段ボールカー 子供が乗って走れる車を段ボールで作る方法

下の息子が生まれて、息子用のおもちゃにと作ったのが段ボールカーでした。3年弱くらい前に作ったものですが、これはまだ健在です。甥っ子や姪っ子が遊びに来た時に活躍しています。ボロボロですが・・・

この記事に掲載する写真も、当時作り方を写真で残すという発想がなかったので、制作過程はまったく写真に残っていませんし、作った直後の段ボールカーを単独で撮った写真もありません。子供が乗っている段ボールカーと、現在のボロボロの状態の段ボールカーしかお見せできませんのでご了承願います!

完成

この段ボールカーも僕の段ボール工作の中で、息が長いロングヒット作品となっていますので、形などを参考にしながらチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

1.段ボールカーの作り方

【材料】

 icon-check 段ボール(硬め) 適量          
 icon-check キャスター(ダイソー) ×2
 icon-check 包装紙(セリア)
 icon-check フェルト(セリア) 
 icon-check カッター
 icon-check ガムテープ(布)
 icon-check のり
 icon-check 既存のおもちゃ(西松屋)

座って負荷をかけるものですので、丈夫な車に仕上げていきます。ですから、段ボールは2Lくらいのペットボトルのドリンクが入っているものが硬くておすすめです。スーパーなどで無料でもらえると思います。

①実測したところ、下図のような寸法です。

背もたれはペットボトルの段ボールを、取っ手の部分を活かしたまま使っています。これは持ち運びに便利です。

基本的には、段ボールの形をそのまま活かし、余分なところをカットしているだけですので、同じ形の段ボールを寸法どおりに何枚もカットして貼り合わせるといった作業はありません。

実測

取っ手

②座るところの下には、座ってもへこまないように段ボールを適当に折り曲げて入れ込みます。ポイントは、段ボールを横向きにして目一杯敷き詰めるのではなく、段ボールを縦向き(波波のところが上下にくるよう)に入れると強度が出ます。

段ボール詰めこみ部分

③既存のおもちゃのはめ込み部分を作ります。既存のおもちゃは、過去に西松屋で買った車のおもちゃですが、ハンドルもエンジンスイッチもギアもついていてちょうど良かったので、これを活用してみました。(ない場合は、ご自身でアレンジしてみてください。)

※写真のはめ込み部分がボロボロですみません・・・

おもちゃはめ込み部分

⑤車が動くように、車の下にキャスターを2つ取り付けます。キャスターは100円ショップ「ダイソー」の園芸コーナーに売っています。確か1つ200円だったと思います。

最初はキャスター1つだけだったんですが、バランスが悪くてよく転んでしまっていたので、2つにしたところ倒れることなく、バランスがよくなりました。

布のガムテープでしっかりと固定しましょう。

キャスターを取り付けたら、前後左右にダミーのタイヤを段ボールで作りましょう。

キャスター取り付け

⑥ワイパーも付けてみました。

ワイパー

⑦段ボール丸出しでも結構なんですが、見栄えをよくするために100均で売っている包装紙(偶然、セリアに車の絵が付いている包装紙を見つけました)を本体に貼り付けました。

また、座るところには、これも100均で売っているフェルトを貼り付けました。

⑧制作時間の目安は、6時間くらい。包装紙を貼る手間が結構面倒くさいかも!

2.遊び方

今でこそおもちゃをはめ込むところがボロボロで、おもちゃがすぐ取れてしまいますが、完成した当初はガチっとはまるように作ったので、ハンドルをしっかり握って足でこぎながら家中を走り回ります。

兄弟(姉と弟)で取り合ったり、姪っ子や甥っ子が来た時なんかは順番で使ったりしています。

キャスターがよく滑るので、かなりスムーズに進むことができますし、方向転換もお手の物です。

兄弟がいるご家庭は取り合いにならないように、仲良く遊ばせましょう(笑)

まとめ

家の中で遊ぶ車なら、おもちゃ屋さんでも売っていますがやっぱり手作りしてあげると子供も喜びますよ。リーズナブルですしね。

ここまで手間かけなくてもいいって方ならもっと簡単に作れると思います。

➡メルちゃん等の人形が乗るベビーカーの作り方はこちらをどうぞ!

メルちゃんシリーズは関連商品もたくさん販売されていて、もちろんメルちゃんのベビーカーも売っています。ところが、こういうのって結構お値段するんですよね。それならば自作してしまえということで、段ボールを使ってメルちゃん(メルちゃん以外のもの等でもOK)のベビーカーを手作りしましたので、作り方などをご紹介します。

➡段ボールでミニカー用のサーキット場を作って遊ぼう!

コンパクトかつ簡単に作れる段ボール工作として、男の子向けにミニカーを走らせるサーキット場を作ってみました。段ボールの高低差を利用して、上から下へ走らせるだけの単純なサーキットですが、子供は喜んで遊んでくれます。また、子供なりにアレンジして、ミニカーだけでなく、大量のどんぐりを転がして遊んでいました。

➡制作難易度ランキングをまとめましたのでご覧ください。

段ボールや牛乳パックなどを利用して、これまで子供のためにおもちゃを手作りしてきました。作ってあげると子供は非常に喜びますが、作る方としてもなかなか大変な作業になります。そこで、これまで作ってきた作品について、作る側としての難易度をランキング化し、一覧にしてみました。コメント付きで紹介しています。番外編もあります。