Googleマップの任意の場所にピンを表示し、ラベルをつける方法

Googleマップで住所を入力して検索したのに、ピン(マーク)が目的地にドンピシャで表示されない(少しずれて表示される)場合ってありませんか?

ピンをマウスで動かそうとしても動かない、右クリックをしてみたけどこの後どうすればいいか分からず困った経験があると思います。

僕もその一人でした。ただ、分かれば非常に簡単に解決できますのでご安心を!

今回は、Googleマップの任意の場所にピンを表示し、そのピンの場所に分かりやすい名前(ラベル)を付ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.Googleマップの任意の場所にピンを表示

Googleマップで場所を表示する際、住所あるいは地名・施設名などで検索すると思います。

このとき、ピンポイントで表示されれば問題ないのですが、例えば遊園地の正門付近にピンを表示してほしいのに北門付近に表示されてしまうといったことや、山奥で住所が分からないような場所にピンに表示させたい場合など、好きな場所にピンの位置を変更したい場面って結構あると思います。

やり方さえ分かってしまえば、5秒でできちゃう簡単な方法です!

① ピンを表示させたい任意の場所で右クリックし、「この場所について」をクリックしてください。

この場所について

② グレーの小さなマークが表示され、地図の下の方に数字の羅列が表示されます。これは、この場所の緯度・経度を表しています。左側のNの方が緯度、右側のEの方が経度ですね。

緯度経度

緯度・経度(数字)をクリックすると、グレーのマークが赤いピンに変わります。

ピンが赤色に

 icon-check-square これで任意の場所にピンを表示することができました。

【応用】任意の場所にピンを立てて、サイトに地図を埋め込んでみよう!

「共有」をクリックしてください。

共有

地図のサイズを選択し、地図を埋め込むためのHTMLコードをコピーします。

埋め込みコードのコピー

WordPressのテキストモードで、コピーしたHTMLコードを貼り付けます。

コードの入力

これでサイトに地図を埋め込むことができましたので、確認してみましょう。

確認

関連記事

 icon-check 地図を埋め込もう!HTMLコードをコピペする方法、プラグインMapPressを使う方法

 icon-check 複数ピンをまとめて表示して、地図を埋め込む方法

2.ピンで表示された場所の名前(ラベル)を付ける

緯度・経度で場所を示されたってどこだか分からないですよね。そこで、好きな名前、分かりやすい名前(ラベル)を付けておきましょう。

自分の備忘録にもなって地図の管理にも役立つと思います。

ラベルを付けるには、GoogleマップにGoogleアカウントでログインしていることが前提となります。ログインしていない場合は、下の図のような「ラベルを追加」ボタンが表示されません。

① 任意の場所にピンを表示した後、「ラベルを追加」をクリックしてください。

ラベルを追加

ピン横に表示する名前あるいは説明をテキストボックスに入力し、「ラベルを追加」をクリックしてください。

ラベル入力

地図上にラベルが追加されているか確認してください。

ラベル確認

 これでピンで表示された場所の名前(ラベル)を付けることができました。

なお、ラベルは非公開となっており、サイトに埋め込む設定はできないようです。

3.再表示 or 削除

追加されたラベル付位置(ピン)は以下の場所にあります。

メニューから「マイプレイス」をクリックしてください。

メニュー 

マイプレイス

先ほどつけたラベルがここにあります。ラベルの名称をクリックすると再表示し、「×」をクリックするとGoogleドライブのゴミ箱に移動されます。(なお、完全に消す場合はGoogleドライブのゴミ箱からも削除する必要があります)

追加ラベル

まとめ

任意の場所にピンを表示しても、場所が示されないのではあまり使い勝手がよくありません。

今回ご紹介した方法で、分かりやすいラベルを作って、上手く地図を使いこなしましょう!

それでは。