岐阜市畜産センター公園で動物を見た後、大芝生でピクニックをしよう!

岐阜市の北部にある畜産センター公園は、休日になると多くの子供連れの家族やカップルが訪れます。

ただ、畜産センター公園は広いですので、いろんなところに散らばって、全体的にみればそれほど混み合っているという印象はありません。

畜産センター公園の見どころはなんといっても、動物でしょう。名古屋市や豊橋市など違って、岐阜市には市営の動物園がありませんので、子供に動物を見せてあげるにはもってこいの場所です。

それほど多くの種類の動物はいませんが、小さい子供が見るには十分かと思いますし、子供も喜ぶと思います。

よちよち歩きの子でも、のんびりと見て回れますので、畜産センターはおすすめです。

また、動物を見終わった先には、ピクニックに最適な大芝生広場があります。レジャーシートとお弁当を持っていくことをおすすめします。

もう少し詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.子供でも知っているメジャーな動物たち

ブタ、ヤギ、ヒツジ、ウシ、ポニー(馬)などのメジャーどころの動物をはじめ、ニワトリ、ウサギ、アヒル、クジャクなどの小動物もいます。

動物

小動物
写真:畜産センター公園HPより

畜産センター内を歩いていると、動物臭が結構します。特にブタさんの近くが臭いますね。さすがにそれが魅力とはいいませんが、子供にとっては動物の臭いも知っておくことはいいことかもしれませんね。

結構近くで見ることができますので、動物を身近に感じられると思います。

また、時間と人数の制限がありますが、エサやり体験もできます。エサやりできる動物は、ウサギ、ポニー、ミニチュアホース、ロバ、ヤギ、ヒツジ、木曽馬だそうです。

開催時間

13:30~14:30 ※金曜日は休み

定員

1日3グループまたは体験者5名まで

予約

[平日] 当日の正午までに申込み

[土日祝] 当日より前の平日の正午までに申込み

参加料金

えさ入りバケツ1個につき300円

なかなか条件が厳しいですね。土日祝日にやろうと思うと、その前の平日の正午までに管理事務所(058-214-6333)へ申込みをする必要があります。

2.大芝生広場でピクニック!

畜産センター公園の芝生広場は本当に広いです。芝生広場の周りに木々がありますので、日差しのある日なんかは、木陰にレジャーシートを敷いて場所取りをするといいと思います。

お昼になったら、お弁当を広げて親子仲良く水入らずの時間を過ごしましょう!

芝生広場
写真:畜産センター公園HPより

お弁当を食べ終わったら、子供と一緒に芝生広場で追いかけっこをしたり、ボール遊びやフリスビーなどをしたりして、思いっきり遊びましょう。

夏になると、芝生広場の南側に小川がありますが、そこに入って遊んだりもできます。

3.その他               

大芝生広場のさらに北側には、3歳~12歳までの子供を対象とした大型遊具もあります。

また、大型遊具のすぐ西側には、ゴーカートや自転車が無料で利用できる交通教室もあります。

岐阜市の北部にある畜産センター公園には、交通教室として自動車の教習所のような場所があり、信号機をはじめ、車線や標識、横断歩道、踏切(遮断機はありません)なども備わっています。ここでは、足でペダルを漕ぐ形式のゴーカートと、子供用の自転車を無料で借りることができ、走りながら交通ルールやマナーを学んでいきます。

まとめ

畜産センター公園は、岐阜市内で一番多くの動物を見ることができる施設です。

公園自体の雰囲気は、本当にのほほんとしていて、ゆったりとした休日を過ごせるんじゃないでしょうか。

所在地:岐阜市椿洞776番地4