手作りおもちゃ|牛乳パックで『ビー玉落としゲーム』が超簡単にできる!

おもちゃ

 

僕は上の子が0歳児の頃から、手作りのおもちゃを何個も作ってきました。そうすると、子供も要求してくるんですね。「なんか作って~」と。

 

気分が乗っていると、「よし、わかった!」と言って、結構凝ったものも作ったりするんですが、今回はあんまり気分が乗っていなかったこともあり、ちょっと適当になってしまいました。

 

気分が乗っていないものだから、何を作ろうか、何にもアイデアが出てきません。こんなときはネットで何かないかと探してみるんですが、今回は子供から「ネット見ないでパパが考えて作って~」と、なんとスパルタな要求を突き付けられました。

 

悩んで悩んで、ようやく思い付いたのが、牛乳パックを使ったビー玉落としゲーム!
面白いかどうかはわかりません(笑)

牛乳パックを使ったビー玉落としゲーム

 

でも超簡単ですので、一応作り方をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

30分で出来るビー玉落としゲーム

用意するもの

・牛乳パック1~2個
・カッター、はさみ
・ガムテープ、のり(もしくは透明テープ)
・サランラップ

作り方

①牛乳パックを長方形に組み立ててガムテープで固定します。

 

②長い面のうち、1面をカッターで開けます。

 

③切り取った1面を使います。図のようなしきり板を5枚切り出します。(5枚切り出せなかった場合は4枚でやるか、別の牛乳パックから切り出してください。)

そして、ビー玉がちょうど入るくらいの穴をカッターで開けます。(下図の斜線が入った四角の部分)

穴は左側に2つ、右側に3つ(逆でも可)開けるようにしてください。

点線の部分に軽くカッターを入れますので、その線に沿って折り曲げます。

作り方の図面

⑤これを②で開けた1面のところから、牛乳パックにガムテープで貼り付けていきます。全部で6階建てのタワーができます。

 

⑥タワーの一番上と一番下にビー玉大の穴を開けて、ビー玉が一番上から一番下へ通れるようにします。

スタートの位置図 ゴールの位置図

 

⑦最後に、②で開けた1面にサランラップをのりか透明テープで貼って、ビー玉が落ちる様子を見られるようにします。これで完成です。

 

遊び方

上の「スタート」のところからビー玉を入れて、タワーを傾けながら穴に落とし、一番下の穴から出てきたらゴールです。

ビー玉落としゲームの遊び方

とても単純なゲームです。

 

子供の反応

最初は「すごい!」「おもしろい!」と言って兄弟で取り合って遊んでいました。でも、結構早々に飽きてしまったようです(悲)

 

まとめ

今回は、ちょっとアイデアが全然出てこないこともあって、結構手抜きな作品になってしまいました。

もう少し年齢が低い子(2歳~3歳くらい)向けのような気がします。

 

簡単にできますので、是非試しに作ってみてください!
子供が飽きたら、簡単に捨てられます(笑)

 

牛乳パックを使ったその他の手作りおもちゃ↓

牛乳パックを利用したバスのおもちゃの作り方 タイヤも付けて走らせよう
牛乳パックを使った工作を紹介します。牛乳パックの形をそのまま活かしてバスを作りました。そのままでは味気ないので色紙を使って装飾し、ストローと串そしてペットボトルの蓋を使ってタイヤも付けていますので、走らせることもできます。応用として、牛乳パックを半分に切れば車を作ることもできます。参考にしてみてください。
段ボールで簡単ガチャガチャと自動販売機(難易度★★★★)を作ろう!
段ボール工作をやっていくと一度は作ってみたくなるガチャガチャと自動販売機。ただ段ボールを切って貼り合わせるというのではなく、仕掛けを作る必要があるのでちょっと難易度が高くなります。今回は、比較的簡単に作れるシンプルなガチャガチャと、ちょっと難易度高めの自動販売機の作り方のコツや遊び方をご紹介します。

ビー玉を使ったその他の手作りおもちゃ↓

お菓子の空箱を使ったビー玉迷路の作り方~子供がメインで作りました!
工作するのに使い勝手がよいお菓子の空箱を使って、5歳の娘が簡単なビー玉迷路を作りました。子供自ら材料を集め作りだしたので、子供の好きなようにやらせて、親としては最低限のサポートに徹しました。5歳児でもできるビー玉迷路の作り方と、親が少し手伝った部分についてご紹介しますので、親子で一緒に作ってみてください。

制作難易度ランキング↓

段ボールや牛乳パックを使った手作りおもちゃ 難易度ランキング15(番外編付)
段ボールや牛乳パックなどを利用して、これまで子供のためにおもちゃを手作りしてきました。作ってあげると子供は非常に喜びますが、作る方としてもなかなか大変な作業になります。そこで、これまで作ってきた作品について、作る側としての難易度をランキング化し、一覧にしてみました。コメント付きで紹介しています。番外編もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました