Windows10 文字の入力切替時に画面中央にでる「あ」・「A」を非表示に!

Windows10搭載の中古パソコンを購入して使っていたところ、「ひらがな」と「半角英数」の文字の切り替えをする際、画面中央に大きく「あ」や「A」が出てきます。

調べてみると、2017年4月に配信されたWindows10 Create Updateで追加されたMicrosoft IMEの新機能だそうです。

利用者に現在の入力モードが「ひらがな」モードなのか「半角英数」モードなのか分かりやすいように表示されるとのことです。

初心者にとってはありがたい機能かもしれませんが、画面右下の入力モードをみれば分かりますので、切替のたびに表示されるのは邪魔でしかありません。

中央に表示

また、入力切替時だけでなく、操作中のアプリケーションやウィンドウを切り替える際にも表示されます。確かに、画面のキャプチャーをとろうとしたら、「あ」が映り込んでしまったこともありました。

そこで、この「あ」や「A」が表示されないようにする方法について調べましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.「あ」・「A」を非表示(オフ)にする方法

画面右下のタスクトレイに表示されている「あ」あるいは「A」を右クリックします。

タスクトレー

プロパティを開きます。

プロパティ

Microsoft IMEの設定画面で、「IME入力モード切替の通知」-「画面中央に表示する」のチェックを外します。

チェックを外す

最後に「OK」をクリックすれば、画面中央に入力モード「あ」・「A」の表示はされなくなります。

2.「あ」・「A」を表示(オン)にする方法

オフにするやり方と同じです。

画面右下のタスクトレイに表示されている「あ」あるいは「A」を右クリックし、プロパティを開きます。

IMEの設定画面で、「画面中央に表示する」にチェックを入れてください。

チェックを入れる

最後に「OK」をクリックすれば、入力切替時、アプリケーションやウィンドウ切り替え時に「あ」・「A」が画面中央に表示されるようになります。

終わりに

個人的には、パソコンに慣れている人であれば要らない機能じゃないかなと思います。

簡単にオン・オフができますので、うざいと感じればオフにすればいいし、ありがたいと感じればオンにすればいいんじゃないでしょうか。