岐阜市畜産センター公園の交通教室でゴーカートと自転車が無料で乗れる!

畜産センター公園交通教室 岐阜市で遊ぶ

 

岐阜市の北部にある畜産センター公園には、ブタ、ヤギ、ヒツジ、ウマなどの動物を見ることができるほか、交通教室として自動車の教習所のような場所があります。信号もちゃんと変わりますし、車線や標識、横断歩道、踏切(遮断機はありません)なども備わっています。

 

ここでは、足でペダルを漕ぐ形式のゴーカートと、子供用の自転車無料で借りることができます。

 

交通教室というものの、特に指導員がいるわけではなく、自分たちでゴーカートや自転車を走らせながら交通ルールやマナーを学んでいくというスタイルとなっています。

畜産センター公園交通教室
写真:岐阜市畜産センター公園HPより

 

もう少し、詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

1.利用できる日と時間に注意!

土日祝日のみとなります。

ただし、春休み期間は平日も利用できます。

それ以外の平日はお休みなのでご注意ください。

また、雨など天候が悪い時はお休みになる場合があります。

 

時間は9時~16時までとなります。

 

2.利用できるゴーカートと自転車

管理事務所で受付をすると、無料で借りることができます。

利用はどちらとも1回につき30分までとなっていますが、再度受付すれば何度でも繰り返し乗ることができます。ただし、混んでいるときは順番待ちになることがあります。

 

ゴーカートは、足でペダルを漕いで走らせる形式のものですので、ペダルに足が届かないと一人で乗ることはできません。

概ね105cm~110cmほどあれば一人で乗れるかと思います。

 

子供が一人で漕げない場合、大人が一緒に乗って漕ぐことはできません。子供を運転席に乗せて、大人が後ろから押してあげることは可能です。ただ、持ち手がないため前かがみになって押さなければならず、かなり疲れます。

 

自転車は、幼児~小学生4年生くらいまでが使えそうな大きさの自転車が何台も用意されています。輪っか付のものはありませんので、輪っかなしで乗れることが前提です。また、練習用の補助棒付のものもありません。

 

ヘルメットも必ず着けなければならず、無料で借りることができます。S、M、Lのサイズがありますので、子供に合ったものをかぶせましょう。

 

3.本格的なコース

車線、歩道、横断歩道、標識、信号機、踏切(遮断機なし)などが備え付けられており、本物の道路さながらのコースで交通ルールや交通マナーを自分たちで学んでいきます。

 

基本的には休日しかやっていませんので、多くの子供たちで混み合います。お互いが譲り合いながら正しく走行できればいいんですが、中には結構なスピードを出して競争したりしている子供もいますので、気をつけましょう。

 

管理事務所には係員の方がいますが、基本的には交通指導はしませんので、ルールやマナーの分かっていない子供には保護者の方がしっかりと教えてあげることが大切です。一応交通教室ですからね。レースをするところではありません。ゴーカートや自転車を楽しみながら、ルールやマナーを学ばせましょう。

 

まとめ

子供はゴーカートや自転車が大好きですので、畜産センター公園の交通教室は十分楽しめると思います。

ゴーカートや自転車に飽きたら、すぐ東側に大型遊具がありますので、子供はそこでもいっぱい遊ぶことができます。

畜産センター公園大型遊具

 

➡畜産センター公園の動物や大芝生広場もおすすめ!

岐阜市畜産センター公園で動物を見た後、大芝生でピクニックをしよう!
岐阜市の北部にあり畜産センター公園は、岐阜市内で一番多くの動物を見ることができる施設です。園内はゆったりとした空気が流れ、休日を親子水入らずで過ごすにはもってこいな場所です。お弁当とレジャーシート、ボールなどを持参して、動物を鑑賞したあとに、大芝生広場でピクニックをするというコースがおすすめです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました