【男の子向け】段ボールでサーキット場を作ってミニカーを走らせよう!

サーキットおもちゃ

 

前回は女の子向けの段ボール工作として、フィギアやぬいぐるみ達のお家をご紹介しましたので、今回は男の子向けの段ボール工作をひとつご紹介します。

 

男の子は早かれ遅かれ車に興味を持ちます。うちの息子も気が付いたら車が好きになっていて、いとこからもらったミニカーでよく遊ぶようになりました。

 

ミニカーを床で走らせたりしながら遊んでいましたが、サーキット場のようなものがあったら面白いだろうなと思い、段ボールで作ってみることにしました。

サーキット

ポイントは、コンパクトなものであることと、平らではなく高低差(上から下へ)のあるサーキットにしているところです。

 

スポンサーリンク

1.サーキット場の作り方

【材料】

 icon-check 段ボール 高さのあるもの1つ、その他適量  
 icon-check はさみ、カッター
 icon-check ガムテープ

 

 

材料はたったこれだけですので、とても簡単に作れます。

 

写真をみて分かるように、上から下へとミニカーを走らせますので、高さのある段ボールの方が高低差がついて面白いと思います。

作り方

 

①まず外枠の段ボールを用意し、蓋の部分はカットします。

この外枠の段ボールは、ミニカーを中に入れて保管場所としても使えますし、サーキットを支えるための役割をしています。

 

②サーキットの最初の直線部分を作ります。

ミニカーの大きさに合わせて、サーキットの道幅を決めます。落ちないよう両サイドに、ミニカーの高さ程度のを作ります。壁はカッターで段ボールに薄い切り込みを入れ折り曲げるだけです。

出来上がった直線部分を外枠の段ボールにガムテープで固定します。(青色の部分)

 

③第1ヘアピンカーブを作ります。

下向きにカーブさせるので少し工夫が必要です。段ボールを写真の点線のようにカットし、段ボールを重ねたりしながら高低差が出るようにします。作りながら調整してみてください。

最初の直線部分とジョイントさせるととともに、カーブするところで外枠の段ボールにガムテープでしっかりと固定します。(青色の部分)

 

④第2の直線部分を作ります。作り方は②と同じですので省きます。③のカーブとジョイントさせます。

 

⑤第2のヘアピンカーブを作ります。基本的には③と同じで、向きが逆になるだけですね。④の直線部分とジョイントさせるとともに、カーブするところで外枠の段ボールにガムテープでしっかりと固定します。(青色の部分)

 

⑥最後の直線部分を作り、⑤のカーブとジョイントさせるとともに、外枠の段ボールにガムテープでしっかりと固定します。

一番最後は、走り切ったあとに遠くまで走って行かないようにストッパーを付けています。

ストッパー部分は取り出しやすいように、ミニカー1台分、外枠の段ボールからはみ出す形で作っています。

 

⑦おまけとして、途中にトンネルを作ってみました。段ボールを適当な大きさにカットして、取り付けただけです。

 

⑧制作時間の目安は、2時間くらいです。

 

2.遊び方

ミニカーを走らせて遊ぶ

ミニカーをいくつか持っているなら、連続してミニカーを次々投入しても面白いと思います。ミニカーによって速さが違ったりします。

 

どんぐり等を転がして遊ぶ

うちの子供は公園で拾ってきた大量の「どんぐり」を転がして遊んでいました。上の写真を見てもらうと分かるように、箱の中にどんぐりが大量にあります。

他にも丸いものであれば転がっていきますので、ビー玉などを転がしてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

段ボールは無料ですし、ガムテープももともとあるものを使いましたので、全くお金をかけずに作ることができました。

男の子向け(息子用)に作ったんですが、娘(お姉ちゃん)も一緒に楽しく遊んでいましたので、男女共用でもいけると思います!

 

一緒にお読みいただきたい記事↓

段ボールや牛乳パックを使った手作りおもちゃ 難易度ランキング15(番外編付)
段ボールや牛乳パックなどを利用して、これまで子供のためにおもちゃを手作りしてきました。作ってあげると子供は非常に喜びますが、作る方としてもなかなか大変な作業になります。そこで、これまで作ってきた作品について、作る側としての難易度をランキング化し、一覧にしてみました。コメント付きで紹介しています。番外編もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました