モンプルへの持ち込みOKなものは?持っていくと便利なものをご紹介!

モンプル巨大バケツ日本モンキーパーク

 

愛知県犬山市にある遊園地「日本モンキーパーク」では、夏季限定でプールがオープンします。

通称「モンプル」といって、そこまで広くはありませんが、楽しく水遊びができるとあって連日混雑します。

モンプル全体
写真:日本モンキーパークHPより

特に、オープン時期の土日祝日には子供連れの親子を中心に、カップルや友達同士でモンプルは大混雑となります。

 

モンプルへ持ち込みできるものや、持って行くとよいものなどについてまとめましたので、参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

モンプルへ食べ物・飲み物は持ち込みできる?

プールエリアの入口付近には、焼きそばやイカ焼きなどおいしそうな屋台がありますが、ものすごい行列ができます。

並んでみるとわかりますが、まとめていくつか買う人が多いので、全然前に進んでいきません。

行列の長さにもよりますが、お昼時になると暑い中30分~60分ほど並ばなければ買えません。

確かにおいしそうでそそりますが、はっきり言って並ぶだけ時間の無駄だと思います。

 

でもお昼を挟む場合はお腹が空きますよね。

モンプルへは食べ物や飲み物の持ち込みができますので、おにぎりや簡単なおかず、お菓子、飲み物などを家から持参するのがおすすめです。

 

真夏日なんかは腐ってしまいますので、クーラーボックスなどに入れて持ってくるとよいと思います。

 

屋台は常に混んでいますが、売店は昼時を外せば比較的空いていますので、ジュースやアイスなどは売店で調達してもよいでしょう。

小銭も用意しておくとよいですね。

 

 icon-angle-double-right モンプルの近くの各務原市民プールは飲食物の持込みが禁止!?

モンプルへはレジャーシートを持っていくと便利!

モンプルには、グリーンシートといって、有料の屋根付き休憩スペースがあります。ただ、平日4,000円土日祝日は5,000円もかかるため、なかなか気軽に利用できるものではありません。

 

モンプルの入口付近には、キャラクターショーなどを開催する屋根付きのイベント広場があり、プールの時期はそこを休憩スペースとして開放しています。

また、その近くにも無料の屋根付きの休憩スペースを設けています。

 

これらは完全に早いもの勝ちなので、オープンと同時くらいに行ってレジャーシートで場所を確保する必要があります。

 

この休憩スペースがあるのとないのとでは、モンプルをゆっくりと楽しめるかが変わってきます。

せっかくお弁当やお菓子などを持参するのなら、シートの上でゆっくりと食べたり飲んだりしたいですよね。

 

浮き輪、フロート(浮き具)、ゴーグルを忘れずに!

モンプルに入るのにキャップをかぶる必要はありません。もちろんかぶってもOKです。

 

流れるプールでは、浮き輪フロート(例えばイルカの形をした浮き具など)を持っていくとより楽しめると思います。

ただし、2m以上の大きなフロートの持込みは禁止されていますので注意しましょう。

 

子供の兄弟がいる場合は、それぞれに浮き輪かフロートがないと喧嘩になってしまいますので、兄弟分用意してあげるとよいと思います。

 

また、モンプルには8mの高さから超巨大バケツに貯まった1トンの水が落ちてくるウォータージャングルというものがあります。バケツの近くに行くと思いっきり水がかかりますので、ゴーグルをしていると目に水が入るのを防げます。

モンプル巨大バケツ
写真:日本モンキーパークHPより

流れるプールでもゴーグルをしていれば、潜って泳ぐこともできるし、水がかかっても平気なので、何かと便利です。

 

参考 レジャープールランキング4選【長島プール・モンプル・大垣市・各務原市】

 

まとめ

最後に整理すると、

【混雑対策】として、

 icon-check 飲食物(お菓子含む)はお腹が空いたらいつでも食べれるよう持参するとよい。

 icon-check レジャーシートは休憩スペース確保のため持っていくとよい。

 

【より楽しむため】に、

 icon-check 浮き輪やフロート、ゴーグルを持っていくとよい。

 

出かける前に今一度チェックしてみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました