【岐阜】長良川温泉が温泉総選挙「女子旅部門」第1位の気になる理由とは!

温泉 岐阜公園と周辺

温泉

岐阜県の温泉と言えば、下呂温泉が有名ですね。兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並ぶ日本三名泉のひとつと称されています。また、岐阜県の飛騨地方には奥飛騨温泉郷があったりと、岐阜県は温泉の宝庫であると言えます。

 

そんな温泉王国の中でも、密かに人気が急上昇している温泉があるのをご存じでしょうか。

 

それは長良川鵜飼で有名な、岐阜市長良川温泉です。

 

なんとこの長良川温泉、「うるおい日本プロジェクト」が主催する「温泉総選挙2017女子旅部門において、堂々の1位に輝いています。

ちなみに、これを記念して、2018年のぎふ長良川鵜飼では「女子旅クルーズ」と称して、月に1回女性専用船が運航します。

 

それでは、長良川温泉のどこがそんなにいいのか、チェックしてみましょう。

 

スポンサーリンク

長良川温泉のはじまり

かつて織田信長も城主となった岐阜城がそびえ立つ岐阜市の金華山。

 

その麓に流れる清流長良川に沿って、軒を連ねる7軒のホテル・旅館。ここで美しい景色を眺めながら、長良川温泉を楽しむことができます。

 

長良川温泉がある岐阜市は、下呂温泉や草津温泉のように昔から温泉街として発展した町ではありません

ここ長良川はなんといっても、鵜飼が有名です。舞妓・芸妓さんの踊りを鵜飼観覧船で楽しむ「川遊び」が、岐阜を訪れた人たちを楽しませてきました。昭和40年代、宿泊客をもっと楽しませるために、近隣で温泉の採掘をし、長良川温泉が誕生しました。

 

長良川温泉の特徴

鉄分を豊富に含んでいます。

 

□源泉は無職透明ですが、大気に触れると徐々に赤い濁り湯に変化します。

 

【鉱泉】単純鉄冷鉱泉

 

【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、 疲労回復、健康増進

 

女性に人気!?

全国83の温泉地がエントリーした中で、長良川温泉は、「女子旅」、「歴史文化」、「健康増進」の3部門にエントリーし、「女子旅」部門で見事1位に輝いています。女子旅におすすめの温泉地として最多の票を集めた理由、気になりますよね。なぜこんなに女性に人気があるのでしょうか。

 

理由① 長良川温泉若女将会

長良川温泉の旅館・ホテルの若女将と女性スタッフで構成される若女将会。2005年に発足して以来、女性ならではの目線でこの温泉地を盛り上げようと活動しています。

 

観光PR、イベント企画、ブログやSNSを使った情報発信など、女性の感性を活かしてきめ細やかな「おもてなし」が同じ女性の心を掴んでいるんですね。まあ、女性に限らず男性の心も鷲掴みですけどね(笑)

僕も十八楼には何度かお邪魔しているんですが、女性スタッフのおもてなしは素晴らしいものがあります。

 

理由② 長良川温泉泊覧会(長良川おんぱく)

長良川おんぱくでは、その開催期間内に100以上のプログラムの中から、長良川流域ならではの食・文化・遊びなどを体験できます。

 

地元に暮らす普通の人たちが企画・ガイドすることが、地域に密着したこの地でしか体験できない魅力的なプログラムをつくりあげているんですね。

 

また、女性向けのプログラムも多く、例えば1点もののアンティークキモノの着付・レンタルなんかもしているんですね。着物を着て、風情ある街並みを歩く女性って画になりますよね。そういったことも女性の心を掴んでいるんだと思います。

 

理由③ 周辺には見どころいっぱい!

長良川温泉周辺には岐阜市の観光スポットが集中しています。

 

岐阜といったら長良川鵜飼
毎年5月11日~10月15日の期間は、鵜飼休みの1日(中秋の名月)を除き、毎日開催されています。鵜飼を開催していない期間でも、「うかいミュージアム」で鵜飼のことをよく知ることができます。

ぎふ長良川鵜飼の予約方法、割引、雨での開催、持ち物等気になる疑問を解決!
ぎふ長良川鵜飼に行かれる前に、疑問点にしっかり解決していきましょう。長良川鵜飼にはどんな割引制度があるのか、集合時間、開始時間、終了時間はいつなのか、雨の日でも開催されるのか、いつの時期が混むのか、持っていくものは何か、食事はどうするのか、等々疑問を一気に解決して、万全の態勢でぎふ長良川鵜飼に臨んでください!
ぎふ長良川鵜飼をより楽しむための耳よりな豆知識10選【保存版】
「ぎふ長良川鵜飼」は全国的にとても有名です。全国では11箇所鵜飼をやっている地域がありますが、岐阜市の鵜飼は他の地域に比べていろいろと面白い特徴を持っています。1,300年以上も前から受け継がれている長良川鵜飼の豆知識を知っていると、鵜飼観覧がより楽しめると思います。厳選した10つの豆知識をご紹介します。

 

長良川温泉界隈には、昔ながらの奥行きある日本家屋が建ち並ぶ風情あるまちなみの「川原町」があります。

岐阜・川原町の人気スポット15選|鵜飼、川原町屋、泉屋、文化屋など
岐阜市の長良川河畔に広がる昔ながらの町家が建ち並ぶ川原町。川原町の成り立ちからその特徴、御菓子処や、町家を改装したおしゃれなカフェ、ちょっと贅沢なレストランなどなど、川原町の魅力をたっぷりとお伝えします。のんびりと散策するには最適な場所で、ノスタルジックな気分に浸れること間違いなしです。

またちょっと見上げると、あの織田信長も10年間天下統一の足がかりとした岐阜城があり、その眼下には歴史公園として整備されている岐阜公園、世にも珍しい昆虫を展示している名和昆虫博物館などなど、長良川温泉近くには見どころがいっぱいです。

岐阜城・岐阜公園とその周辺のおすすめ観光スポット20選【まとめ】
岐阜公園とその周辺は岐阜市の一大観光スポットとなっており、見どころ、遊ぶところがたくさんあります。岐阜市へ初めて来る方はもちろん、市内在住の方でも気軽に遊び場所が見つかるよう、おすすめスポットを簡潔にまとめました。是非参考にして岐阜の魅力を満喫してみてください。

 

足湯・手湯

足湯

足湯

石金(ホテル)には無料で入れる足湯があります。

鵜舟をモチーフとした湯船に入った赤褐色の温泉に、足を入れるととっても温まります。金華山を登山した後なんかに入ったら最高ですね。疲れが本当に取れますよ。

 

入口が少しわかりづらいですが、石金さんの正面玄関の右手に階段があります。階段を上ると足湯が見えますので、靴下を脱いで自由に入ることができます。タオルがありませんので、タオルを持っていくことをお忘れなく!

手湯

手湯

十八楼さんの前には、手湯があります。こちらはとても気軽に温泉に触れることができます。寒い時期なんかはちょっと触れるだけでも気持ちいいですよ。

通り沿いにありますので、誰でも自由に、もちろん無料で手湯できます。お近くを通ったときには是非お試しあれ!

 

その他の評価

観光経済新聞社主催「にっぽんの温泉100選」に5年連続で選ばれています

 

長良川温泉7軒の特徴(おすすめ)

長良川温泉 十八楼

長良川を一望しながら入る贅沢な温泉。明治時代の蔵を利用した「蔵の湯」がおすすめ。従業員の質の高さにも定評あり。

<日帰り温泉>(要確認)

入浴料=大人1000円、小人500円(タオル付)

14:00~20:00

長良川温泉 ホテルパーク

最上階にある大浴場露天風呂からは長良川・金華山が一望できる素晴らしいロケーション。

<日帰り温泉>【要予約】

入浴料=1000円(タオル付)

13:00~16:00

長良川観光ホテル 石金

岐阜市で唯一の足湯を無料で堪能。

<日帰り温泉>(要確認)

入浴料=1000円(タオル・貸バスタオル付)

12:00~16:00

長良川温泉 岐阜グランドホテル

夜にはライトアップした岐阜城と、長良川を同時に眺望。

<日帰り温泉>【要予約】

昼食+入浴=3000円・4500円(貸タオル・貸しバスタオル付)※ランチの方は+800円で入浴可

13:00~15:00

鵜匠の家 すぎ山

鵜飼を目の前で観ることができる最高の立地。

<日帰り温泉>(要確認)

1000円(タオル付)

11:30~15:00

長良川温泉 きんか

岐阜公園の隣に佇む、木の温もりを感じさせる和風宿。

料理の見た目、味、満足感には定評あり。

岐阜都ホテル

ハイグレードなくつろぎの空間。

大浴場はないため、長良川温泉を楽しむには、他の旅館・ホテルを利用。

 

まとめ

長良川温泉はおもてなしも素晴らしいし、女性に嬉しいサービス、また周辺には見どころいっぱいの観光スポットがあります。

 

いつの時期来ても満足できると思いますが、やっぱり鵜飼開催中の5月11日~10月15日、長良川おんぱくが開催される10月、11月がおすすめですね!

 

川原町・岐阜公園周辺の観光スポットに関する記事一覧はこちらをご覧ください。

岐阜城、鵜飼、岐阜公園周辺の観光スポットに関する全21記事まとめ
岐阜市の観光は岐阜公園周辺に集中しています。金華山山頂にある「岐阜城」や全国でも名高い「ぎふ長良川鵜飼」をはじめ、江戸時代からの町並みを散策できる川原町、日本三大仏のひとつと言われる岐阜大仏など、これらに関する記事をまとめて、ミニサイトマップを作りました。このサイトから気になる記事へアクセスできます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました