美濃加茂で1日遊ぶなら、モンテールの工場見学と「ぎふ清流里山公園」で決まり!

岐阜県の美濃加茂市には、シュークリームやエクレアでおなじみのモンテールの製造工場があります。その工場では、なんと無料で誰でも工場見学ができるんです。

そして、モンテール美濃加茂工場のすぐ近くには、旧日本昭和村から名称を変えて2018年4月8日に新たにオープンした「ぎふ清流里山公園」があります。こちらも入園料は無料となっています。

子供と一緒にお出かけしてもいいですし、カップルにとっては楽しいデートコースになると思います。

今回は、この2つのスポットのベストな回り方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.【午前】モンテールで工場見学→【午後】「ぎふ清流里山公園」がおすすめ!

モンテール美濃加茂工場の見学は、いつでも自由にできるわけではなく、完全予約制で前日までに予約を入れる必要があります。

見学時間は以下のとおりで、平日なら1日2回、土日祝なら1日4回設けられています。

平日

10:30~11:00、14:00~14:30

土日祝

10:30~11:00、11:00~11:30
14:00~14:30、14:30~15:00

できるだけどちらも楽しむなら、午前にモンテールで工場見学午後に「ぎふ清流里山公園」コースがおすすめです。

モンテール美濃加茂工場では、直売店でお得なアウトレット品を買うことができます。早く行かないとすぐ売り切れてしまうほど人気です。その他のモンテール商品も安く買えますのでおすすめです。また、モンテール美濃加茂では30分程度の工場見学もできますが、事前予約が必要ですので予約方法や注意事項などをご紹介します。
「ぎふ清流里山公園」が2018年4月8日にオープンしました。以前は平成記念公園「日本昭和村」だったところが、入場料無料となってリニューアルした形となります。ぎふ清流里山公園となって日本昭和村からどう変わったのか、またぎふ清流里山公園の魅力(見どころ)や駐車場の情報などをご紹介します。

工場内の直売店で販売されるお得なアウトレット品(例:1000円で2000円相当の商品)が目当てなら、開店時間の10時前には到着するように行くとよいと思います。

とりあえず目当てのものだけ買ったら、10:30からの工場見学の場合は10分前に受付を済ませておきます。なお、買ったものは預かってもらえますので店員さんに声をかけてみてください。もっといろいろ買いたいという方は、工場見学のあとにゆっくりと買い物できます。

11:00からの工場見学の場合は、ゆっくりと直売店のモンテール商品を選ぶことができますね。(10分前に受付をお忘れなく!)

買ったものが傷まないように、クーラーボックスなど保冷できるものを持っていくといいと思います。

工場見学が終わったら、「ぎふ清流里山公園」に移動します。車で10分程度で移動できます。

お昼くらいに里山公園につけば、園内で昼食をとって、午後はゆっくりと公園を散策したり、○○作りなどの体験をしたりして十分満喫できます。

【参考】ぎふ清流里山公園の開園時間

3月~11月

9:00~18:00

12月~2月

10:00~17:00

参考までにスケジュールの例を作ってみたので参考にしてみてください。

 9:45 モンテール美濃加茂工場到着

10:00 直売店オープン、アウトレット品の購入

10:20 工場見学の受付

10:30 工場見学開始

11:00 工場見学終了、直売店で買い物

11:30 モンテールから「ぎふ清流里山公園」へ移動

11:40 里山公園到着

12:00 農家レストラン「やまびこ」で昼食

13:00 園内散策、見学、体験、アトラクションなど

17:00 足湯

17:30 帰宅

2.【午前】「ぎふ清流里山公園」→【午後】モンテールで工場見学

逆のルートの場合は、ちょっと忙しい感じがしますが、こちらのスケジュール例も考えてみましたので参考にしてみてください。

 9:00 「ぎふ清流里山公園」到着

13:00 農家レストラン「やまびこ」で昼食

14:00 里山公園からモンテール美濃加茂工場へ移動

14:20 工場見学の受付

14:30 工場見学開始

15:00 工場見学終了、直売店で買い物

15:30 帰宅

まとめ

モンテール美濃加茂工場と「ぎふ清流里山公園」は近距離にありますので、親子、カップル、夫婦で楽しめるコースだと思います。

ただ、モンテールの工場見学は土日祝は早めに予約をしないと埋まってしまいますので、行こうと考えている方は事前に空き状況を電話で確認されるといいと思います。

それでは。