布団クリーナー アイリスオーヤマIC-FAC2を使ってみた評価【写真付】

数ある布団クリーナーの中でも、有名どころとしては、最強の吸引力を誇るダイソンの布団クリーナー、布団クリーナーを世に広めたレイコップでしょう。

この2つの製品がよく比較対象とされ、実際に比較検証したサイトもあります。吸引力でいえばダイソン、価格の安さでいえばレイコップといったように、それぞれに一長一短はあります。

ダイソンが欲しいけど値段が高い。そこそこ吸引力があってお手頃な値段で買える布団クリーナーはないか調べていると、アイリスオーヤマの布団クリーナーがよさそう。

楽天ランキングの布団クリーナー部門で、なんとダイソンやレイコップを抑えて堂々の第1位。口コミも評価が高いです。

アイリス 布団クリーナー

さっそくアイリスオーヤマのIC-FAC2を購入し、4人分の布団を掃除してみましたので、使い勝手やどの程度効果があるのか、その実力を検証し、総合的に評価したいと思います。

スポンサーリンク

1.お手頃な価格がGood!

2018年6月14日時点での、アイリスオーヤマIC-FAC2、ダイソン V7 Mattress、レイコップRS2の価格について比較してみました。

アイリスオーヤマ IC-FAC26,580円
ダイソン V7 Mattress36,125円
レイコップ RS228,887円

価格ドット.com調べ

アイリスオーヤマの布団クリーナーが圧倒的に安いですね。これなら買って後悔しても我慢できそうです(笑)。

2.布団クリーナーはコード付きがおすすめ!

アイリス コード付き

アイリスオーヤマIC-FAC2はコード付です。はじめはコードレスの布団クリーナーを探していましたが、どれも稼働時間が短い。ダイソンの布団クリーナーもコードレスですが、稼働時間は30分(モーターヘッド稼働時は20分、強モードで6分)です。これでは4人分の布団を一回で掃除することは厳しいです。実際4人分をがっつりやるのに、1時間半くらいかかりました。

その点、コード付の場合は電池切れを心配することなく、一気にできるのがいいところです。コードが邪魔かどうかの議論もありますが、実際使ってみた感想としては、押すときは問題ないけども、引くときにちょっと邪魔かなって思う程度ですね。コードレスを使っていてコード付に変えるなら気になるかもしれませんが、はじめからコード付を使う場合ならこんなもんかと思うくらいです。

コードレスの場合は一回電池が切れると、フル充電するのに3時間くらいかかりますので、その間にやる気がなくなっちゃいますよね。布団クリーナーは、電池を気にせずできるコード付の方がおすすめです。

3.布団クリーナー最軽量クラスの1.6kg

家電量販店で、ダイソンの布団クリーナーとレイコップを実際試してみましたが、レイコップは重たいですね。ダイソンはスイッチがトリガー式なので、長時間やると結構疲れると思います。

アイリスオーヤマのものは家電量販店によっては置いていない場合がありますので、実際手に持って試せない場合もあるかと思いますが、私の使った感想としては軽いですね。長時間やっても疲れません。子供でもスイスイできちゃいます。

アイリスオーヤマ IC-FAC21.60kg
ダイソン V7 Mattress1.76kg
レイコップ RS22.40kg

4.吸引力は弱めでも、ホコリは吸っている!

吸い込み口に手を当ててみた感じではそれほど吸引力が強くはありません。通常モード、弱モード、ターボモードとありますが、ターボでもダイソンの吸引力には全く及びません。でも、レイコップと比較すると感覚的にはそんなに違わない感じがします。

実際使ってみると、結構ゴッソリとダスト(ホコリやチリ)が取れるのでびっくりします。こんなに汚れていたのかと・・・ちょっとショックでもあります。下の写真は布団1枚分の汚れです。

ダスト

吸引力はそれほど強くないにもかかわらず、ダストを取ってくれる秘密は、ヘッドの超ワイドたたきパッドにあるのかなと思います。1分間に約6,000回の高速振動でダストを浮き上がらせて吸い取りますので、細かなダストがビッシリ取れるんだと思います。

超ワイドタタキパッド

ただ、布団に落ちている髪の毛なんかは全然吸いません。ホコリくらい軽いものなら十分吸い取りますが、そこまで吸引力がないという証拠でしょうか。

5.お手入れが面倒くさい!

ダストボックスとフィルターは水洗いOKなんですが、この布団クリーナーはダストボックスに溜まるのではなく、フィルターにホコリ等がこべりつきます。なので、ワンタッチでごみをサッと捨てて終わりというわけにはいきません。

ホコリが舞わないように、水の中でダストボックスからフィルターを取り出し、しばらく水につけてから、フィルターにこべりついたホコリをはがしていきます。

お手入れ

きれいになったら、フィルターを乾かしてようやく終了ということになりますので、乾くまで次使うことができません。

もう一つフィルターが標準で付いていると交互に使えるのでよかったんですが、この点は残念でした。

6.温風で布団が温かく!

吸引と同時に、吸い込み口の下の辺りから温風が出ます。これによってダニが繁殖しにくい環境を作るということですが、この程度の温風で効果があるのかは疑問です。

温風吹き出し口

それよりも、布団が温かくなって、天日干ししたようなふかふか感が味わえる方がメリットがあると思います。

7.ダニちりセンサーは楽しい!

ダニちりセンサー

吸い取った空気が汚れていると赤いランプがつきます。常に、緑色・オレンジ色・赤色のランプが点灯している状態ですが、本当に正確なのかは不明です。注意事項に、「遊び毛の多い生地や、内部の汚れが多い寝具などは長時間掃除しても緑ランプが点灯しない事があります。」と書いてあります。

ただ、汚れの目安にはなりますので、ランプの色を見ながら赤色のときは少し長めに掃除するなど、参考にするとよいでしょう。何もないよりは、こういったセンサーがあると掃除していても楽しいですね。

8.ターボにすると音は大きい

「弱」、「標準」、「ターボ」モードがありますが、「弱」や「標準」ではそれほどうるさくないですね。

「ターボ」にすると音が大きくなりますが、おそらくダイソンほどではないと思います。私個人的には許容できるレベルですね。

9.総合評価

もしかしたら、ダイソンの方がよりダニちりを吸引してくれるかもしれません。でもレイコップと比べると値段の差ほどの性能の違いはないように思います。

2点不満な点は、フィルターにホコリ等がこべりつくため手入れが面倒な点、髪の毛を吸わない点です。

それを除けば、非常にコストパフォーマンスの高い製品だと思います。

総合的な評価としては、★4つとしまして、布団クリーナーを買うならアイリスオーヤマのIC-FAC2はおすすめできます!