仮面ライダービルドショーの見どころと、握手会・写真撮影会のレビュー

男の子に大人気の仮面ライダービルド。日曜日の9時からTV放映されています。うちの3歳の息子も仮面ライダービルドの大ファンです。この前まで恐竜が大好きだったのに、いつの間にかビルド、ビルド言っていましたね。

そんな仮面ライダービルドのキャラクターショーが全国各地で開催されています。遊園地やハウジングセンターが定番だと思いますが、うちの息子はこの2カ月の間に3回も行っています。(ハウジングセンター、日本モンキーパーク、日本モンキーパーク)

娘の大好きなプリキュアショーは何度も行っているんですが、息子の仮面ライダービルド熱は最近ということもあって僕もはじめてビルドショーに行きました。一言感想を言うなら、「おもしろい!」ですね。

そんな仮面ライダービルドショーの見どころをご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.観客の子供とじゃんけん大会

仮面ライダービルドショーは、ヒーローのビルド達が悪党をやっつけて終わりというだけではありません。

観客、特に子供と一体となって会場を盛り上げてくれます。

そのひとつとして、ビルドが観客席まで来て、子供たちのすぐ近くでなぜかビルドとのじゃんけん大会が開催されます。

ビルドじゃんけん

うちの家族が行った時は雨が降っていましたので(会場は屋根付き)、観客は非常に少なかったのが幸いし、うちの息子も娘もビルドとものすごく近くまで接近することができました。

また、じゃんけん大会では息子のズル?!もあり(息子としては無意識というか悪気はなく、司会のお姉さんも気づいていたけど見逃してくれました)、最後まで勝ち残って仮面ライダービルドのシールがもらえました。

ビルドじゃんけん

でも、観客の子供が少なかったこともあってか、負けた子にも「こんにちはチャレンジ」といって、大きな声で「こんにちは!」と言えたらシールがもらえていました。

こんにちはチャレンジ

ここまで観客と遊びながら盛り上げるショーはなかなかありませんので、率直にいいショーだと思います。

2.アクロバティックな戦い

仮面ライダービルドショーには、仮面ライダービルド仮面ライダークローズチャージが出てきます。

登場する際には、中央に置いてあるトランポリンを使って、空中で前回りをして登場して場を盛り上げます。

その後は、ビルドと悪党との激しい戦いが繰り広げられ、攻撃して優勢に立ったり、攻撃されて劣勢になったりと子供たちもハラハラドキドキの展開です。真剣に応援している姿を見るとかわいいものですね。

最後は、仮面ライダービルドと仮面ライダークローズチャージが協力して見事に悪党をやっつけます。決めポーズもかっこいいですね!

決めポーズ

3.ビルド、クローズチャージとの握手会、写真撮影会

キャラクターショーで欠かせないのが、握手会写真撮影会ですよね。

これは、プリキュアショーの記事でも書きましたが会場によってグッズを購入しないと握手、写真撮影できないかが異なります。

子供にとって楽しみなプリキュアショー。ですがあちらも客商売ですから限定グッズと称して子供の心をくすぐるようなグッズを販売します。基本的には買わないよっていう親向けに、プリキュアショー後の写真撮影や握手会がグッズ購入した人限定なのかについて会場別にご紹介します。

これまでの経験上は、ハウジングセンターではグッズの購入なしでOKですが、遊園地(うちの場合は主に日本モンキーパーク)ではグッズの購入が必要となる傾向が多いです。

グッズは400円~2,000円のものがありますが、見ていると2,000円のグッズを買っている方も結構います。

ちなみに、うちは通常800円ところ半額の400円で販売されていた「2018テレビ人気者カレンダー」を購入しました。もう2018年に入って3月が経っていましたので売れ残りが半額で売っていたんですね。仮面ライダービルドのほか前の仮面ライダーやウルトラマンなどいろんなキャラクターがたくさん載っているカレンダーですので、かなりお買い得でした。

1家族1つグッズを購入すれば、家族全員が握手会、写真撮影会に参加できます。うちは息子と娘が握手してもらい、一緒に写真を撮ってもらいました。

ビルドとクローズチャージの両方とも、しっかりと握手してくれますし、ポーズをとって写真撮影してくれますので、子供もとても喜ぶと思います。

写真撮影会

まとめ

子供が仮面ライダービルドが好きなら、是非一度は連れて行ってあげるといいと思います。

大人もそれなりに楽しめますし、子供は絶対に喜ぶと思います。

仮面ライダービルドショーの内容は、おそらくどこも一緒だと思いますので、2回3回と行っても内容は変わりません

ただ、先日モンキーパークで開催されていたのは、「仮面ライダービルドショースペシャル」というものでしたので、これはまた違った内容の面白さがありました。

仮面ライダービルドショーの特別バージョンとして、スペシャルショーというものがあります。通常のビルドショーとの大きな違いは、ビルドの変身形態である「ニンニンコミック」が登場し、じゃんけん大会ではなく、観客と一体となった「かくれんぼ」が行われることです。レアなスペシャルショーを見つけたら、是非行ってみてください。