ドコモの機種変更のときの頭金って拒否できる?支払わないですむ方法とは!

先日近所のドコモショップへ、機種変更と料金プランの変更の手続きをしに行きました。

ドコモショップ

割引対象となっているお目当ての機種の色を選び、料金もあらかじめ調べておいたプランにし、いざ料金のシミュレーションをしてもらうとなんかおかしい。頭金8,640円??

頭金とはなんぞや!そんなのどこに書いてあるの?パンフレット見てきたけど、頭金が別途必要なんてどこにも書いていないぞ!店員に聞いてみました。

スポンサーリンク

1.頭金とは

一般的に頭金とは、分割払いなどで、契約成立と同時に代金の一部として払う、ある程度まとまった金額(デジタル大辞泉)をいいます。「代金の一部として」というところがポイントですね。

例えば、住宅を購入する場合や車をローンで購入する場合、代金の一部を現金で入れておくとローンの総額が減りますよね。これが一般的に頭金と呼ばれるものです。

頭金の概念

ところが、ドコモ(正確にはドコモショップ)はこの概念を見事に(?)崩してくれます。商品代金とは別に顧客からとるお金を頭金と呼んでいるんです。

つまり、この頭金は商品代金の一部ではないんですね。

頭金という言葉を使ってしれっと説明してきますので、しっかり確認しないと商品代金の一部だと勘違いしてしまいます。(そこがドコモショップの狙いなのかもしれませんが・・・)

僕はこのドコモ特有の頭金という存在を知りませんでしたが、事前にかかるであろう料金を計算していましたので、余分にかかるこの頭金にすぐに拒否反応を示しました。

店員が言うには、この頭金はドコモショップなど販売店の利益のために設定しているものだそうです。じゃあ頭金などと紛らわしい名前にしないで、販売手数料とか販売上乗せ金とか、もっと客に分かるような名前にしろよ!と言いたくなりますよね。頭金と称して代金の一部と錯覚させるのが目的なのかと勘ぐってしまいます。こちらから聞かなければ、頭金が○○円で・・・と淡々と説明されてそのまま流れていきますから注意が必要です。

2.頭金を設定する理由

調べてみるとこの頭金は、ドコモショップごとに設定金額が違うようです。僕が訪れた店舗では8,640円、他にチラシが入っていた2店舗に電話で確認したところ、5,400円と10,800円(オプション1つ加入で半額)でした。随分開きがありますね。

ネットで調べてみると、3,000円台から設定しているところもありました。店舗によって異なりますので、気になる方はお近くの店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。

この頭金は機種変更の際にかかる費用で、新規契約やMNPではかかりません(あるいは、かかるように見せかけておいて結局は割引されます)。

各ドコモショップはdocomo本体から契約数や契約の種類等によって報奨金を受け取っています。新規契約やMNPの場合、その報奨金が高く設定されていますが、機種変更の場合は低く設定されているようです。つまり、ドコモショップ側にとっては機種変更ではあまり利益につながらないわけですね。そこで、機種変更の場合はユーザーからの頭金という形で徴収しているわけです。

まあ、ドコモショップも競争社会の中で生き残らなければなりませんからそれが悪いと言うわけでは全然ないんですが、もっとちゃんと表示するなり説明するなりしてほしいですね!知らずに払っている人って多いんじゃないかなと思います。

3.頭金は拒否できるのか?

ドコモショップの利益として設定されていますから、基本的には拒否できません

ただ、オプション加入でいくらか割引あるいは無料になることはあるようですね。オプションに加入してもらえれば、店側としても利益になりますから。ただし、要らないようなオプションには絶対に入らないようにしましょう。仮に入っても解約するのを忘れずに!

また、ショップのキャンペーンで割引になることもありますので、事前に確認しておきたいところですね。

4.頭金を確実に支払わない唯一の方法

ドコモオンラインショップを利用して機種変更すれば、頭金は一切かかりません。そもそもドコモオンラインショップのホームページには、頭金無料なんてことは書いていません。

ドコモオンラインショップはdocomo本体が運営していますから、先ほどのショップごとに設定している頭金という言葉自体どこにも出てこないんです。

ドコモオンラインショップで機種変更をすると、頭金を支払わなくてすむほか、事務手数料が無料(一部減額の場合もあり)になるんです。事務手数料はスマホ同士の機種変更で3,240円→無料ガラケーからスマホへの機種変更で3,240円→2,160円ととてもお得です!

オンランショップでの事務手数料

ですから、頭金と事務手数料の費用で1万円近く浮くことになります。これは使わない手はないですね。

金銭的にはとても有利なドコモオンラインショップですが、もちろんデメリットもあります。

それは自分の責任で手続きを進めないといけないことです。

ドコモショップであれば店員と相談しながら、具体的な手続きはすべてやってもらえます。

オンラインショップでは機種の選定、オプションの加入の判断、附属品の購入など全部を自分が判断していかなければいけません。

分からなければ自分で調べなくてはいけません。初めてやる人は結構手間がかかります。この手間をショップの店員が代行していると考えれば、手間賃として頭金というのも分かりますが、ただ高すぎますよね。

もっとも、今の時代、たいていの情報はネットで検索すれば出てきますから、少しでも節約したい方は自分で調べながらドコモオンラインショップで機種変更することをおすすめします。

最初の入口さえ分かればあとは画面の指示どおりに進めていけば意外と簡単にできます。

ドコモオンラインショップでの機種変更の全体の流れと、実際に機種変更をしたときの手続き手順をまとめてみましたので、近日中に公開します。

まとめ

今回は比較的新しい機種をお得に買えるキャンペーンやクーポンがあったので機種変更しましたが、機種変更ってそもそも機種代が高いので、少しでもその他の費用を抑えたいですよね。

店員とやり取りしながら手続きしたいと言う方は、事前にいくつかの店舗(ドコモショップや家電量販店)で頭金の金額を尋ねて、少しでも安い店舗で手続きをすると費用を抑えることができます。

余計なお金は一切払いたくないと言う方は、自分でドコモオンラインショップで手続きをすることをおすすめします。くれぐれも手続きは慎重に。

機種変更をしたいのになかなか店舗へ行く時間がないという方、ドコモオンラインショップで機種変更の手続きがすべて完了できます。しかもドコモオンラインショップで機種変更をすれば、頭金や事務手数料がかからなかったりとお得です。利用に際して事前に準備するものから、スマホの購入~設定までをおおまかにまとめましたので参考にしてみてください。