運営している会員限定の割引優待サービスです。デイリーPlusに比べて、月額が324円と少し安くなっています。

 

先ほどのデイリーPlusとはサービス内容は実は一緒なんです。両方ともサービスの提供元が「ベネフィット・ワン」という福利厚生を提供する会社なんですね。

ですから、会員限定価格もデイリーPlusと一緒ということになります。

 

⑤会社の福利厚生

東海地方あるいは関西地方に勤めている方は、会社の福利厚生を調べてみてください。

会社によってまちまちかと思いますが、私が確認できたところでは、自己負担額が大人2,000円(1,700円お得!)、小学生1,400円(1,300円お得!)、幼児(2才~)800円(700円お得!)というところがありましたので、かなりお得に行けると思います。

 

是非調べてみることをおすすめします。

 

前売りチケット購入で混雑回避

前売りチケットの割引はありませんが、仮に上記で割引を受けられなかったとしても、前売りチケットを購入してから行くことをおすすめします。

なぜなら、ものすごく混雑するからです。まず駐車場に停めるのに行列、チケットを購入するのに行列に並ぶとなると、プールに入る前に疲れてしまいます。

その点、前売りチケットを持っていれば並ぶことなくスムーズに入場することができるからです。

 

前売りチケット販売店

・ファミリーマート

・サークルK・サンクス

・セブンイレブン

・湾岸長島PA(パーキングエリア)の売店 

 

関連記事

長島スパーランド プールの混雑を避けるためのポイントは?

 

 

まとめ

長島スパーランドのジャンボ海水プールは楽しいですが、料金が若干高いのがネックですね。

 

少しでも安く行ける方法についてご紹介してきましたが、デイリーPlusや会社の福利厚生が割引幅が結構大きいですので、利用してみる価値はあると思います。

 

当日は非常に混雑しますので、現場でチケットをするのではなく、割引の有無にかかわらず、あらかじめ買っておくとよいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました