FIFAランキングの決め方|事例で分かりやすく解説【2006年方式】

サッカー
注意

FIFAのランキングの決め方が、2018年8月発表分から変更されています(2018年方式)。この記事は、それ以前の2006年方式のものですので、ご注意ください。

最新版の2018年方式についてお知りになりたい方は、以下のサイトの記事をご覧ください。
【2018年方式】FIFAランキングの決め方|事例で分かりやすく解説
 

これからFIFAランキングの決め方について解説していきたいと思いますが、ワールドカップとFIFAランキングも関連がありますので、少しお話しますね。

さて、2018ロシアワールドカップの1次リーグの組み合わせが決まりました。

組み合わせはこちらの記事をご覧ください。

 

ワールドカップでは32か国が8グループに振り分けられます。
すべての国を抽選でグループ分けをしては、1つのグループに強豪ばかりが集まる”爆死”のグループができてしまう可能性があります。それでは強豪国が早々に敗退してしまうかもしれません。やっぱり強豪国にはグループステージを突破してもらって、たくさん素晴らしいプレーを見たいですよね。

 

そこで、1次リーグの組み合わせを決める際には、FIFAランキング上位7か国と開催国(ロシア)の計8か国は別々のグループになるようにあらかじめ分けられます。これでランキング上位の強豪国が同じグループに入ることを避けているわけですね。

 

また、ワールドカップの大陸別予選の際にも、アジアのような参加国が多い大陸では、FIFAランキング下位のチームによる予備予選(1次予選)を行う場合があります。日本や韓国などは2次予選からでしたよね。

 

このように、FIFAランキングの重要度は増してきています。

 

じゃあ、FIFAランキングってどうやって決めているの?って疑問が湧いてきますよね。

日本って確か一昔は10位台じゃなかったっけ?今や50位台をうろうろ・・・なんでこんなに下がっちゃったの?これらの疑問を解決していきましょう。

 

スポンサーリンク

1.FIFAランキングって?

そもそもFIFAランキングってどこが決めているんでしょうか。その名のとおり、FIFA(国際サッカー連盟)ですね。1993年から始まり、FIFAに加盟する国・地域のA代表(年齢制限のない一番強い代表チーム)の国際試合の結果を元に、集計して毎月発表されます。1993年といったら、Jリーグが開幕した年ですね。

 

2.日本の順位が大幅に下がったのはなぜ?

FIFAランキングって、時々えっなんであの国がこんな順位なの?っていうことがよくありました。そんな不満もあり、より多くのサッカーファンの感覚とランキングとのズレを解消するために、1999年と2006年の2度にわたって改定されています。

 

そう、日本が輝かしい順位だったのは、改定前なんですね。1998年に最高の9位となっています。このときはより多くの親善試合をこなした国ほど順位が上がりやすい順位の決め方だったんですね。改定後の2000年2月には、過去最低の62位を記録しています。

 

2度目の改定前2005年12月のランキングを見てみると、15位です。そして、改定後の2006年12月のランキングでは、一気に47位まで落ちています。

 

ロシアワールドカップに出場するアジア勢の2018年6月7日現在の順位は、オーストラリア(36位)、イラン(37位)、韓国(57位)、日本(61位)となっています。日本は2000年2月の62位に次ぐワースト2番目の順位となっています。

 

3.どうやって決めているの?

2度の改定を経て、現在はどのようにランキングを決めているのか、見ていきましょう。

 

ランキングは、各国が国際試合を行って獲得したポイントによって決まります。対象となる試合は、過去48か月間(4年)の国際Aマッチ(A代表同士による国際公式試合)となります。

 

そして、勝ち点(A)試合の重要度(B)対戦相手の強さ(C)大陸連盟間の強さ(D)の数値を掛け合わせてポイントを計算します。

 

A 勝ち点

勝ち3点
引き分け1点
負け0点
PKでの勝ち2点
PKでの負け1点

B 試合の重要度

・ワールドカップ本大会4.0点
・大陸選手権(※)の本大会
・コンフェデレーションズカップ
3.0点
・大陸選手権の予選
・ワールドカップ予選
2.5点
・親善試合(小地域選手権も含む)1点

 

※UEFA欧州選手権、コパ・アメリカ、AFCアジアカップ、アフリカネイションズカップ、CONCACAFゴールドカップ、OFCネイションズカップの6大会

C 対戦相手の強さ

対戦時点でのFIFAランキングで決定。

1位200
2位~149位200-相手国のFIFAランキング
150位以下50

D 大陸連盟間の強さ

大陸連盟ごとに割り当てられた定数をもとに、(対戦する2か国の定数の合計÷2)を大陸間連盟の強さを表す係数とします。

例えば、ブラジルと日本が対戦した場合は、(1.00+0.85)÷2=0.925となります。同じ大陸連盟間での対戦は、下記の定数がそのまま適用されます。(例えば、日本とサウジアラビアが対戦した場合の係数は、0.85となります)

南米サッカー連盟(CONMEBOL)1.00
欧州サッカー連盟(UEFA)0.99
アジアサッカー連盟(AFC)0.85
アフリカサッカー連盟(CAF)
北中米カリブサッカー連盟(CONCACAF)
オセアニアサッカー連盟(OFC)

計算方法

1試合で獲得するポイントの計算方法は、A×B×C×Dとなります。

 

 icon-check-square-o 事例を使って確認

2017年8月31日、日本がワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦を例に見てみましょう。

A(勝ち点)浅野拓磨選手と井手口選手のゴールによって2-0で日本が勝利を収めましたから、勝ち点は3点
B(試合の重要度)ワールドカップ予選なので、2.5点
C(対戦相手の強さこのときオーストラリアは45位でしたので、200-45=155
D(大陸連盟間の強さ)同じアジアサッカー連盟なので、0.85

➡A×B×C×D=3×2.5×155×0.85=988.125

このワールドカップ出場を決めた試合で獲得したポイントは988.125となります。

 

このように、試合ごとにポイントを計算していきます。

そして、次のような方法によって最終的な獲得ポイントを集計します。

① 48か月を12か月ごとに4つに区切ります。

② 区切った12か月ごとに、上の計算方法によって獲得したポイントを合計し、その合計を試合数で割って平均値を計算します。(試合数が5以下の場合はすべて5とします)

③ 12か月ごとに求めた平均値に、直近の12か月から順に、100%、50%、30%、20%の割合を掛けて合計します。この合計が最終的な獲得ポイントとなります。

 

例えば、分かりやすいように、4つに区切ったそれぞれの12か月の間に、いずれも8試合行い、いずれも4000ポイント獲得したとします。

直近の12か月での平均値は4000÷8=500ポイントですね。100%の割合なので、500ポイントのままです。

その前の12か月では、平均値は同じく500ポイントですが、50%の割合なので250ポイントです。

さらに前の12か月では、30%の割合なので、150ポイントです。

一番前の12か月では、20%の割合なので、100ポイントです。

➡これらを合計すると、500+250+150+100=1000ポイントとなります。

 

これをみて分かるように、直近の12か月のポイントが最重要視されます。これによって、サッカーファンの感覚とランキングのズレが少なくなるようにしています。

 

4.日本はランキングを上げることは難しいのか?

アジアの中で戦うことが多い日本は、ランキングが低い相手と対戦することが多くなるため、C(対戦相手の強さ)、D(大陸連盟間の強さ)の影響をもろに受けます。アジア内で勝ったとしても、獲得ポイントは大きく伸びません。

 

それではどんどんヨーロッパや南米の強豪国とマッチメイクすればいいかというと、負ければポイントは全くもらえません。弱肉強食の世界ですね。

 

日本が順位を上げるにはどうすればいいのか、いろいろなパターンで検証してみます。

 

親善試合でブラジルに勝った場合

A:3点
B:1点
C:200-2(位)=198(仮に2018.1のFIFAランキングを適用)
D:(1.00+0.85)÷2=0.925

➡A×B×C×D=549.45

ワールドカップ予選でオーストラリアに勝った場合

A:3点
B:2.5点
C:200-45(位)=155(2017.8のFIFAランキング)
D:0.85

➡A×B×C×D=988.125

ワールドカップ本大会で同じグループのコロンビアに勝った場合

A:3点
B:4点
C:200-16(位)=184(2018.6のFIFAランキングを適用)
D:(1.00+0.85)÷2=0.925

➡A×B×C×D=2042.40

 

【結論】
負けたらどんなに善戦したとしてもポイント0ですから、まずは負けないことが一番重要です。
ワールドカップ本大会で勝つことが、順位をアップするのに一番手っ取り早いことが分かりますね。

 

まとめ

一応事例を使って分かりやすく書いたつもりですが、計算方法って結構すぐ忘れてしまいますよね。

ですから、せめて4つの要素だけでも覚えておくといいと思います。

①「勝ち点」
②「試合の重要度」
③「対戦相手の強さ」
④「大陸連盟間の強さ」

この4つがランキングを決める重要な要素です。

 

タイトルとURLをコピーしました