岐阜城・岐阜公園とその周辺のおすすめ観光スポット20選【まとめ】

噴水 岐阜公園と周辺

 

岐阜公園は年間100万に訪れる岐阜市を代表する都市公園です。岐阜公園内やその周辺には岐阜市の観光スポットが密集しており、すべて見ようと思うと1日では厳しいと思います。

岐阜市外から来る観光客でも、市内に住む方でも、楽しめるところはたくさんありますので、私がおすすめする20のスポットを簡単に紹介していきたいと思います。

 

①岐阜城

岐阜城

かつては稲葉山城と呼ばれており、鎌倉幕府に、軍事目的のため二階堂行政により築城されたと伝えられています。

斎藤道三、織田信長も城主となっており、織田信長に関しては1567年から約10年、岐阜城を拠点に天下統一を目指したそうです。

1600年、関ヶ原の戦いの前哨戦で落城し、翌年に廃城となっています。

現在の城は、昭和31年に再興されたもので、城内は史料展示室となっています。また、天守閣からの眺望は絶景です。

料金

大人(16歳以上)200円
小人(4歳以上16歳未満)100円

 

毎月第3日曜日は「家庭の日」となっており、中学生以下の子供と行くと家族全員の入館料が無料になります。

岐阜城は329mの金華山山頂にある観光名所。料金、歴史・展望台など見どころは?
岐阜市が誇る観光名所のひとつ「岐阜城」は岐阜公園内の金華山山頂(標高329m)にあります。岐阜城の入館料金や開館時間などの基本情報をはじめ、岐阜城の成り立ちやおすすめポイントなどの見どころなどを紹介します。全国的にも有数の高さに立つ山城なので、岐阜に来た際は是非行っておきたいスポットです。

②三重塔

三重の塔

大正6年(1917)、木造の旧長良橋の廃材を再利用し、大正天皇御大典祈念事業として建てられました。

平成29年3月、3年がかりで大修復完了しています。

③信長公居館跡

信長公居館跡

平成19年度から第4次発掘調査を行い、金箔瓦や庭園跡が発見されています。

織田信長はこの地に「地上の楽園」と称されるほどの宮殿を建てて、そこで様々な人をおもてなししたと伝えられています。ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスもここで信長の接待を受けた一人です。

④金華山ロープウェー

ロープウェイ

ロープウェーを使えば、下から金華山山頂駅まで約5分で到着します。眼下には三重塔や信長公居館跡を見ることができます。

平日は15分間隔土日祝日は10分間隔で運行しています。

料金

大人(12歳以上)片道620円、往復1,080円

小人(4才以上12歳未満)片道280円、往復540円

岐阜城へのアクセスはロープウェイ派?登山派?どっちも詳しく解説。
岐阜公園から岐阜城までのアクセス方法は大きく2つあります。ひとつは金華山ロープウェイを利用する方法、もうひとつは登山で行く方法です。ロープウェイの営業時間、料金、割引などについて詳しく説明し、金華山の登山コースについて、初級者から上級者までおすすめのコースを4つご紹介します。

⑤金華山(登山コース・リス村)

めい想の小径

岐阜市の中心部にある標高329mの金華山はかつては稲葉山と呼ばれていました。頂上には岐阜城がそびえ立ち、展望台からの眺めは絶景です。

 

登山に適した山で、登山コースは初級者から上級者コースまで10ものコースがあります。初級者コースは子どもと一緒に登ると楽しいですし、上級者コースは大きな岩を登ったりしますので難易度は高いですが途中途中にある眺望スポットからみる景色は本当に素晴らしいです。

金華山の「七曲り登山道」は3歳児でも登れる初級者におすすめコース
岐阜が誇る金華山には、初心者から上級者まで楽しめる10もの登山コースがあります。その中でも老若男女と問わず人気が高い初級者向けコース「七曲り登山道」。小さい子供でも頑張れば自力で頂上まで登れます。その七曲り登山道の概要と、3歳児でも一人で登れるための4つのポイントについてご紹介します。
金華山登山「めい想の小径」と「馬の背」登るならどっち?注意点とおすすめポイント
金華山の10ある登山コースのうち、中級レベルの「めい想の小径」と上級レベルの「馬の背コース」の注意点とおすすめポイントを写真付きで紹介します。どちらも登るのに危険な箇所がありますが、登り応えのある登山コースとなっています。個人的なおすすめは途中で絶景が見渡せる「めい想の小径」です。

 

山頂にはタイワンリスへのエサやり体験ができる「リス村」があり、土日には家族連れやカップルでにぎわっています。

岐阜の金華山リス村のリスがかわいすぎる!行くなら午前中がおすすめ!
岐阜の金華山山頂にある日本初のリス村。土日は家族連れやカップルなどで大変賑わっています。そんなリス村へのアクセス方法、リス村の概要・特徴、リス村に行くのにおすすめの時間などについてご紹介します。金華山ロープウェー山頂駅の目の前、登山だと七曲り登山道、百曲り登山道で行くとゴールのすぐ近くにあります。

⑥展望レストラン

金華山ロープウェーの山頂駅からさらに急な階段を上がったところにあります。ここにはトイレがありませんので、階段を上がる前に済ましておきましょう。

岐阜にちなんだ料理も食べることができます。

夏にはレストラン上の展望台がビアガーデンに変わります。夜景を見ながら外でBBQをするところなんてなかなかないですよね。とても人気があり、すぐに予約が埋まってしまいます。

⑦総合案内所

総合案内所

平成21年12月、「信長公の鼓動が聞こえる歴史公園」として整備された武家屋敷風の建物です。

飲食店も入っており、小腹がすいたときや昼食をとるときなど便利です。

庭へ出ることもでき、庭を散策してもいいですし、軒先でゆっくり庭を眺めながらくつろぐこともできます。

岐阜公園総合案内所庭先

また、ここでレンタサイクルの貸出も行っています。(一日100円)

レンタサイクル

⑧若き日の信長像

岐阜公園エントランス

1988年(S63年)に岐阜市制100周年を記念して建てられたもので、2009年(H21年)、市制120周年を機に金華山の麓からこの場所に移設されたそうです。

金華山をバックに、インスタ映えする写真が撮れる絶好の撮影スポットです。

⑨山内一豊・千代婚礼の地モニュメント

山内千代

山内一豊は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えてきましたが、その成功には妻・千代の存在が大きいと言われています。

その二人は岐阜の地で祝言をあげたとされており、公園内には千代を讃えたモニュメントがあります。

⑩板垣退助の銅像

板垣退助

明治15年、自由党総理・板垣退助が全国遊説中に岐阜に立ち寄って、現在の岐阜公園内にあった神道中教院で演説しました。演説が終わって、玄関を出ようとしたときに暴漢に刺されましたが、命に別条はありませんでした。この事件を岐阜事件といいます。

板垣死すとも自由は死せず」という有名なフレーズはこの事件で生まれたものです。

⑪岐阜市歴史博物館

外観

岐阜市(美濃)の歴史を知ることができます。総合展示(常設展示)岐阜市にゆかりのある斉藤道三、織田信長が活躍した戦国時代を中心に、古代から近現代まで3つのコーナーと、岐阜市が誇る伝統工芸の紹介コーナーがあります。

また、期間限定で企画展や特別展も開催されますので、チラシや広報、ホームページなどをチェックしてみてください。

料金

総合展示(特別展示): 高校生以上300円、小中学生150円

特別展: 特別展ごとに異なります

企画展: 総合展示の観覧料に含まれます

 

毎月第3日曜日は「家庭の日」となっており、中学生以下の子供と行くと家族全員の入館料が無料になります。

岐阜市歴史博物館のアクセス、開館時間、入館料、見所を写真で紹介!
岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館。毎月第3日曜日は家庭の日として中学生以下の子供連れは家族全員無料となります。総合展示(常設展示)では、斎藤道三や織田信長を中心とした戦国時代に重点を置いた展示となっており、期間限定で開催される企画展や特別展なども開催しています。岐阜市歴史博物館の見どころをチェック!

⑫名和昆虫博物館

入口

ギフチョウをはじめ、青く輝くモフフォチョウなど世界の珍しい種類のチョウや、世界のカブトムシ、クワガタムシ、その他普段では絶対見られない珍しい昆虫がいっぱいです。日本の現存する最古の昆虫専門の博物館で、大正時代につくられた文化財的価値のある建物も必見です。

昆虫好きにはたまらないと思いますし、それほど興味がなくても一度行ってみると結構おもしろいところですよ!

料金

一般(高校生以上)500円

子供(4才以上) 400円

岐阜の名和昆虫博物館には珍しい昆虫がいっぱい!見るのに勇気がいる虫も?
岐阜公園内にある昆虫専門の施設、名和昆虫博物館には世界の珍しい昆虫がいっぱい!びっくり仰天するような虫たちの標本が多数展示されており、子供から大人まで楽しめると思います。そんな名和昆虫博物館へのアクセスや開館時間・休館日・入館料、見どころなどについてご紹介します。

⑬岐阜大仏(正法寺)

大仏正面

岐阜大仏は、奈良の大仏、鎌倉大仏と並んで日本三大仏のひとつと言われています。その大きさは奈良の大仏に迫るほどで、乾漆仏としては日本一の大きさを誇ります。

人混みもなくゆっくりと拝観できますので、大仏様の暖かい眼差しに心癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

料金

大人(高校生以上):200円

小人(4才以上) :100円

岐阜大仏(カゴ大仏)は日本三大仏のひとつ。三大仏を比較すると・・・
岐阜市には日本三大仏のひとつと言われる岐阜大仏(正法寺)があります。乾漆仏としては日本一の大きさを誇り、奈良の大仏、鎌倉大仏にもひけをとらない迫力があります。アクセス方法、駐車場、拝観料などの情報から、岐阜大仏の見どころ、正法寺の見どころを写真付でご紹介します。

⑭立礼茶席(休憩所)

立礼茶席

華松軒(かしょうけん)と呼ばれる建物では、抹茶のサービスが受けられる立礼茶席スペースがあります。抹茶一服400円(お菓子付)です。

⑮売店・軽食(3か所)

売店

岐阜公園内には、だんごおでん焼きそばなどの軽食を食べられる売店が3か所あります。ちょっと疲れたときや小腹がすいたときは、休憩がてらおだんごなどを食べるのもいいですね。

⑯ちびっこ天下広場

全体像

2018年3月に完成した幼児~小学生を対象とした遊具広場です。

児童ゾーンには、戦国時代の砦をイメージした遊具があり、3mの高さから滑る2本の滑り台は子どもに大人気です。

岐阜公園の遊具広場「ちびっこ天下広場」の場所、対象年齢、口コミを紹介
岐阜公園に新しい遊具広場ができました。その名も「ちびっこ天下広場」といいます。岐阜公園のどの辺りにあるのか、どんな遊具があるのか、子供は実際体験してどんな風に思ったのか、など遊具の写真を交えながらご紹介します。土日は非常に混み合うことが予想されますが、幼児から小学生まで十分楽しめると思います。

⑰日中友好庭園

日中友好庭園入口

1989年(平成元年)に、岐阜市と中国の杭州市との友好都市締結10周年を記念して造られた庭園です。

中国風の門や土塀が印象的な異国情緒あふれる庭園になっています。

春には桜が満開で庭園一体がピンクで彩ります。

⑱菊人形・菊花展

10月~11月にかけて、岐阜公園一帯で大規模な菊人形・菊花展が開催されます。色とりどりの菊がきれいに展示され、また織田信長を模した菊人形は他で見ることができない展示内容になっています。是非生で見ることをおすすめします。

菊人形・菊花展
写真:岐阜市アーカイブより

⑲ぎふ長良川鵜飼・鵜飼ミュージアム

鵜飼
写真:岐阜市アーカイブより

岐阜市が誇る「ぎふ長良川鵜飼」は5月11日~10月15日まで開催しています。

年間約10万人の人が訪れ、幽玄な世界を楽しんでいます。

一人でも乗れますし、貸切で宴会しながら鵜飼観覧しても、楽しみ方は人それぞれです。

ぎふ長良川鵜飼の予約方法、割引、雨での開催、持ち物等気になる疑問を解決!
ぎふ長良川鵜飼に行かれる前に、疑問点にしっかり解決していきましょう。長良川鵜飼にはどんな割引制度があるのか、集合時間、開始時間、終了時間はいつなのか、雨の日でも開催されるのか、いつの時期が混むのか、持っていくものは何か、食事はどうするのか、等々疑問を一気に解決して、万全の態勢でぎふ長良川鵜飼に臨んでください!
ぎふ長良川鵜飼をより楽しむための耳よりな豆知識10選【保存版】
「ぎふ長良川鵜飼」は全国的にとても有名です。全国では11箇所鵜飼をやっている地域がありますが、岐阜市の鵜飼は他の地域に比べていろいろと面白い特徴を持っています。1,300年以上も前から受け継がれている長良川鵜飼の豆知識を知っていると、鵜飼観覧がより楽しめると思います。厳選した10つの豆知識をご紹介します。

一方鵜飼ミュージアムは、鵜飼を開催していない時期でも岐阜の鵜飼を知ってもらうようにとつくられたそうですが、鵜飼開催時期には鵜飼をより深く知るために訪れることをおすすめします。

鵜飼ミュージアム

料金

大人(15才以上):500円

小人(4才から15才未満):250円

乳幼児:無料

 

毎月第3日曜日は「家庭の日」となっており、中学生以下の子供と行くと家族全員の入館料が無料になります。

鵜飼ミュージアム|4つの割引方法や展示などの見どころを写真で紹介
長良川うかいミュージアムの料金(観覧料)は大人500円、小人250円ですが、少しでもお得に行きたい方のために、鵜飼ミュージアムの割引方法について4つご紹介します。また、展示内容をはじめ、最高のロケーションなど、鵜飼ミュージアムの見どころについてもたくさんの写真を使って紹介していきます。
鵜飼ミュージアムへのアクセス|無料で駐車場を利用する3つの方法
長良川うかいミュージアムへ車でアクセスする場合、気になるのが駐車場情報です。無料で停める3つの方法について詳しくご紹介します。目の前の駐車場でも無料で停める方法をはじめ、私が個人的におすすめする無料の駐車場情報をお届けします。ちょっと離れますが、長良川河畔をまったりと歩いて行きませんか?

⑳川原町

川原町
写真:岐阜市アーカイブより

江戸時代からの古いまちなみが情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。

昔の縦長の家の造りをそのまま活かしたおしゃれなカフェやレストランなどもいくつかありますので、川原町を散歩しがてら立ち寄ってみるといいと思います。

岐阜・川原町の人気スポット15選|鵜飼、川原町屋、泉屋、文化屋など
岐阜市の長良川河畔に広がる昔ながらの町家が建ち並ぶ川原町。川原町の成り立ちからその特徴、御菓子処や、町家を改装したおしゃれなカフェ、ちょっと贅沢なレストランなどなど、川原町の魅力をたっぷりとお伝えします。のんびりと散策するには最適な場所で、ノスタルジックな気分に浸れること間違いなしです。

☆駐車場

岐阜公園総合案内所の前に、障害者用と大型バス用の専用駐車場がありますが、一般車は駐車できませんのでご注意ください。

一般車は、金華山トンネルに通じる道路の反対側に、市の有料駐車場(300円/回)の堤外第1・第2駐車場河川敷に鑑岩緑地という無料の駐車場があります。

岐阜城・岐阜公園の駐車場は1日300円!無料Pもあり。アクセスを詳しく解説。
岐阜市が誇る観光名所「岐阜城」とその麓に広がる「岐阜公園」には、市内外から多くの人が訪れます。車で行く場合、駐車料金と無料の駐車場はあるのかが気になるところですね。結論からいうと、有料の場合1日300円で、無料Pもあります。場所が分かりにくいため、アクセス方法を地図と写真を使って詳しく解説します。

 

場所は一番上の地図の「P」をご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました