138タワーパーク&河川環境楽園 親子で遊ぶおすすめモデルコース6選!

岐阜近郊で遊ぶ

 

愛知県一宮市にある138タワーパーク(国営木曽三川公園)と岐阜県各務原市にある河川環境楽園(オアシスパーク、アクア・トトぎふ等)は目と鼻の先にあります。距離にして約1.5km車で約3分、木曽川にかかる橋を渡ってすぐです。

138タワーパークも、河川環境楽園もどちらも広く、そこだけで一日遊ぶことができます。また、午前中に138タワーパークで遊んだあと、午後から河川環境楽園に行く、あるいはその逆というようなお出かけコースもできるかと思います。

 

遊ぶ目的に応じて、ひとつのところでがっつり遊んでもいいですし、いろんなコースを考えて138タワーパークと河川環境楽園を行き来しても楽しめると思います。

今回は6つのモデルコースを考えてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

1.開園時間

オアシスパーク(河川環境楽園内)

9:30~ 22:00
9:30~ 22:30 (2018.4.28~10.31)
9:30~ 19:00 (2018.1.2~3.20)
9:30~ 19:00 (2018.8を除く毎月第2月曜(休日の場合は翌平日)12.31、1.1)

 

アクア・トトぎふ(河川環境楽園内)

(平  日) 9:30~17:00(最終入館は16:00)

(土日祝日) 9:30~18:00(最終入館は17:00)

 

138パークタワー(一宮木曽三川公園)

(平  日) 9:30~17:00

(土日祝日) 9:30~21:00

※8.1~8.31及び 11.23~12.25は9:30~21:00

 

2.遊ぶ目的に応じたおすすめモデルコース

いろんなパターンを想定して、おすすめのモデルコースを考えてみました。応用して、オリジナルのコースを考える際の参考にしてください。

水族館に行きたい!

水族館に行きたいときは、世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」を中心にコースを設定します。アクア・トトぎふをメインに行く場合、アシカショーは見ておきたいですので、その時間帯をチェックしておきましょう。

【アシカショーのスケジュール】

1回目:10:30~

2回目:12:00~

3回目:13:30~
4回目:15:00~

5回目(土日祝のみ):16:30~

 

【コース①】アクア・トトぎふ → オアシスパーク

どちらとも河川環境楽園内にありますので、ゆっくりできます。

河川環境楽園(オアシスパーク、アクアトト等)の駐車場のおすすめポイント
岐阜県各務原市にある河川環境楽園は、週末には多くの子供連れの家族やカップルなどで大変賑わっています。ほとんどの方が車で行かれると思いますので、河川環境楽園の駐車場の情報をご紹介します。園内のアクア・トトぎふ、オアシスパーク等へ行くにはどの駐車場が近いのか、各駐車場のおすすめポイントや注意点をまとめました。

朝はのんびり準備して、11時くらいにアクア・トトぎふに到着します。1時間くらいで水族館を回遊して、12時からのアシカショーを観覧します。

 

水族館を出て、園内のレストランなどで昼食をとったあと、オアシスパークの遊具で遊んだり、ぐるり森大冒険や、お宝探偵団などのゲームをして遊びます。

オアシスパークで遊べる遊具やゲームについてはこちらの記事をご覧ください。

 

最後に観覧車に乗るかどうかは自由です。

 

【コース②】アクア・トトぎふ → 138タワーパーク

10時30分のアシカ―ショーに間に合うようにアクア・トトぎふに行きます。アシカショーを見たあとは、ゆっくりと館内を回って淡水魚を楽しみます。

 

お腹が空いたら、園内のレストランで昼食をとり、その後車で138タワーパークまで移動します。土日祝日のお昼時は138タワーパークの近くの駐車場は満車になることが多いので、少し離れた駐車場に停めた方が無難です。

 

午後からは、138タワーパークで思いっきり遊びます。

 

最後に、138タワーに登るかどうかは自由です。(スタンプラリーの1番目はタワーの上にあります)

 

ピクニック気分を楽しみたい!

芝生広場がたくさんある138タワーパークをおすすめします。

138タワーパークの駐車場は休日激混み!子供に大人気の木曽三川公園のひとつ
愛知県一宮市にある木曽三川公園のひとつである138タワーパーク。天気のよい土日祝日は子供連れの家族で非常に混雑します。駐車場情報や、フワフワドームなど子供向けの楽しい遊具、子供が喜ぶスタンプラリー、親子でできるレンタサイクルなど、138タワーパークの魅力を写真付でご紹介します。平日は空いているのでおすすめです。

 

【コース③】138タワーパーク(お弁当+遊具・スタンプラリーなど)

138タワーパークだけで遊び尽くします。

お昼頃に、お弁当を持参して138タワーパークに行きます。レジャーシートも忘れずに持っていきます。

園内には、芝生広場がいくつもありますが、138タワーの下の芝生広場がおすすめです。できるだけ木陰があるところを選びましょう。

 

お弁当を食べた後は、子供たちはすぐ近くにある遊具で遊びます。親はシートの上で子供たちが遊んでいるところを微笑ましく見守っていましょう。

 

その後は、スタンプラリーをしたり、自然体験施設で工作体験をしたり、フワフワドームで遊んだりと、あっという間に時間は過ぎて行くと思います。

 

体を動かして思いっきり遊びたい!(子供)

水族館をゆっくり見て回るのもいいけど、子供って晴れの日は外で思いっきり体を動かしたいですよね。

138タワーパークの方が思いっきり体を動かせると思います。

 

【コース④】138タワーパーク(サイクリング+遊具など)

朝は家でゆっくりとして、昼ご飯は家で食べ、昼過ぎに138タワーパークに行きます。

子供が自転車に乗れるなら、自分の自転車を持参するか、レンタサイクルを借ります。

河川敷などにサイクリングロードが整備されていますので、親子でサイクリングを楽しみましょう。車が通らないので安全です。

 

1時間くらいサイクリングした後は、子供は園内の遊具で遊んだり、芝生でかけっこしたり、フワフワドームで思いっきり跳びはねたりして目一杯体を動かします。

ちなみに大人はフワフワドームを利用することはできませんので、子供と芝生でかけっこしたり、ボールを持参してボール遊びをしたりして体を動かしましょう。

 

【コース⑤】138タワーパーク → 河川環境楽園(オアシスパーク)

午前中に138タワーパークに行って、サイクリングなどで汗を流します。

昼食は138タワーパーク内のレストランで取るか、車で河川環境楽園まで移動してそこのレストランや屋台、あるいはコンビニで昼食を取ります。

 

午後からは、頭と体を使うゲーム「謎解き探偵団」をやります。10以上のミッションによってレベルが異なり、難しければ難しいほど制限時間が長くなります。園内を歩いてミッションをクリアーしていきますので、いい運動になると思います。

 

夏場はがっつり水遊びしたい!

水遊びをするなら、河川環境楽園がおすすめです。138タワーパークでも夏場になると、園内の河原が解放され水遊びをすることができますが、河川環境楽園の方が楽しめると思います。

【写真】オアシスパークを含む河川環境楽園は水遊びをするのに最適!
岐阜県各務原市にある河川環境楽園(オアシスパーク含む)には、夏場になると、子供連れの家族が水遊びをするために集まり、大変にぎわっています。なぜ河川環境楽園が水遊びスポットとして大人気なのかについてまとめてみました。簡単にいうと、自然の川遊びとアスレチックを使った水遊びの両方が楽しめる一石二鳥の水遊びスポットです。

 

【コース⑥】河川環境楽園(木曽川水園+わんぱくフィールド+霧の遊び場)

水着や着替え、タオルを持って、午前中に河川環境楽園に行きます。

木曽川水園の浅い小川でじゃぶじゃぶ水遊びをしたあと、わんぱくフィールドで水遊びをしてもいいですし、その逆でもいいですね。

わんぱくフィールドは小学校低学年以下が対象となっていますが、木曽川水園の小川は年齢制限は特にありません。

 

1~3歳くらいの子供には、魚の大型遊具の前にある「霧の遊び場」がおすすめです。

 

水遊びが終わったら、そのまま帰るのもよし、アスレチックで遊んだり、アクア・トトぎふに行ったりするのもよし、そこは自由です。

 

まとめ

どちらも楽しいレジャースポットなので、いいとこ取りで2つ回るか、1か所でがっつり遊ぶか、遊ぶ目的に応じて色んなパターンが考えられると思います。

 

上に挙げたモデルコースをひとつの参考に、子供が喜ぶことを考えて遊びに連れて行ってあげるといいと思います。

 

それでは。

タイトルとURLをコピーしました