【ナガシマ・モンプル・大垣・各務原】おすすめのレジャープール4選

屋内プールもいいけど、夏はやっぱり夏の間しかオープンしない屋外プールで遊ぶのが醍醐味ですよね。外は暑いけど、冷たいプールに入ったときのあの気持ちよさは何とも言えません!

岐阜市にはスライダーや流れるプールなどがある大型の屋外レジャープールはありません。でもその周辺には、遊園地内にある種類豊富なプールや、安い料金で楽しめる大型市民プールがいくつかあります。

その中でも、遊園地のプールを2つ、市民プールを2つ、合計4つのおすすめの屋外レジャープールをご紹介します。

スポンサーリンク

1.おすすめの大型屋外プール4選

No.1 ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール

住所三重県桑名市長島町浦安333番地
電話0594-45-1111
料金ジャンボ海水プール一般入場券(入園+プール)
大人:3,700円、小学生:2,700円、幼児(2才~):1,500円
割引情報についてはこちらをご覧ください。

おすすめ
ポイント

ナガシマスパーランドのジャンボ海水プールは、必ず混むと分かっていても多くの人が遊びに行くほど、魅力いっぱいのプールです。日本のみならず世界最大級のアトラクションプールとなっています。

9つの迫力満点のウォータースライダー
・幼児、小学生向けの2つの小型スライダー
・小さい子供も楽しいウォータージャングルジム
・3トンもの水が一気に落ちる世界最大級の巨大バケツ
・流水プール、激流プール、波の出るプール
・子供専用のスパキッズ(屋内)

どんなものか写真を見たい方は公式HPで確認してみてください。

ジャンボ海水プールは特に夏休み期間の土日、お盆あたりが非常に混み合います。
混雑を避けたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

>>ナガシマスパーランド プールの混雑を避けるにはこの時期・時間がおすすめ!

No.2 日本モンキーパーク モンプル

住所愛知県犬山市大字犬山官林26
電話0568-61-0870
料金プールのみを利用する場合(入園料+プール料金)
【入園料】
 大人(中学生以上):1,100円
 2才~小学生:600円
【プール料金】
 2才~:一律800円
モンプルへお得に行く方法はこちらをご覧ください。

おすすめ
ポイント

ナガシマスパーランドのジャンボ海水プールほど広くはありませんが、各種アトラクションがあり、子供から大人まで楽しめます。

子供連れのファミリー向けのプールだと思います。客層もファミリーが圧倒的に多いですね。水深15cmの浅瀬もありますので、小さい幼児も安心に遊べます。

幼児も滑れる5つのスライダー
・全長80m、高さ15mの眺め最高のスリリングスライダー
・巨大バケツから1トンの水が落ちるウォータージャングル
・流水プールの中にあるロッククライミング
・プールデビューに最適「チビッ子ガーデン

写真を見たい方は、公式HPで確認してみてください。

モンプルをより楽しむために、持っていくとよいものをまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください。

No.3 大垣市民プール

住所大垣市新田町1丁目1番地
電話0584-89-3211(利用期間中のみ)
料金市内在住の方(市外在住の方)
一 般:300円(600円)
高校生:200円(400円)
小中学生・65才以上:100円(200円)

おすすめ
ポイント

市民プールなので、料金が安いのがいいですね。気軽に行けます。

また、市民プールなのに、大型スライダーや幼児プール、流水プールなど非常に充実しています。

大垣市民プールでの一押しは、4個入りで100円の名物砂糖パンです。売り切れ必死ですので、ここに行ったら是非食べておきたいですね。

・全長124m、地域最大級の大型スライダー2基
・滑り台付き幼児プール
・一周145mの流水プール(浮き輪持ち込みOK)
飲食物持ち込みOK!
名物砂糖パン

大垣市民プールの人気の秘密については、こちらの記事をご覧ください。

No.4 各務原市民プール

住所岐阜県各務原市鵜沼小伊木町4丁目300
電話058-370-6506
料金大人800円、高校生500円、小中学生300円
幼児は保護者同伴につき無料

おすすめ
ポイント

こちらも大垣市民プール同様、市民プールにもかかわらず、流水プール、スライダー、幼児プールなど非常に充実しています。

プール内には原則飲食物の持込みは禁止ですが、食堂や自販機などがあり、食べ物には困りません。

1周180mの流水プール(浮き輪持ち込みOK)
大型スライダー2基と初心者向けスライダー
・児童用プールの5連型滑り台
食べ物、飲み物が豊富(食堂あり)

各務原市民プールの特徴などについては、こちらの記事をご覧ください。

最後に

ご紹介した4つともそれぞれに特徴をもったプールです。すべて制覇していみるのも面白いと思いますので、チャレンジしてみてください。

屋外ですので紫外線対策をお忘れなく!

季節ごとの紫外線(UV)対策は必要なのか。真夏に最も多く降り注ぐ紫外線ですが、春でも秋でも冬でも量は違いますが確実に降り注いでいます。季節ごとに注意すべきポイントを踏まえたUV対策をまとめましたので、参考にしてみてください。冬でもある場所ではとっても危険!?